金属アレルギー/審美歯科 オールセラミックブログ

2019年4月3日

オールセラミックによる欠損部の治療方法

2019年 4月 3日(水曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

今日のテーマは、『オールセラミックによる欠損部の治療方法』になります。

本日はいつもとは少し違うオールセラミックの症例です。

まず初診時の口腔内から見ていきましょう!
下顎右側奥歯の欠損部に義歯をされていた患者様です。

拡大したのが以下です。

この部分に義歯(入れ歯)をされていました。

患者様は入れ歯(義歯)以外の治療方法はないかと
ご相談で来院されました。

レントゲン写真を見ながら
この症例の治療方法について考えていきます。

以下は初診時のレントゲン写真です。

義歯でない治療として考えられるのは、
ブリッジです。

一般的にブリッジは、欠損部の両側の歯を削る治療です。

できれば歯は削らない方がいいです。
歯を削って歯が丈夫になることはありません。
歯を削れば、削るほどリスクは高まります。

そうしたことを考えれば
義歯(入れ歯)は、良い方法ではあります。

しかし、入れ歯の欠点として、
取り外式であることと
義歯の違和感があること
がもっとも多い義歯に対する不満として患者様が訴えることです。

それでは、義歯 や ブリッジ 以外の方法はないのでしょうか?

その一つがインプラント治療です。

インプラント治療は、
欠損部にインプラントというネジ(ボルト)のような物を
骨の中に埋め込み、
被せ物を作成する治療法です。

義歯のように取り外し式ではありません。
ブリッジのように歯を削ることもありません。

しかし、インプラント治療は全てのケースに適応されるわけでもないのです。

本症例もそのような問題がありました。

まず 欠損部の奥歯が手前に傾斜しており、隙間が少ないのです。

このままの状態では以下のようなインプラント治療となってしまいます。
もちろんこのような細いインプラントはありませんので
現在の状態ではインプラント治療はできません。

もし、インプラント治療を行う場合には、
欠損部の奥歯を矯正治療によって動かして
インプラントを行うスペースを確保した上で
インプラント埋入を行う必要性があります。

奥歯2歯を動かすのです。

そして、インプラントを行うスペースを確保します。

矯正治療が完了したら
ようやくインプラント埋入です。

この治療は、確かにベストではあります。
しかし、矯正治療に伴う時間 や 治療費がかかります。

患者様にはそれらのことをお伝えし、
最終的には以下のような治療法で欠損部の治療を行うことになりました。

まず、欠損部の奥にある歯の金属を撤去します。
できる限り歯を削らないように金属を撤去します。
そして型を取り、オールセラミックを装着します。
このオールセラミックは、手前の欠損部まで延長させます。

実際には以下のようになります。

まず治療前の状態です。

この金属部分を撤去します。
そして、以下のようにセラミックを入れるのです。
(これはシュミレーションです)

実際の治療跡が以下です。
欠損部手前の歯は一切削っていません。

以下は治療前後の比較です。

これがベストな治療とは言えませんが、
歯を削る量は最小限にし、
義歯でない固定式の治療とすることができました。

治療費用

オールセラミック(e.max エンプレス 等)
1歯 54.000円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック
1歯 75.600円(消費税込)〜


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年3月27日

インプラント治療におけるオールセラミック(スクリュー補綴ジルコニア)

2019年 3月27日(水曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

今日のテーマは、インプラント治療におけるオールセラミック(スクリュー補綴ジルコニア)になります。

本日はいつものケースではなくインプラント治療における
オールセラミックについて症例を見ながら解説します。

天然歯の詰め物 や 被せ物の場合、
当院では、オールセラミックを使用することが多いです。

金属治療にも利点はありますが、
昔と違って、
金属治療をご希望される方が圧倒的に少なくなってきました。

また
金属アレルギーの問題  等もあり、
当医院では、
以前と比較すると金属治療は劇的に減少しています。

このブログでは、
いつも天然歯のオールセラミックの症例を見ていただいていますが、
本日はいつもと違い、
インプラントの被せ物に対しての
オールセラミック治療の症例を見ていただきます。

先にも説明しましたように
天然歯において金属を使用することは相当減少してきましたが、
インプラント治療においてもそうです。

インプラントの被せ物でも
ほとんどのケースで金属を使用しない治療となっています。

オールセラミックを使用したインプラント治療です。

特に奥歯の場合、
インプラントの被せ物の材質には、
オールセラミックの中でももっとも強度の高い
ジルコニアを使用することが増えています。

本日のケースもそうです。

まず初診時の口腔内から見ていきます。

上顎の左側奥歯が欠損しています。

欠損部に対して、
義歯(入れ歯)の利点、欠点、
インプラント治療の利点、欠点
について説明させていただきましたところ
患者様は、この部分に義歯(入れ歯)ではなく
インプラント治療をご希望されました。

上顎の左側奥歯は、3歯が欠損していましたが、
治療費 等の問題もあり、
2歯分のみの治療をご希望されました。

以下は、インプラント治療後です。

上顎左側の奥歯の素材は、
ジルコニアです。

奥歯は、噛む力の負担が非常に大きい部位であり、
本症例の患者様は、噛み合わせが強く、
噛み締め や 食いしばり 等の問題があることが考えられたため、
金属製の被せ物も選択肢として考えられましたが、
金属アレルギーも気にされていたため、
口腔内から金属を一切撤去したいとのご希望もあり、
オールセラミックの中でもっとも強度の強い、
ジルコニアを選択しました。

ここで被せ物の噛む面に丸い白っぽい物があります。
以下の矢印部分です。

これは何かと言うと
ネジ式固定の被せ物です。

わかりにくいですよね。

簡単に言えば、
この丸い部分だけは、ジルコニアではなく、
レジンという樹脂が詰まっています。

レジンは、比較的簡単に取り外すことができます。
(ちょっと削れば取れます)

レジンが取れると
ジルコニアに穴が見えます。

この穴の中には、ネジがあり
ネジを緩めることで
ジルコニアの被せ物を取り外すことができます。

インプラントの被せ物を取り外すことには、
非常に大きな利点があります。

例えば、
ジルコニアは非常に硬いと言っても
100%割れないということはありません。

ジルコニアは、セラミックに分類されます。

セラミックは瀬戸物と同じような物です。

そのため、破損する確率を0%にすることはできません。

それでもジルコニアが破損することはほとんどありませんが…

もし、破損した場合、
ネジを緩めることで簡単に外すことができ、
作り変えることもできます。

また、インプラント自体は、虫歯にはなりませんが、
歯周病のような状態にはなります。

インプラントが歯周病の状態になることを
インプラント周囲炎と言います。

もし、インプラント周囲炎になった場合、
取り外した方が
治療がしやすいことがあります。

他にも取り外すことができる利点は多くあります。

そのため、現在はインプラントの被せ物は
取り外すことが可能なネジ式固定にすることが多いです。

このブログは、オールセラミックのブログですが、
本日の症例のインプラント部分に関しては、
明日(2019年3月28日)のインプラントブログでアップしますので
ぜひご覧下さい。
インプラントブログ

次回もまた

オールセラミックの症例を見ていきましょう。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年3月20日

ジルコニアセラミックによるブリッジ治療

2019年 3月20日(水曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

本日はジルコニアセラミックによるブリッジ治療となります。

まず初診時です。
上顎を噛む面から見た写真です。(咬合面)

前歯が折れている歯があります。

右側にも歯が欠損している部位があります。

奥歯はちょっと見にくいですが、
歯が虫歯で大きくかけているのがわかります。

バツ印の歯は、どうしても治療することができませんでしたので抜歯です。

抜歯後の治療方法ですが、
1. 義歯(入れ歯)
2. インプラント
3. ブリッジ

という方法があります。

患者様は、取り外し式の義歯はどうしても嫌であったため、
固定式の治療をご希望されました。

そうなると
インプラント治療
もしくは
ブリッジとなります。

患者様は、インプラント治療は怖いとのことで
ブリッジを選択されました。

ブリッジは、欠損状態によっても異なりますが、
保険も適応されます。

今回のケースですと
保険診療では、金属のフレームを作成し、
プラスチック製の樹脂で見た目を回復させる
ブリッジは可能です。

しかし、
プラスチック製の樹脂は、審美的ではありませんし、
必ず時間の経過とともに変色してしまいます。

患者様は金属を使用しないオールセラミック治療をご希望されました。

そこで強度の高いジルコニアを使用したブリッジの計画を立てました。

ブリッジは2つに分けて行います。
まず一つ目は、前歯の部分です。
以下の丸印の歯を土台としてブリッジを作成します。

次に右側の欠損部です。
先ほどと同様に
義歯、
インプラント、
ブリッジの中から
患者様はブリッジを選択されました。

以下が治療後です。
ジルコニアを使用したオールセラミックブリッジです。

治療費用

オールセラミック(e.max エンプレス 等)
1歯 54.000円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック
1歯 75.600円(消費税込)〜


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年3月13日

オールセラミック治療の利点 と 金属治療の欠点:その2

2019年 3月13日(水曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

今日のテーマは、『オールセラミック治療の利点 と 金属治療の欠点:その2』になります。
前回の続きです。

金属製の詰め物の脱落過程の一つを図説します。(一つの例です)

図1は歯の基本的な構造です。
図2は虫歯になった状態です。
むし歯になっている部分を削りとることで、感染をこれ以上進まないようにします。

以下の図3は、虫歯を取り除き、詰め物を装着するための穴を削った状態です。

穴に金属製の詰め物を行うため、
便宜上 下図のような四角い形に削ることが必要になるのです。

従来の金属製の詰め物の治療は、
前回のブログでも解説しましたように
セメントという材料を歯と金属の隙間に介在させて外れないようにしています。

しかし、セメントは接着力がないので、
詰め物が外れないようにするためには 歯を「はめ込み型」に削る必要がありました。

図4は、型を取り、後日 削った穴に
金属の詰め物を装着している状態です。

図5は、金属製の詰め物をセメントでつけたところです。
(合着:従来の治療方法)

この治療法は、金属製の詰め物をセメントという泥のようなもので動かないように固めた状態です。

金属製の詰め物の周囲の赤色が歯と金属の隙間に詰めたセメントとお考え下さい。

金属と歯では構造、性質とにも大きく違うため、さまざまな問題が起こります。
その一つが「熱膨張係数の違い」です。

金属は熱膨張係数が大きいので、
飲食による温度差で膨張 収縮を繰り返します。(図7、図8)

また咬合力によっても歯や金属に変化が起こります。

図9:金属が 膨張 収縮を繰り返すことでセメントが崩壊し、
セメントが溶け出し、
隙間ができる。(セメントが砕けて、口腔内に流失する)
図10:隙間にばい菌(虫歯菌)が入り込む。

図11:詰め物の中ではばい菌が増え、虫歯になってしまう。金属製の詰め物の下では虫歯菌が増殖する。
図12:ついに 詰め物が取れてしまう。

こうしたことが詰め物が取れてしまう一つの原因と言えます。

次回はこうした問題を解決したオールセラミック治療について解説します。

治療費用

オールセラミック(e.max エンプレス 等)
1歯 54.000円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック
1歯 75.600円(消費税込)〜


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年3月6日

オールセラミック治療の利点 と 金属治療の欠点:その1

2019年 3月 6日(水曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

本日もセラミックの症例を見ていきましょう。
まず初診時です。

右側の奥歯に2歯、
左側奥歯に1歯の
金属製の詰め物があります。

患者様は、金属製の詰め物を除去したいとの希望がありました。

早速治療後の口腔内写真を見てみましょう。

金属は撤去され、患者様も満足されました。

本日は症例をみるだけでなく、少し歯科金属治療について話したいと思います。

金属製の詰め物はどれくらい保つと思いますか?

耐久年数です。

金属の詰め物の耐久年数というのが報告されています。

以下は、1995年の日本口腔衛生学会で報告されたデータです。

このデータをみると金属製の材質の平均的な使用期間は5年〜8年ということがわかります。

これを「結構長く保つ」と感じるのか?

「そんなに短期間でダメになるのか」と感じるのか?

人それぞれだと思いますが、
多くの人はきっと
「そんなに早くダメになるの?」
と思われているのではないでしょうか。

ちなみに上記のデータは、
保険診療での治療結果です。

保険とは違う治療費の高い
「自費診療」の治療ではありません。

以下は
「金属治療の問題点」 や
「セラミック治療の利点」について
ご興味のある方は是非ご覧になってください。

金属製の治療が決して悪いわけではありません。

まず金属製の詰め物の問題点について解説していきます。

金属製の虫歯治療を行った後、患者さんにとって問題として大きいのが、
詰め物の脱離(取れてしまうこと)です。

「金属製の詰め物が取れる!」
「取れた詰め物の中で虫歯が進行している!」
といったことは
一度治療を行った歯が 再度治療が必要になるだけでなく、
さらに歯を削る量が増えたり、
神経を取ることになったりする可能性もあります。

虫歯治療は、虫歯になった感染部分を取り除き、
削った穴を 歯以外の修復材料(金属製 等)で埋めることです。
当然のことながら 削った歯は再生しませんので…

そのため、削った穴を埋めた修復材料が取れてしまったりすることは
当然のことながら 良いことではありません。

現在の歯科医学では、一度虫歯になった歯を治療する方法で
絶対(100%)に再度虫歯にならないという治療法はありません。

そのため、現時点で可能なかぎり再度虫歯(2次カリエス)にならないようにするための治療が大切になります。

そのためには、今まで行われてきた金属性の詰め物の問題点についてきちんと理解していくことが必要になります。

金属製の素材を使用した 虫歯治療には 大きく分けて以下の問題点が考えられます。

従来の治療法では 金属製の詰め物は、

1. 歯とくっついているわけではない !

2. 金属と歯は、まったく違う物質である !
a.熱膨張係数が違う
b.硬さが違う

まず1番目の問題点から解説します。

1. 歯とくっついているわけではない !
従来の金属材質を使用した虫歯治療は、セメントという素材でつけていますが、
厳密に言えば、歯と金属が接着しているわけではありません。

従来の虫歯治療に使用する金属製材料は、歯と合わさっているだけなのです。

これを「合着」と言います。

また、後で解説しますが、歯と詰め物がしっかりとくっついている状態を「接着」と言います。

金属を合着するセメントを大雑把に解説すると
家の周囲にある外壁を作る時に
ブロックを積み上げる行為と同じです。

ブロック と ブロックの間に セメントという泥をはさみ込み、
固めてブロックを維持させる行為と同じようなことです。

ブロック間のセメントが固まることで、壁を維持しているのです。

歯科で使用する金属の詰め物 や 被せ物も同様であり、
金属と歯との隙間にセメントを介在させ、
セメントが硬化することで、金属性の詰め物が取れないように
維持しているのです。
決して金属と歯がくっついているわけではありません。

歯を削った穴に 金属性の詰め物を入れ、
セメントという泥で固めているのです。
固まったセメントが崩壊すれば、取れてしまうのです。

このことを理解すると
なぜ 金属製の詰め物が取れるのか?
なぜ 一度行った虫歯治療が再度虫歯になるのか?
金属製の詰め物 等が取れた時、中で虫歯が進行しているのは何故か?
ということが分かります。

話が長くなってしまったので
この続きはまた次回にしましょう!

治療費用

オールセラミック(e.max エンプレス 等)
1歯 54.000円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック
1歯 75.600円(消費税込)〜


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年2月27日

奥歯が金属製の詰め物を全て除去し、オールセラミックで治療した症例

2019年 2月27日(水曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

本日もオールセラミックのケースの治療前後です。

以下は上顎を噛む面から撮影した口腔内写真です。

日本人はこうした金属製の詰め物がいっぱいある方が多いです。

この方の治療後が以下です。

金属が除去されると審美的なことだけでなく、
金属アレルギーの心配もなくなりますし、
虫歯のリスクも軽減されます。

前回のブログでも説明しましたが、金属製治療の問題点について以下をクリックして下さい。
金属製の詰め物は取れやすく、虫歯になりやすい!

オールセラミックモニター制度をご利用いただくと治療費が20%割引になります。
詳細は以下をご覧下さい。
オールセラミックモニターについて

治療費用

オールセラミック(e.max エンプレス 等)
1歯 54.000円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック
1歯 75.600円(消費税込)〜


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年2月20日

金属を全て除去し、オールセラミックで治療した症例

2019年 2月20日(水曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

本日もオールセラミックのケースをみていきましょう。

以下は下顎を噛む面から撮影した口腔内写真です。

左右の奥歯はほとんど金属製の詰め物ですね。

金属は、審美的にも問題がありますし、
金属アレルギーの問題もあります。

またこうした保険の金属製の詰め物の場合、
オールセラミックと比較すると虫歯になりやすいです。

金属製治療の問題点は以下をクリックして下さい。
金属製の詰め物は取れやすく、虫歯になりやすい!

この方の治療後が以下です。

オールセラミックモニター制度をご利用いただくと治療費が20%割引になります。
詳細は以下をご覧下さい。
オールセラミックモニターについて

治療費用

オールセラミック(e.max エンプレス 等)
1歯 54.000円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック
1歯 75.600円(消費税込)〜


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年2月13日

どこまでセラミック治療を行うのか?

2019年 2月13日(水曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

今日のテーマは、『どこまでセラミック治療を行うのか?』になります。

口腔内に金属があることを好む人はほとんどいらっしゃいません。

金属の審美的な問題 や 金属アレルギーの問題 もあり
できる限り金属を一切使用しない治療をご希望される方は多いです。

本日の症例は、
口腔内に非常に多くの金属治療が行ってある方です。

以前にもアップしたことがあるケースです。

どこまで金属を除去し、
オールセラミックに変更するのかは
患者様のご希望になります。

本症例は、口腔内の全てではなく、
見える部分はできる限りオールセラミックに変えたいとのご希望のもと
治療を行いました。

現実的には比較的よくあるパターンです。

まず初診時の口腔内からみていきます。
上顎です。
上顎の噛み合う面から見た状態です。

上顎の前歯部は、セラミックという素材で作られていました。
以下の赤丸部分です。

セラミックは、正式名称で「陶材焼付鋳造冠」と言います。

これは、歯を削り、型を取った後に
歯型の模型上で金属のフレームを作成します。

その金属フレームに瀬戸物を焼き付けて作成されます。

そのため、セラミックの中は金属です。

以前はこうした治療が一般的でした。

現在もこの方法は行われていますが、金属を全く使用しない
オールセラミックが段々と増えてきています。

さてこの患者様は、
歯根破折 等様々な問題が起こっており、
抜歯が必要な状態の歯が多くありました。

上顎では、以下のバツ印が抜歯が必要な状態でした。

抜歯した後はどのような治療になるのでしょうか?

抜歯後に欠損部の治療方法として、
1.義歯(入れ歯)
2.ブリッジ
3.インプラント
が考えられます。

患者様は、ブリッジをご希望されました。
バツ印を抜歯し、
青丸部分を土台として
ブリッジを作成することになりました。

以下がブリッジの治療後です。

上顎の左側にはまだ金属製の被せ物が残っていますが、
患者様は、現時点ではオールセラミックの治療はご希望されていませんので、
このまま治療はせずに経過をみていきます。

次に この患者様の下顎です。

以下の2歯は抜歯が必要な状態でした。

どこまで治療をご希望されているかによりますが、
患者様は全てではなく部分的な治療をご希望されました。
以下が下顎の治療後です。

このブログでは、口腔内全体の治療をご覧になっていただくことが多いですが、
今回の症例のように部分的に金属を撤去され、オールセラミック治療をご希望される方も多くいらっしゃいます。

治療費用

オールセラミック(e.max エンプレス 等)
1歯 54.000円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック
1歯 75.600円(消費税込)〜


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年1月29日

オールセラミック症例

2019年 1月29日(火曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

本日も症例を見ていきましょう。
まず初診時です。

上顎のみを見ていきます。

以下は初診時のレントゲン写真です。

左側の歯が折れてしまっていました。
歯根破折です。

この歯は神経のない歯です。
神経のない歯は非常に脆く、
通常の噛む力でも折れることがあります。

折れた場所によっても対処方法は異なりますが、
多くの場合、抜歯となってしまいます。

この方は、他にも神経のない歯が非常に多くあります。
赤丸印は神経のない歯です。

折れた歯は抜歯と診断しました。

抜歯後は、インプラント治療をご希望されました。

このブログはセラミックのブログですので、
インプラント治療の詳細はインプラントブログでご覧になっていただき、
以下はオールセラミック治療を行った後です。

まだ治療は完了していません。
今後、他の金属の被せ物も撤去して、
オールセラミックに変更する予定です。

治療費用

オールセラミック(e.max エンプレス 等)
1歯 54.000円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック
1歯 75.600円(消費税込)〜


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2019年1月7日

歯周病の患者様に対するジルコニアブリッジ症例

2019年 1月 7日(月曜日)です。

今年初のオールセラミックブログです。

このブログは「大船駅北口歯科  オールセラミック/ジルコニア/金属アレルギー専門サイト」です。

本日のオールセラミックケースは、単にセラミックを行ったということではなく、
さまざまな問題があったケースです。
まず初診時の口腔内から見ていきましょう。
今回は上顎のみの紹介となります。

歯肉が腫れ、歯を磨くために出血が多量にあり、
多くの歯がグラグラであったため、
「歯周病ではないのか?」とご心配になり来院された患者様です。

重度歯周病の状態でした。
グラグラしていたのは、歯周病が進行することで
歯を支えていた骨が溶けてしまうことでグラグラが大きくなってきたのです。

このブログはオールセラミックのブログですので
歯周病に関しては以下の歯周病ブログをご覧下さい。
大船駅北口歯科歯周病ブログ

この方の初診時のレントゲンを見てみましょう。

骨が溶けていることを簡単に説明していきます。
もともとは骨の位置は以下の黄色線までありました。

それが歯周病が進行することで以下の赤線まで溶けてしまったのです。

歯周病があまりにも進行してしまったので
以下の×印は抜歯しか方法はありませんでした。

さて問題となるのが抜歯後です。
患者様と相談させていただいたところ、
抜歯については同意していただき、
抜歯後には、ブリッジとすることに決定しました。

上顎の前歯部は、
4歯を抜歯し、
残っている5歯でブリッジを作成することにしました。

ブリッジの材質は、金属を使用しない
ジルコニアとなりました。

ジルコニアは、セラミミックの中で最も強度のある素材ですが、
100%割れないということはありません。

100%割れないセラミックは存在しません。

ただし、
適切な噛み合わせや
ジルコニアの形態、
ジルコニアと歯の接着方法
等様々なことを考慮することで
長期的に耐えうるジルコニブリッジにすることができます。

以下が治療後です。

また他の部分は治療途中です。

治療費用

オールセラミック(e.max エンプレス 等)
1歯 54.000円(消費税込)

ジルコニアオールセラミック
1歯 75.600円(消費税込)〜


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

PAGE TOP