歯周病専門医サイトブログ

2018年4月23日

歯周病の治療前後

2018年 4月23日(月曜日)です。

本日は歯周病の患者さんの治療前後をみていただきましょう。

以下は初診時です。
歯肉の腫れや
上顎前歯部では、被せ物の間に隙間が目立ってきています。
これは歯肉が退縮することで起こったことです。

歯周病になると初期症状としては、
歯肉の腫れ、
歯肉の出血が起こります。

さらに進行すると
歯を支えている骨が吸収してきます。

骨が吸収すると歯肉も退縮することがあり、
写真のようになることがあります。

骨吸収が進行すると
歯がグラグラとしてきます。

以下は左右側方面です。

以下は上下顎の噛む面です。
あまり見ることがない写真ですが、
上顎前歯部の前歯の歯肉の内側などは腫れが認められます。

歯周病治療はなかなか治療内容を適切にご理解していただくことが難しいのですが、
治療前と後では
腫れが改善することだわかるだけでなく、
審美性の改善も分かります。
以下は治療後です。

歯周病は全ての起こるわけではなく、
歯磨きを全くしなくても
10%程度の方は歯周病がほとんど発症しないと言われています。

それに対して
10%程度の方はどんなに頑張って磨いていても歯周病が進行しやすいと言われています。
侵襲性歯周炎 や 難治性歯周炎 と言われるタイプです。

残りの80%の方は
きちんと毎日の歯磨きができていて、
適切な生活習慣が実際されてば歯周病を抑えることができますが、
口腔清掃が悪かったりすると
歯周病が発症していきます。
慢性歯周炎と言われます。

本日ご紹介した患者様は
20歳代から歯肉の腫れを繰り返し、
30代になると抜歯する歯が出てきて、
グラグラするようになってきたとのことです。

当医院を受診したのが40歳で、
その時には歯周病が非常に進行していました。

歯周病は早期発見、早期治療が基本中の基本です。

少しでも問題を感じられたら
歯周病の検査を行うことをお勧めします。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『』になります。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年3月26日

歯が欠損している部位に親知らずを移植する:自家歯牙移植

2018年 3月26日(月曜日)です。

本日は歯周病の話ではなく、自家歯牙移植の話です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『歯が欠損している部位に親知らずを移植する:自家歯牙移植』になります。

最近抜歯して欠損した部位に対してインプラント治療ではなく
親知らずを移植したいという希望で来院される患者様が増えています。

例えば、下顎の奥から2番目を抜歯された場合ですが、
一般的には3つの治療方法があります。

1.ブリッジ
2.義歯(入れ歯)
3.インプラント
です。

ブリッジは、欠損部の両側の歯を削り欠損部を含めて連続した被せ物を行う治療方法です。
歯を削ることが必要な治療法です。

義歯(入れ歯)は、ブリッジのように歯を削ることは行いませんが、
取り外し式であることと
義歯自体に違和感があったりするため、
使用を敬遠される方も多いです。

次にインプラント治療です。
現在欠損部の治療法として一般的な対処方法ですが、
治療費が高額になることもあり、
全ての人に受け入れられる治療法ではありません。

上記の3つの治療法の中でどれを選択するかは
それぞれの利点、欠点を十分にご理解された上でお決めになることが必要です。

上記以外での欠損部の治療方法には
自家歯牙移植があります。

この治療法は欠損部に親知らず等を移植する方法です。

もちろん移植可能な親知らずが存在しないといけません。

また親知らずが埋まっているような状態でもできません。
親知らずがしっかりと生えていて
虫歯にもなっていない状態でないといけません。

また親知らずの大きさや
根の形態によっても可能かどうかが決まります。

またベストな治療法としては、
抜歯と同時に
抜歯した穴に親知らずを移植することが良いです。

これは当然のことながら
抜歯した当日には穴があいていますよね。
この穴を多少加工(削り)して
親知らずと同じような形態の穴を開けるのです。

これが抜歯してから時間が経ってしまうと
穴を一から開けることが必要であり、
これは相当大変です。

親知らずと同じ大きさの穴を削ることは
本当に時間がかかり大変な作業です。

患者様も手術時間が非常に長くかかり、
腫れも大きくなることがほとんどです。

抜歯と同時の親知らず移植が基本です。

ただし、抜歯してから数週間程度であれば
まだ穴は十分に残っているため
治療がさほど困難人らないこともあります。

実際に抜歯と同時の方が成功率も高いです。

自家歯牙移植をご希望されてご来院される患者さんの中には
上記のような適応基準が整っておらず
移植ができないケースもあります。

もし、親知らずの移植をご希望される場合には、
できれば抜歯前に診査を受けられることをお勧めします。

以下症例です。
治療前です。

治療後です。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”
自家歯牙移植,歯の移植,親知らず移植

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年3月19日

歯周病は歯周病専門医の治療

2018年3月19日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

前回のブログでは歯周病の患者様の口腔内写真を数症例見ていただきました。

歯周病は歯周細菌による感染症です。

歯周病細菌は小さい頃から感染が始まります。

最初は小学校頃から感染し、
中学校頃に次の感染が起こり、
18歳から20歳頃に再度感染が起こり、
歯周病細菌の菌層が確立されます。

その後30歳以上になると病状が進行し始めるのが
一般的な慢性歯周病の経過です。

口腔清掃が悪くなると問題が起こりやすくなります。

慢性歯周病の場合、
10年20年という長い単位で病状が進行することがほとんどで、
初期の段階では痛みが生じることが少なく、
歯肉の腫れや出血が起こることで自覚されることが多いです。

その後さらに進行すると歯がグラグラしてきます。

こうなるとかなり進行していることが多いです。

私自身は日本歯周病学会の歯周病専門医ですから
来院される患者様の中には
非常に歯周病が進行されている方も多くいらっしゃいます。

他の歯科医院で歯周病が進行しているため、
抜歯しか方法がありません
と言われ、
なんとか治療法はないのかと
インターネットで探されて来院される方も多くいらしゃいます。

先にも書きましたように
歯周病は初期症状が少なく、
10年以上の長い年月をかけて進行しますので
発見が遅くなることが多いです。

もっと早く分かっていれば…
という状態の方も多いです。

歯科医院にはづっと通っていたのに歯周病なんて言われたことがない
と言われる方も多いです。

そうなんですよね。

歯周病の検査なんてさほど難しいことはないので
もっと早い段階で行なっていれば
十分対応ができたケースがほとんどです。

歯周病が進行してしまってからでは
治療自体も大変になりますし、
歯周病専門医だからといって
全ての病状に対応できるわけではありません。

どのような病気もそうですが、
早期発見、早期治療が基本です。

痛みがなければ病気ではないのです。

よくある話として、
体調が悪く、病院に行ったらガンが発見されたり、
健康診断や人間ドックでガンが発見され、
その時にはかなり進行しているとされることもあります。

今まで痛みもなにもなかったので…
健康だと思っていたのに…
というようなことも多くあります。

先にも書きましたが病気は早期発見、早期治療が基本です。

そのためには、歯周病も早い段階での検査が非常に大切です。
20歳を過ぎたら
1年に1回の歯周病検査が大切です。

特に30歳以上になったら
必ず歯周病の検査を受けて下さい。

特に歯周病は個人差(リスク)が高い病気であり、
歯を全く磨かなくても一生問題が起こらない方がいらしゃるのも事実ですし、
頑張って毎日歯を磨いでいても歯周病が進行する方がいらしゃるのも事実です。

その違いは歯周病細菌の質や種類の違いや
生体の反応の差にもよります。

そのたため必ず歯毎日磨いているから大丈夫ということにはなりません。

健康的な生活を送っているから
病気にはならないと
いうことと違うのと同様に
リスクには個体差が必ずあります。

そのために
早期発見、早期が治療が大切なのです。


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年3月5日

歯周病の口腔内を見てみましょう!

2018年 3月 5日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日は歯周病の患者さんを見て見ましょう。

いつもは歯周病について様々な話をしているのですが、
今日はそうしたことは一切なく、
単に歯周病の写真を見ていただくだけです。
以下は初診時です。
汚れの付着が多く、
普段から歯磨きが十分にできていないことが分かります。

誰が見ても問題のある口腔内ですね。
ほとんどの歯はグラグラです。

次のケースです。
歯並びが悪い方の場合、どうしても歯磨きが十分にできないことがほんとです。
そのため、もともと歯周病のリスクの高い方は
どんどんと悪化してしまいます。

次のケースです。
歯肉が全体的に大きく腫れ上がっています。
このような状態になるには10年15年と長い年月がかかっていることが多く、
患者さんも問題を感じていながらも放置してしまうことがあります。
歯周病の専門医も少ないことから
歯科医院を受診しても歯石を取るぐらいで
特に歯周病治療が行われないこともあり、
どんどんと進行してしまうのです。

最後のケースです。
上の前歯に被せ物が装着してある方です。
被せ物のしてある歯は、歯磨きが難しくなることが多く、
被せ物と歯のつなぎ目に汚れが付着しやすくなります。
結果的に毎日汚れが残ることで歯周病が進行してしまいます。

全てのケースで共通していることは
口腔清掃管理が不十分であることです。

歯周病で来院される患者さんの共通のこととして
患者様ご自身は十分に歯磨きができていると思っていることです。

先ほどの写真の患者様もご自身は
毎日歯磨きを行なっているのに
と思っていらっしゃいます。

本当なんですよ。
歯周病の患者さんのほとんどが
自分はよく歯磨きを行なっていると思っています。

しかし、現実的にはただ歯磨きを行なっているだけで
汚れはほとんど取れていません。

口の中で歯ブラシを動かしているだけで
汚れが取れていないのです。

正しい歯磨きができなければ
毎日磨いていても効果がでていないのです。

きちんと歯科医院で正しい歯磨き指導を受けることが必要であり、
必ず定期的に歯科医院を受診して
予防に努めないといけません。

歯周病にならないために


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年2月19日

バイオフィルムを除去する方法:PMTCとはどんな治療か?

2018年 2月19日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『バイオフィルムを除去する方法:PMTCとはどんな治療か?』になります。

始めにバイオフィルムについて理解していないと先に進めないので
前回と前々回解説していた内容をご覧になっていない方は是非バイオフィルムをご覧になっていただければと思います。

歯周病を理解するため-バイオフィルムを図解する

歯周病におけるバイオフィルムってなに? バイオフィルムは歯周病の原因となる

バイオフィルムを取り除く方法がPMTCです。
この話は以前にもしたのですが、歯科医院で多くの皆さんも受けたことがあることですので
ご理解していただくために再度解説します。

PMTCとは
歯科医師  や歯科衛生士 等の専門家が
歯の表面に付着したプラークを
回転器具のブラシ や ゴムのカップ 等で 汚れを取り除き、ツルツルに磨く行為です。

歯の汚れを取り除くことで虫歯や歯周病の予防となるのです。

この汚れが前回と前々回で学んだバイオフィルムなのです。

バイオフィルムは細菌の集合体であることは
今までのブログをご覧になっていただくことでご理解できたかと思います。

口腔内の汚れ(デンタルプラーク)1グラム中に含まれる細菌の数は、
糞便の中に含まれる細菌の数より多いです。

びっくりですよね。

それは綺麗に取り除かないといけません。

歯磨きをしているから大丈夫!
と思っているとそうではありません。

バイオフィルムはただこすっただけでは完全に取り除くことは難しいのです。

バイオフィルムのを他のことに例えると
台所の排水溝 や シンク お風呂の浴槽を
掃除をしないとそのうちヌメヌメしてきますよね。

このヌメヌメがバイオフィルムなのです。

それでは台所の排水溝 や シンク お風呂の浴槽のヌメヌメを取り除くためにはどうしたら良いのでしょうか?
強力な洗剤を使用して擦って取りますよね。
強力な洗剤であればあるほど汚れは取りやすいでしょうし、
使用するスポンジの性質 や 擦る力にも影響されるでしょう。
でも同じことを口腔内ではできないですよね。

そのバイオフィルムを取り除くのがPMTCなのです。

汚れをみやすいようにするには
汚れを染め出すことが良いです。

汚れが赤く見える液を歯面に塗ります。

下顎の舌側や上顎の口蓋側(内側のことです)は歯ブラシが届きにくい部位ですので
染め出すと赤く染まることが多いです。

汚れが確認できたら取っていきます。

この時に使用するのが ブラシ と ゴム製 のカップ等です。
これに磨く用のペーストをつけて
回転させて磨きます。

お風呂 や シンク の清掃と同じようですよね。
洗車とも似ていますよね。

基本的に汚れを取るわけですから
することはだいたい同じです。

口腔内には皆さんが見える白い歯の部分や
歯肉が下がってしまった方の場合には少し茶色い部分が見えます。

白い歯の部分をエナメル質と言います。
歯肉が下がって見えた茶色い部分を象牙質と言います。

エナメル質 と 象牙質 は硬さがまったく違います。

そのため、使用する器具 や 使用するペーストも違います。

硬いエナメル質と同じ行為で行ってしまうと
柔らかい象牙質は削れてしまうのです。

また口腔内には他にも様々な素材があります。

金属が入っている人もいれば
プラスチック製の樹脂が入っている人もいます。
セラミックが入っている人もいます。

口腔内には本当の多くの素材が使用されているのです。

汚れを落とすことだけを考えれば
使用するペーストは粒子の荒い物を使用することで良く取れます。

しかし、荒いペーストの使用は歯面ザラザラにしてしまいます。

ザラザラになればなるほど細菌は付きやすくなってしまうのです。

つまり汚れは取れたがザラザラになって悪化した
ということが起こるのです。

実はこうしたことは比較的起こっているのです。

正しいPMTCができていないと
逆に問題は大きくなります。

色素除去前と除去後の比較です。

次回も続きを解説します。

お楽しみに!


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年2月5日

歯磨きをすると出血がある! どうしていけないの? バイオフィルムから考える出血の謎

2018年 2月 5日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『歯磨きをすると出血がある! どうしていけないの? バイオフィルムから考える出血の謎』になります。

今日は前回の続きです。

前回のブログでは歯周病を理解していただくため、
バイオフィルムについて図を用いて解説しました。

前回のブログを読まれていない方は
是非先に前回のブログ をご覧ください。

さて本日は、歯磨きの時の出血がいけない理由をバイオフィルムをもとに解説します。

まず始めに前回とまったく同じ話になるのですが、
歯周病について簡単に説明します。

この歯周病がわからないと本日の内容がわかりませんので…
前回のブログを見られている方は少し飛ばして先の本日のテーマからご覧ください。

歯周病とは、
歯周病細菌による感染症です。
歯周病細菌が歯周ポケットない部で繁殖(増殖)することで歯周病が進行してきます。

歯周病細菌がいなければ歯周病にはなりません。

歯周病細菌の存在が大きな影響をしてくるのです。

まず歯周ポケットとは、
歯と歯肉はくっついておらず わずかな隙間が存在します。
この隙間を歯肉溝(しにくこう)と言います。

この隙間(歯肉溝)の中に細菌が入り込み、
深い部分へと侵入していくことで歯周病が進行していきます。

以下が歯周ポケットです。

歯周ポケット検査では、1歯について歯の周囲を6箇所測定します。

その時に使用する器具が以下のプローブというものです。

歯周病の進行を以下で図解します。
まず健康な状態です。
歯肉溝は、1〜2ミリ程度です。
歯肉の炎症はなく、
歯の根を支えている骨の吸収も認められません。

以下が少し歯周病が進行した状態です。
歯周ポケットは4ミリ以上になります。

さらに進行した状態です。
歯周ポケットはさらに深くなり、
6ミリ以上になります。

さらに歯周病は進行し、
歯の根を支えていた骨の吸収もさらに大きくなります。

こうなると歯はグラグラです。

実際のレントゲンで健康な方と歯周病の方を比較してみましょう。

以下は健康な方のレントゲンと口腔内写真です。

以下は骨吸収が進行した歯周病の方のレントゲンと口腔内写真です。

さて本日の本題です。

本日はこの歯周ポケットの中の話です。

歯周病が進行すると
歯周ポケットの中に歯周病細菌が繁殖します。

歯周病細菌は数多くの種類が存在するのですが、
特に問題となるのが以下の3種類の細菌です。

P.g.菌 ( Porphyromonas ginvalis )
T.d.菌 ( Treponema denticola )
T.f.菌 ( Tannerella forsythia )

専門家ではない方は、細菌の種類を覚えてもあまり意味はないので
だいたい歯周病に大きく問題となる細菌は3種類です。

その中でもP.g.菌は悪性度が非常に高い細菌です。

まあ かなりズレてしまうのですが
厳密にはP.g.菌が悪い訳ではなく、
P.g.菌の中の2型というタイプは悪性度が高いことがわかっています。

P.g.菌全てが悪いわけではないのです。

話は戻ります。

歯周ポケット(歯肉溝)の中のP.g.菌について図解してきましょう。

歯肉溝(しにくこう)の中を見て見ましょう!
真ん中の青い部分が歯肉溝(歯周ポケット)です。
左側の赤い部分は歯肉です。
右側の黄色い部分は歯の根です。
歯肉と歯根の間が歯肉溝(歯周ポケット)ということです。

この歯肉溝の中にP.g.菌がいたとします。
*P.g.菌はバイオフィルムの中や歯肉組織の中にも存在しますが、
 話の都合上、歯周ポケット内部での話と思ってください。

P.g.菌だって生きているわけですから
何か食べないといけません!

P.g.菌だってきっとお腹空くだろうお腹空くだろう
(もちろん細菌がお腹空くとは言ってないと思いますが、細菌の気持ちになった言葉ですよ)

P.g.菌だって好きな食べ物があるはずだ
何が好物何だろう?

P.g.菌の好きな食べ物は!

何と 鉄分だったんだ!

鉄分は血液中に含まれているから
炎症を起こして、出血したところは
P.g.菌の大好物がいっぱいあるということだ!





P.g.菌は大好物のヘミン鉄を食べて元気になった!


そして元気になったP.g.菌は暴れ出すのです。

お腹いっぱいになったP.g.菌は高病原性となるのです。

P.g.菌の仲間もどんどんと増えていきます。

P.g.菌が暴れ出し、高病原化することで免疫機能は衰えていきます。

その結果、P.g.菌のいるバイオフィルム自体もどんどんと悪性度が高くなっていきます。



バイオフィルムの病原性が高くなることで
細菌はさらに内部へと侵入し、
歯周ポケットが深くなるのです。

これで本日は終わりです。

出血すると歯周病細菌が血液の鉄分をエサにして繁殖するのです。

出血って見た目だけの問題ではないんですね

歯磨きをして出血がある人は、
細菌のエサがいっぱいあるということです。

注意が必要ですね。

次回のブログもお楽しみに!!


クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年1月29日

歯周病を理解するため バイオフィルムを図解する!

2018年1月29日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

前回までのブログでは
PMCTというクリーニング方法 
および
歯周病の原因となるバイオフィルムについて解説しました。

バイオフィルムについては前のブログの以下をご覧になってください。
歯周病におけるバイオフィルムってなに? バイオフィルムは歯周病の原因となる

今日のテーマは
歯周病を理解するため バイオフィルムを図解する!』になります。

私は毎月歯科衛生士さん向けの講演を行なっているのですが、
その際にできる限り簡単に歯周病を説明するために様々なテーマを図解で解説しています。

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

その中でこのバイオフィルムについて使用している内容を図解で少し紹介します。

まず始めに歯周病について簡単に説明します。

歯周病とは、
歯周病細菌による感染症です。
歯周病細菌が歯周ポケットない部で繁殖(増殖)することで歯周病が進行してきます。

歯周病細菌がいなければ歯周病にはなりません。

歯周病細菌の存在が大きな影響をしてくるのです。

まず歯周ポケットとは、
歯と歯肉はくっついておらず わずかな隙間が存在します。
この隙間を歯肉溝(しにくこう)と言います。

この隙間(歯肉溝)の中に細菌が入り込み、
深い部分へと侵入していくことで歯周病が進行していきます。

以下が歯周ポケットです。

歯周ポケット検査では、1歯について歯の周囲を6箇所測定します。

その時に使用する器具が以下のプローブというものです。

歯周病の進行を以下で図解します。
まず健康な状態です。
歯肉溝は、1〜2ミリ程度です。
歯肉の炎症はなく、
歯の根を支えている骨の吸収も認められません。

以下が少し歯周病が進行した状態です。
歯周ポケットは4ミリ以上になります。

さらに進行した状態です。
歯周ポケットはさらに深くなり、
6ミリ以上になります。

さらに歯周病は進行し、
歯の根を支えていた骨の吸収もさらに大きくなります。

こうなると歯はグラグラです。

実際のレントゲンで健康な方と歯周病の方を比較してみましょう。

以下は健康な方のレントゲンと口腔内写真です。

以下は骨吸収が進行した歯周病の方のレントゲンと口腔内写真です。

さて本日の本題です。

本日はこの歯周ポケットをみていきます。

以下の
赤い部分が歯肉です。
右側の黄色い部分が歯根です。
間の水色の部分が歯肉溝(歯周ポケット)です。

まずこの状態を理解して下さい。
(この状態がわからないと先に進めないです)

歯肉溝(しにくこう)の中には、
歯肉溝浸出液(しにくこうしんしゅつえき)という液体が流れています。

大雑把に言えば、
目では涙が出たり、
鼻では鼻水が出るようなものです。

歯肉溝の中でも正常な状態で常に歯肉溝浸出液が流れています。
深い部分から歯肉溝の外へと流れて出ているのです。

さて次の段階の話です。
ちょっと難しくなります。
根の表面にはペリクルという薄い膜が付着します。

ペリクルは根面を保護する役目もはたしています。

さて次の段階です。
歯肉溝に歯周病細菌が侵入してきます。

歯肉溝浸出液の中で歯周病細菌は増えていきます。

身体の中(歯肉溝内部)で歯周病細菌が増えることは当然の事ながら良いことではありません。
そこで身体はこう考えるわけです。
「このまま細菌の侵入を許すわけにはいかない」

そこで歯肉溝浸出液中にいる好中球は細菌を発見するわけです。
好中球とは、体の血液中の成分である白血球の一部で、
細菌を退治するための大切な成分です。

細菌を退治するのは他にも抗体や様々な成分がありますが、
複雑になるので
好中球を中心に話を進めましょう。

歯肉溝滲出液中には
好中球 や 抗体 その他 様々な物質が存在しており
細菌が悪さ しないように見張っているのです
まあ 警察官が
パトロールしているようなものです

好中球 達が警察官
細菌は犯罪者
と考えてください

そこで歯肉溝浸出液中の歯周病細菌はこう思うわけです。

「好中球達(警察官)がウヨウヨしているな奴らに捕まると逮捕されてしまう」

それに対して好中球達(警察官)はこう思うわけです

「よし細菌(犯罪者)を逮捕するぞ!」

「よし捕まえろ!」

細菌はやられました

歯周ポケット内に浮遊している細菌(犯罪者)は
好中球達(警察官)によって逮捕されました

好中球達は勝ったのです。

そこで歯周病細菌はこう考えるのです。

「好中球達から攻撃を受けないような要塞を作ろう!」

「そして 細菌同士みんなで協力して守ろう!」

「どこに住もうか?安全なところはどこだ?」

「俺は ペリクルにくっつくことができるぞ!」

「歯石もくっつきやすそうだな」


「歯石はいい住処になりそうだ!」

「よし 歯肉溝滲出液に流されないように歯石 ペリクルにつかまることができた!」

「俺はペリクルにくっつけないけど先に付いた細菌にくっつくことはできるぞ」



「俺もだ!」


「じゃあ 俺もだ!」

「よし これでチームができた好中球達(警察官)の攻撃情報も共有しよう」

「バリアも張ろう」

「菌体外多糖類発射」
これはネバネバした細菌を保護する体液のような物を思って下さい
(本当はちょっと違うけどまあいいか)

これがバイオフィルムです。
今日の本題の話にようやくなりました

今度は好中球達の立場をみてみましょう!

「あっ 細菌だ!逮捕しよう!」

「コラ ここから出てけ」

「あれ? 攻撃できないぞ」

「中にも入れない」

「俺達が入れないようにバリアがあるぞ!」

歯周病細菌はこう思うわけです。
「バイオフィルムの中にいれば安全だ!」

それでは歯周病細菌を退治するために
消毒薬を歯周ポケットに入れればいいのでは?
消毒薬で歯周病細菌を退治することが出来きるのでは?

でもバイオフィルムの中の歯周病細菌には消毒薬は効果がないのです。
「バイオフィルムの中は消毒薬なんて効かないよ」

よし今度は抗生剤の軟膏を入れてやれ
抗生剤なら効くだろう。

「抗生剤も効かないよ! バイオフィルムの中は最強だ!」

でも時々でも時々バイオフィルムの中に入らず歯肉溝滲出液の中でウヨウヨしていたり

バイオフィルムから飛び出す奴もいるんだ

でもこうした奴らは好中球達に捕まったり

消毒薬で退治されちゃうんだ




こうした奴らには
マウスヴォッシュや薬は効果があるだ

だからうがい薬に効果がないわけではない

でもバイオフィルムの中の歯周病細菌には効果がないから
うがい薬 や 抗生剤で歯周病は治らないんだ

バイオフィルムを形成した歯周病細菌はどんどんと増えていく

これでなんとなく
バイオフィルムがわかってきたかもしれません。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2018年1月18日

PMTCって汚れがよう落ちるけど歯には問題ないの? : PMTCの弊害を解説

2018年1月18日(木曜日)です。

普段は月曜日アップですが、
今年はまだアップしていなかったので、曜日変更でアップします。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

さてようやく今年始めの歯周病ブログです。

前回のブログではPMTCについて解説しました。

前回までのブログの内容をご覧になりたい方は是非先に以下のブログをご覧になって下さい。

PMTCとは? どんな治療なのか?

歯周病におけるバイオフィルムってなに? バイオフィルムは歯周病の原因となる

PMTC ってどうやるの? PMTCを行なってみましょう!

PMTCがご理解いただけている方は、以下からスタートして下さい。

さて今日のテーマは、
『PMTCって汚れがよう落ちるけど歯には問題ないの? : PMTCの弊害を解説』になります。

PMTCは汚れを落とし、審美的にも、清掃も行え、非常に効果のある術式です。

しかし、誤った方法で行うと弊害があります。

実際に誤ったPMTCを行なっている人もいらっしゃいます。

本日はPMTCの弊害について解説します。

PMTCは、ブラシやゴムのカップに専用のペーストをつけて回転器具で歯面を清掃する行為です。

おさらいになりますが、
PMTCとは、
Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で

PMTCの効果を報告したアクセルソン先生は、
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning )を以下のように説明しています。

特別な 訓練を受けた予防歯科看護婦 歯科衛生士 あるいは歯科医師などの専門家による
歯肉縁上ならびに
歯肉縁下 1〜 3 mmのプラークをすべての歯面から
機械的な回転器具 と フッ化物配合研磨用ペーストを使って
選択的に除去することである
Axelsson P,:Mechanical plaque control.In:
Proceedings of the 1st European Workshop on Periodontology,
Lang N.P.Karring T.eds.Quintessence Publishing,Chicago,1993;219-243.
としています。

これはこのシリーズで何回も出てきた言葉です。

難しいことは飛ばして
PMTC前 PMTC後を見てみましょう!(前にアップした症例です)

処置前(PMTC前)

処置後(PMTC後)

これは特別なケースではなく
よくある症例です。

特別なことではなく比較的簡単に汚れは取れます。

本日の話は、
こうしたPMTCに問題はないのか?
ということです。

PMTCは、正しい方法で行わないと弊害があります。

PMTCは ブラシ や ゴム製のカップ にペーストをつけて
歯面を清掃するわけですが、
ペーストの中には研磨剤が入っているものがあります。

昔のペーストにはほとんど入っていましたねどね。

近年では研磨剤ナシのペーストが多くなっています。

ただし必ずしも研磨剤のペーストが悪いということではありません。
正しい使用方法で行えば、問題は起こりにくいです。

正しい使用方法です。

これが正しく理解できていない人もいるのです。

PMTCは以下のように行なっています。

天然歯のエナメル質に対しては、
歯に付着した色素(茶渋)等の汚れを取るには、研磨剤が入ったペーストを使用することは可能ですが、
金属製の詰め物や被せ物に使用すると傷がついてしまいます。

金属製の治療部位には、
ブラシを使用した研磨剤入りのペーストの使用はダメです。

実際の症例をみてみましょう。
以下は初診時です。
左右の奥歯を噛んだ状態で写真撮影しています。

黄色丸の部分を注目しましょう。

拡大したのが以下です。

本来この金属部分は、もっとツルツルしているのです。
鏡とまではいきませんが、
ツルツルしており、光輝いでいます。

このツルツル、ピカピカには大きな意味があります。

金属の表面がザラザラしていると
汚れやつきやすくなります。

当然ですよね。
表面がツルツル
表面がザラザラ
どちらが汚れがつきやすいのかは歴然です。

汚れがつきやすいということは、
虫歯菌 や 歯周病菌がつきやすいということです。
舌感触も悪いですしね。

我々歯科医師がこうした金属製の被せ物等を行う場合には
ツルツルに磨いでつけます。(研磨)

それが治療後の不適切なPMTCによって金属面は粗造になってしまいます。

一度このように金属面がザラザラになってしまうと
口腔内で元の状態に戻すことは非常に困難です。

この患者様は、
金属アレルギーのことや 口腔内金属が気になったため
金属を撤去し、オールセラミックで治療されることをご希望されました。
以下の黄色丸が治療予定部位です。

以下が治療前後です。

今回はオールセラミックという素材で治療を行なったわけですが、
オールセラミックは金属を一切使用しませんので、
金属アレルギーの心配もなく、
審美性も非常に優れています。

金属治療と比較すると虫歯にもなりにくいです。
金属治療の問題点については以下をご覧になってください。
金属治療の問題点:なぜ金属の詰め物は取れるのか?

またオールセラミックは金属と比較すると汚れがつきにくくいのが特徴です。

さらに傷がつきにくいのも特徴です。
PMTCを行なっても金属と比較すると圧倒的に傷がつきにくいです。

しかし、誤ったペーストを使用したり、
硬いブラシの使用によりオールセラミックも傷がつくことがあります。

また歯石を取る時に使用する超音波スケーラーという器具があるのですが、
これがオールセラミックに触れると傷がつきます。

オールセラミックに傷がつくと
汚れが付きやつきやすくなるだけではなく、
亀裂が入ることもあります。
割れやすくなるのです。

PMTCは汚れを取り除き、歯面を滑沢にし、審美性も高まり、虫歯や歯周病予防にも効果があります。
しかし、誤った方法であると逆効果となってしまいます。

簡単な歯科治療行為ではありますが、
確かな知識と技術が必要になります。

話は変わりますが、
この医療行為は、歯科医院内では、
歯科医師、歯科衛生士しか認められません。

歯科助手という方がこうしたPMTCを行なっているという噂を聞くことがありますが、
絶対にダメです。

医療行為ですから
法的にもダメです。

本日はこれで終わります。


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

2017年12月29日

休診案内

12月30日(土曜日)から
1月 4日(木曜日)まで休診となります。
休診中の緊急連絡は以下からメールでお願いいたします。
2017〜2018年冬季休診連絡メール先

また休診中の予約は以下からお願いいたします。
24時間オンライン予約

2017年12月25日

PMTC ってどうやるの? PMTCを行なってみましょう!

2017年12月25日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、『PMTC ってどうやるの? PMTCを行なってみましょう!』になります。

前回までのブログでは
PMTCとは? と
バイオフィルムとは?
という話をしてきました。

上記の内容をご覧になっていられないか
分からない方は是非以下のブログを先にご覧になって下さい。

PMTCとは?

バイオフィルムとは?

さて本日はPMTCを実際にみてみましょう!

PMTCの基本は口腔内の汚れ(磨き残し)を把握することから始めます。

汚れにだけ赤く色がつく液体を歯面に塗ります。

特に汚れが残っているのが
歯の内側と
歯と歯の間です。

その汚れを 回転するブラシ や ゴム製のカップ 等で取り除きます。

この回転する器具を用いて汚れを取り除き、歯面を磨く行為をPMTCと言います。

この際に汚れを取り除くペーストを使用するのですが、
ペーストには様々な種類があります。

ペーストとは、歯磨き剤のようなものです。

茶渋とか
汚れを効率よく落とすためには
研磨剤が入ったペーストを使用すると効果的です。

本当によく落ちます。
短時間で効果的です。

PMTCには様々なメリットがあります。
1. 審美性の改善
  色素(ステイン)が取り除かれることで審美性が向上する
2. バイオフィルム除去によって歯周病 や 虫歯の予防効果がある

しかし、
PMTCのデメリットもあります。
汚れ除去効果の高いPMTC用のペーストには
研磨剤が入っている種類もあります。

研磨剤はその粒子の荒さに違いがあり、
粒子の荒い研磨剤は汚れがよく落ちます。

我々は歯面研磨用ペーストの汚れの落ち方を数値でみて製品の選択をします。

RDAという評価方法です。

RDAとは、
Radioactive Dentin Abrasionの略で
相対的象牙質磨耗値と言います。

ペーストを使用し、
象牙質が削れたかを放射能レベルで測定した値です。

難しいことはさておき、
RDAの数値が高いほど
歯はよく削れます。

RDAが高いペーストは汚れはよく落ちますが、
歯面も削れていきます。

一般的にRDA250という値のペーストを使用すると
汚れは非常に落ちます。

しかし、歯面はザラザラになるため、
RDA250を使用後には、
RDA170、
RDA120、
RDA40
といった具合に粒子の細かいペースを順次使用して
ザラザラになった歯面を研磨していくことが必要になります。

きちんと研磨していくことで歯面のザラザラは改善されます。

しかし、こうした行為を何度も行うことで
歯面は少しづつ削れていくのも事実です。

また、歯の表面であるエナメル質はこうしたRDA250のペーストで
色素(ステイン)を除去しても良いのですが、
金属製の被せ物や
セラミック、
プラスチック製の詰め物、
歯肉が退縮して見えてくるちょっと茶色っぽい象牙質という部分に
使用するとかなり削れてしまい、
元の状態に戻すのが非常に困難になります。

基本的に
被せ物等の人工的な物に対しては
RDAの高いPMTCペーストの使用はできません。

そこで
近年では
こうした粒子にとらわれず
研磨剤が入っていない
研磨剤フリーのPMTCペーストが使用されるようになっています。

各メーカーが研磨剤フリーのPMTCペーストを販売していますが、
私が最近使用しているのが、
ルシェロホワイトという製品です。

メーカーのHPによると
清 掃 剤「 L i m e 粒 子 ® 」を 高 濃 度 に 配 合 し た
弱 ア ル カ リ 性 の ぺ ー ス ト です。
歯 に 沈 着 し た ス テ イ ン を 浮 か し 「 L i m e 粒 子 ® 」が効 率 よ く 優 し く
ス テ イ ン を 除 去
となっています。

難しい話は置いておき、
ルシェロホワイトを使用した実際の症例をみてみましょう!
ステイン除去前です。
下の前歯の内側に茶渋等のステインがいっぱいついていますね。

これを研磨剤の入っていないルシェロホワイトだけを使用し、
PMTCを行なってみました。
以下が処置後です。

研磨剤が入っていなくても結構落ちますよね。

以下がこの方の歯の唇側です。
見える部分です。
以下がステイン除去前です。

以下がルシェロホワイトを使用し、PMTCを行なった後です。

結構落ちますよね。

次の症例です。
以下は治療前です。
歯面がデコボコしている方で
このような状態は汚れを取るのが難しい症例です。

以下はルシェロホワイトを使用し、PMTCを行なった後です。

完璧ではありませんが、
研磨剤なしでここまで取れればかなり良いです。

さて本日のブログはここまでにします。

次回は
こうした歯面の色素を取り除いた後の
歯面のケアについて解説します。

今のPMTCは単に汚れが取れれば良いという時代ではありません。

傷付いた歯面を修復したり、
虫歯になりにく歯面にしたりと
様々な対応が行えるようになっています。

次回のブログもお楽しみに!


クリックでの応援よろしくお願い致します

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP