インプラント治療

インプラントと歯周病

歯周病患者さんにインプラントは可能か

はじめに

現在 インプラント治療 は急速に普及しています。
インプラントの長期的な報告も数多くされており、高い成功率となっています。

しかし、その反面 失敗症例も多く報告されています。

特にインプラントと天然歯が共存する中で高い成功率を達成するためには単にインプラントを埋入するだけでなく口腔内の全体的な治療計画が必要となってきます。

残存歯の予知性、被せ物(補綴)治療との兼ね合い、咬み合せの状態、患者さんの希望などさまざまな面からの検討が必要になってきます。

その中でも歯周病に罹患した状態でのインプラント治療は困難を極めます。

上記の内容についての続きおよび詳細は歯周病患者さんにインプラントは可能か?に記載してありますのでインプラント治療と歯周病治療の両方にご興味がある方は是非御覧になって下さい。

インプラント周囲炎とは?

当医院では、インプラント治療をご希望されて来院される方のほとんどに歯周病の検査を行います。
その理由はもし、歯周病がある状態でインプラント治療を行うと歯周病細菌がインプラントにまで感染するからです。

インプラントに歯周病細菌が感染すると『インプラント周囲炎』という状態になります。

『インプラント周囲炎』とは、インプラントが歯周病と同じような症状になることです。

インプラント治療後に歯ブラシが不十分になると汚れは歯肉とインプラントの境目から内部に侵入していきます。
この汚れは歯周病細菌と同様の細菌です。

そして、初期の段階では インプラント周囲 の 歯肉 が腫れて行きます。

その後インプラントを支えている 歯槽骨 が吸収してしまいます。

最終的には インプラント はダメになり、撤去することになります。

人工物であるインプラントには神経が通っていません。
そのため初期の段階では多くの場合、自覚症状がありません。

そのため、かなり状態が進行しなければ気付かないのが特徴です。

そのため、歯周病患者様でインプラント治療を希望される場合、まず 最初に歯周病の治療から開始します。

インプラント周囲炎

一般的な歯周病治療(SRP:スケーリング・ルートプレーニング)

まず、歯周病の治療である『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』についてお分かりにならない方は歯周病の治療を参考にして下さい。

それでは、最初に歯周病について簡単に説明します。

歯周病の原因は、『歯』『歯肉の境目』に付着した汚れ(食べかす)がその境目の内部に侵入することから始まります。

この『歯』『歯肉の境目』のことを専門用語で『歯周ポケット』と言います。

下図は右側に見える細い棒状の器具で『歯周ポケット』を計測している状態です。

『歯周病ポケット』の内部に侵入した汚れは歯の根の中に べったり とへばりつきます。

この汚れのことを『歯石』と言います。
聞いたことがありますよね。

歯石の除去 は歯科医院で経験されたことがある方も多いかと思います。

しかし、そうした場合に行う『歯石の除去』とは、歯肉の上に見える部分を取り除いているだけで、
『歯周ポケット』の内部に侵入した『歯石の除去』とは違うのです。

『歯周ポケットの内部に侵入した歯石の除去』は、歯肉に麻酔をして行うことが必要です。

この『歯周ポケットの内部に侵入した歯石の除去』を専門用語で
『ルートプレーニング』と言います。
または、『SRP(scaling root planing:スケーリング・ルートプレーニング)』とも言います。

この『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』は、1回の治療で1歯ずつ行うのではなく、4~7歯程度を一度に行います。
この時の治療時間は約30~60分になります。

口腔内全体が歯周病の場合、全ての歯の『SRP』が終了するのに約4回の治療回数がかかります。(上下顎合計で28歯全て存在する場合です)

患者様自身も 1回に口を開けていられる限界時間は 1時間程度ですので、
約4回の治療回数に分けて行うことは一般的です。

これが、通常の『SRP』の進め方 と覚えておいて下さい。

この通常の『SRP』のことを『コンベンショナルSRP』とも言います。

『コンベンショナル』とは『ふつうの、古くからある、ありきたりの』という意味です。

SRP:スケーリング・ルートプレーニング

今までの『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』の欠点

歯周病は、細菌感染(歯周病細菌)によって起る疾患です。

先程説明しました 汚れ(食べかす)が『歯周ポケット』内部へと侵入することです。

その治療として先程『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』を行うことを説明しました。

そして治療の進め方として 1回の治療で7歯程度を行うため、
口腔内全体が歯周病の場合には 治療回数は4回になります。

例えば、この合計4回の治療が 1週間に1回程度の来院で、連続して行うことが可能であれば、さほど大きな問題はありませんが、
1ヶ月に1回とか 数ヶ月に1回の治療頻度では 問題を生じる可能性があると思われます。

つまり、『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』によって歯肉の内部がきれいになった(除菌)されたとしても、
他の部位がまだ汚れて(感染して)しまえば、
『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』した部位にも 再度新たな感染が生じてしまう可能性があります。

つまり、いくら『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』を行っても再度感染してしまえば、効果は半減してしまうということです。

これはブラッシングがきちんとできているか どうかということにも影響します。

つまり、歯科医院で『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』をしても
歯ブラシがきちんとできていないと
再度感染してしまうからです。

よく患者様に例えとしてお話することがあります。
糖尿病の患者様が内科を受診した場合、薬を処方することがあります。
しかし、その際に食事療法や運動療法を指導しなければ、単に糖尿病の薬を処方しても
根本的な解決にはなりませんし、良くもなりません。
糖尿病となった原因があるのですから…
また食事療法にしても健康な方よりかなり厳密なことになります。

歯周病もそうです。

根本的な原因である、汚れの付着防止(ブラッシング)を行わなければ、治療(SRP)を行ってもなおりません。

特に重度の歯周病の場合、健康な方より、何倍も時間をかけ、丁寧に行う必要性があります。

それだけ、リスクが高いのですから。

また再感染(再度歯周病になる)する他の原因として 歯周病があまりにも進行してしまった歯を そのままにしておくことです。
歯周病が進行しすぎてしまった場合、『SRP』等の歯周病治療を行っても治らない(良くならない)ことがあります。
歯周病細菌を取り除けないのです。
こうした歯は『抜歯』となります。
しかし、患者様にとって『抜歯』はもちろん『嫌』なことです。
私達が 患者様に歯周病の状態を説明し、どうしても歯を残すことができない場合、『抜歯』の説明をさせていただきます。
ほとんどの患者様はご理解していただけるのですが、
『抜歯』するくらいなら自然に取れるまでそのまま放置する ことを希望される方もいらっしゃいます。
これは非常に危険なことです。
歯を支えている周囲の骨はどんどんと吸収してしまい、周囲の歯まで及びます。
そして重度歯周病であった歯以外にも感染は及び、
問題がなかった歯までもがダメになってしまいます。
感染したのです。
このようにどうしても歯周病細菌の感染を取り除けない歯を そのままにしておくと問題は どんどんと大きくなっていきます。
また『抜歯しかない歯』をそのままにし、周囲の歯の歯周病治療(SRP)を行っても、治療直後からすぐに再感染してしまいます。
歯ブラシをまったくしない方に歯周病治療を行っているようなものです。

話は少しズレてしまいましたが、歯周病細菌は感染するということです。

今までの『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』の欠点

『歯周病治療の新しい考え方:フルマウスSRP法』

そこで、1日で 全ての歯周病に感染した歯に対して
『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』を行えば、新たな感染を生じないという考え方がこのテーマである『フルマウスSRP法』です。
また、『Full Mouth Disinfection』とも言います。

『フルマウス(Full Mouth)』とはか『口腔内全体』という意味で、
『Disinfection』とは『殺菌』という意味です。
口腔内全体を 殺菌しましょうということです。

理論的には優れた治療法です。

しかし、現実的な問題点として 治療時間があります。
先程書きましたように7歯程度の『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』で約30~60分の治療時間がかかるわけですから、
口腔内全ての歯を行うとすると 120~240分かかることになります。

こんなに長時間は口を開けていられませんよね!

ただし、考え方としては 優れた方法だと思います。

そのため、60分程度で全体的に『SRP』が行えるような場合にはこうした方法を行います。

また、インプラントが既に埋入してある患者様で、歯周病が再発して場合には感染防止のため、歯周病に感染している歯は一度に全て行うことにしています。

最後に 『フルマウスSRP法をさらに効果的に行うために』

『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』 をさらに効果的に行う方法として

  1. 『局所的薬物送達療法:LDDS(Local drug delivery system)』
  2. 『抗菌性グルコン酸クロルヘキシジン含嗽剤の使用』
  3. 『経口的抗菌薬の投与』

が考えられます。

順番に説明します。

『局所的薬物送達療法:LDDS(Local drug delivery system)』とは、歯肉の内部(歯周ポケット)に抗菌作用のある薬を直接注入し、歯周ポケット内部の細菌を直接除菌するという方法です。
日本の歯科界では、『塩酸ミノサイクリン』という 薬 が良く使用されています。
『塩酸ミノサイクリン』は、 テトラサイクリン系 の抗生物質で、細菌の発育を抑制する作用があります。

ブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎球菌、リン菌、赤痢菌、大腸菌、緑膿菌、クレブシエラなどに効力を示します。
まあ難しい言葉はいいとして、
簡単に言えば、歯周ポケット内部 に薬を入れるだけの治療です。
痛みもありません。
しかし、『局所的薬物送達療法:LDDS』は、歯周病ポケット内部の細菌の数を減らすことはできても、それ自体が 歯根表面 に付着した『歯石』そのものを取り除くことはできません。

つまり、『局所的薬物送達療法:LDDS』だけでは歯周病は治りません。

次に『抗菌性グルコン酸クロルヘキシジン含嗽剤の使用』です。

『グルコン酸クロルヘキシジン』という 含嗽剤 は 歯周病細菌 に対して効果が高いものです。

しかし、『グルコン酸クロルヘキシジン』は、 使用部位 と 使用濃度 を厳守しなければならない 薬品です。
ちょっと難しいですが、その詳細を書きたいと思います。

『グルコン酸クロルヘキシジン』は、1954年に英国 ICI社(現 AstraZeneca 社)で製造されたビグアナイ ド系の 殺菌消毒剤 です。

歯周病と関連する グラム陽性細菌 や グラム陰性細菌 および多くの 真菌 に対して 優れた 殺菌力 を発揮します。

簡単に言えば、歯周病細菌 に効果があり、昔から使用されてきた 殺菌薬 ということです。

また、 他の消毒剤 と比較して優れたところは、
皮膚 に 残留 して 持続的な抗菌作用 を発揮することです。

この 持続的 ということが口腔内にとって良い点がいっぱいあります。

口腔内というのは 殺菌・消毒 が困難な場所です。

手術前に消毒してもすぐ 唾液 に触れてしまったりすると 効果が薄れてしまいます。

また、 舌には 舌乳頭 という 小さな突起 がいっぱいあり、そこに汚れ(細菌)が潜んでいます。
そのため、舌 を完全に 消毒する ことは難しいのです。

それ以外にも 歯自体にも 凹凸があり、消毒 を困難にさせています。
ですから 粘膜 を消毒してもすぐ他からの 細菌 が付着してしまうため、
粘膜も再感染しやすいのです。

そこで『グルコン酸クロルヘキシジン』の 持続効果 が発揮されるのです。

粘膜に 停滞する時間 が長いため、手術前 には最適です。

当医院では 手術前 には
まず 患者様ご自身で『グルコン酸クロルヘキシジン』の ジェル で歯ブラシをしていただきます。

その後、『グルコン酸クロルヘキシジン』の うがい薬 で うがい をしていただきます。

さらに『グルコン酸クロルヘキシジン』の 綿 で 口腔内全体 を 拭い取り清掃します。

このように 非常に効果がある『グルコン酸クロルヘキシジン』ですが、
日本では規制があります。

それは過去にアナフィラキシーショックを起こした事例があるからです。

そのため、日本では 口腔以外 の 粘膜 への使用は 禁忌 となっています。
しかし、アメリカ では粘膜に使用される 消毒薬 としては第一選択薬となっています。
0. 12~ 0.2%程度の濃度での使用で効果があるとされています。

だいぶ長くなりましたが、このような抗菌性がある『クロルヘキシジン』を治療中に使用していただくことにより 口腔内の 歯周病細菌 の 繁殖 を防ぎます。

さらに『経口的抗菌薬の投与』です。

簡単に言えば、歯周病細菌に効果がある『抗生剤』をある程度の期間(2~4週間程度)服用していただきます。

全ての 歯周病 に行うのではなく、限られたケースにはなりますが、歯周病治療と並行して『抗生剤』を一定期間服用することは効果があります。

しかし、この方法は日本ではほとんど普及していません。
その理由としてまず 保険 が適応されない ということがあります。

次に『抗生剤』を服用する期間が長いために
副作用 や 耐性菌(細菌が抗生剤に効かないようになる)の問題があります。

無理に『抗生剤』を服用しなくても 他に治す方法があるため、
患者様にも理解を得にくい『経口的抗菌薬の投与』は普及していないのです。

ただし、ケースによっては非常に 効果を発揮する 場合もあり、私も行うことがたまにあります。

このシリーズのまとめとして
『局所的薬物送達療法:LDDS(Local drug delivery system)』
『抗菌性グルコン酸クロルヘキシジン含嗽剤の使用』
『経口的抗菌薬の投与』
を併用することにより『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』の効果は高まるのです。

しかし、歯周病治療の基本 である ブラッシング がきちんとできていなければ、こうしたことは 意味 がなくなってしまいます。

まず、ブラッシングがきちんとできていることが第一であり、
上記の3つはあくまでも 補助的 なことと思って下さい。

歯ブラシで汚れ(細菌)が取り除けない状態でいくら
『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』
『局所的薬物送達療法:LDDS(Local drug delivery system)』
『抗菌性グルコン酸クロルヘキシジン含嗽剤の使用』
『経口的抗菌薬の投与』
を行っても効果はありません。

歯ブラシ はきちんと行っているつもりでも100%行える方はいらっしゃいません。

もちろん100%ということは難しいことですが、
一度歯周病になってしまったということは、歯ブラシの方法や時間等に問題があったということです。

同じような状態いれば、当然、歯周病は再発します。
歯周病でない方の『2倍の時間をかけ』丁寧 に行うことが大切です。
毎食後 の ブラッシング が再発するかしないかの 大きなポイント になります。

よく患者様に以下のような たとえ話 をすることがあります。
糖尿病 や 高血圧 の患者様に対して、生活習慣の改善をせず、薬だけを処方しても治りません。
いくら 薬 を服用しても、食事も普通の人と変わらず、十分な運動もせず、ましてや 喫煙 されていれば、治るはずもありません。
また 睡眠 や ストレス もそうです。

これは 歯周病 にも言えることです。

特に 喫煙 されている方は 歯周病は治らない と思って下さい。
また 、インプラント に対しても 喫煙は大きな問題となります。

いくら ブラッシング がきちんと行われていてもダメになる可能性があると思って下さい。

『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』
『局所的薬物送達療法:LDDS(Local drug delivery system)』
『抗菌性グルコン酸クロルヘキシジン含嗽剤の使用』
『経口的抗菌薬の投与』

はあくまでもきちんとした 生活スタイル が確立できてこそ効果のある治療となります。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

PAGE TOP