インプラント治療

インプラントと審美

『ジルコニア』オールセラミック・クラウン症例

『ジルコニア』オールセラミック・クラウンとは?

『ジルコニア』は、金属をまったく使用しないで、
すべてセラミックで製作することが可能な『オールセラミッククラウン』です。
オールセラミックス『ジルコニア』は従来のセラミックの弱点だった強度を完全に克服し、従来のセラミックの3倍の強度(金属と同等)、審美性、耐久性にも優れた材料です。
金属を全く使わないで、すべての歯を治療することが可能です。
この“全て”というのがオールセラミックス『ジルコニア』の利点の一つです。
この続きおよび詳細については以下をご覧下さい。

次項は、実際の症例を見ながら解説していきます。

術前(初診時)とインプラント埋込み後

上の写真は、治療前の状態です。
左上の前歯が欠損しています。

下の写真は、インプラントを埋込んだ後の写真です。
金属色に見えるのは、インプラントの 『蓋』になります。
この『金属の蓋』は、普段見えるものではありません。
インプラント手術直後から『仮歯』が装着されます。

仮歯にはいくつかの方法があり、
一つは、欠損の両側に仮の歯を接着剤で固定する方法です。
機能的にも審美的にも大きな問題を起すことはありません。

もう一つの方法として義歯(入れ歯)があります。

治療期間中の仮歯については以下を参考にして下さい。

治療期間中の仮歯

インプラントの土台(アバットメント)

インプラントを埋込んだ後、骨と結合するまで約2~4ヶ月程度待ちます

その後、インプラントに土台を付けます。
この土台のことを『アバットメント』と言います。
アバットメントについての詳細は以下を参考にして下さい。

『アバットメント』は通常金属でできています。
しかし、審美性を考えれば『アバットメント』自体も金属ではない素材の方が優れています。
『アバットメント(土台)』自体も『ジルコニア』にするのです。
上の写真は、通常使用される『金属製のアバットメント(土台)』です。
下の写真は、『ジルコニアのアバットメント』です。

インプラントの土台

ジルコニア・オールセラミック・クラウン

上の写真は、『通常のセラミック・クラウン』になります。
下の写真は、金属をまったく使用しない 『ジルコニア・オールセラミック・クラウン』になります。

『ジルコニア・オールセラミック・クラウン』についての詳細は以下を参考にして下さい。

金属をまったく使用しないことは、審美性に優れているだけでなく、金属アレルギーに対して有効です。

ジルコニア・オールセラミック・クラウン

ジルコニアの治療後

『ジルコニア・オールセラミック・クラウン』を使用した治療後になります。

ジルコニアの治療後

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

PAGE TOP