インプラント治療

インプラントの基礎知識

インプラント治療に年齢制限はあるのか?

インプラント治療に年齢制限はあるのか?

骨の成長がほぼ完了する16歳以上であれば年齢制限はありません。
『100歳でも大丈夫か?』ということにもなりますが、大丈夫です。
年齢は関係ありません。
年齢が高い患者さんの方がリスクが低いことも考えられます。
例えば20歳代でインプラントをしたとします。
80歳まで生きたとすると後60年はインプラントが問題なく機能しなければなりません。その間には歯周病になるリスクもありますし、噛み合わせによる問題が起る可能性もあります。
インプラントを埋入した時の年齢が若くても必ず老いていくものです。

高年齢であってもインプラントを行うのに問題はありませんが、全身的な問題によりできないもしくはリスクが高くなることがあります。
口腔内に問題(歯周病や噛み合わせ等)はなくても高血圧、コントロールされていない糖尿病、骨粗鬆症、脳硬塞の既往(脳硬塞があった時から6ヶ月はインプラントはできません)、血液疾患等などがある場合にはインプラントは難しくなります。
年齢が高くなればなるほどこうした病気をお持ちの患者さんは多くなります。
骨とインプラントが結合するということからすると高年齢ということだけでインプラントができないことはありませんが、全身的な問題はどうしてもでてきます。
現在全身的に問題をかかえているが、インプラントを行いたいという方は担当歯科医師と医科の先生との連係が大切になってきます。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

PAGE TOP