インプラント治療

インプラントの検査

CT撮影による最新シュミレーション

はじめに

インプラント治療において大切なことは きちんとした診査(検査)を行うことです。
特に骨の『高さ』や『幅』が少ない場合には、骨を増大させる GBR法サイナスリフト法ソケットリフト法スプリットクレスト法(リッジエクスパンジョン法) が必要になります。
こうした場合、どうしても 通常のレントゲン診査だけでは 骨の状態を詳細に知ることはできません。
通常のレントゲンとは専門用語で
『オルソパントモグラフィー』
『デンタルレントゲン』
と言われる撮影方法です。
こうしたレントゲンは、最近ではデジタルレントゲンとなり、
撮影被爆量も 従来のレントゲンと比較して かなり少なくなっており、
画像の鮮明度も高いものです。
*レントゲン撮影についての詳細は、以下を参考にして下さい。

ただし、こうしたレントゲンでも分からないことがあります。
『オルソパントモグラフィー』『デンタルレントゲン』は、
『平面』でしか、表すことはできません。
『平面』というのは 私達が使用する『カメラ』と同じことです。
『カメラ』で撮影した写真はプリントしますが、もちろんそれは『平面』です。
『立体』ではありません。
骨の状態は『山』のようです。
つまり、凸凹しています。
山もあれば谷もあります。
骨も山のように かなりの凹凸があります。
特に歯周病で抜歯した場合には、骨の吸収が起っているため、
骨には かなりの凹凸があります。
しかし、どんなに精度の良い『オルソパントモグラフィー』『デンタルレントゲン』でも『平面』でしか表すことができないため、骨の吸収が多くあると考えられる場合には どうしても診断が確実ではありません。

そこで、模型のように『立体的』であり、また 必要な部分が『輪切り』になっていれば、インプラント手術を行う際にはかなりの情報になります。
『CT撮影』は、今までの通常のレントゲンでは 診査できなかった状態を見れるものです。

はじめに

CTレントゲン撮影についてさらに詳しく!

CTとは(Computed Tomography)の略で、
レントゲン情報をコンピュータ処理し、撮影した部位を『立体的』『輪切り』状態で見ることができる装置です。
『立体的』とは、3D画像であり、
『輪切り』とは、野菜等を薄く スライスするようなことです。
薄くとは ものすごく薄く撮影することができます。
約0.1ミリまでも薄くスライスできます。
インプラント治療においては、そこまで薄くスライスして撮影する必要性はありませんが、0.5~1.0ミリ程度まで薄くスライスした画像を使用しています。

また『CT撮影』は、骨の情報以外にも『神経の位置を確認』することもできます。
特に 下顎にインプラントを埋入する際には この情報は役立ちます。
安全にインプラント手術を行うためには この神経の位置を立体的に把握することは大切です。
骨の『高さ』『幅』が十分ある場合には、特に問題となることはありませんが、骨の状態が悪い場合には『CT撮影』は必要です。

『CT撮影』で骨密度の検査!

上記では、『CT撮影』により『立体的』『輪切り』状態のレントゲン情報を得ることができることを書きました。
『CT撮影』では、インプラント治療において さらに重要な情報を得ることができます。
その一つが『骨密度』です。
簡単に言えば、『骨の硬さ』です。
インプラントは、骨に中にチタンでできたものを埋め込む治療です。
これは。骨折した部位を チタンのプレートで固定するのと同じです。
骨には『硬い骨』『柔らかい骨』があります。
『どちらの骨がインプラントに適しているか?』
ということは難しいことですが、
『硬い骨』『柔らかい骨』のそれぞれの特徴を 簡単にお話します。
基本的に『硬い骨』はインプラントにとっては良いことです。
それは インプラントの安定が良いからです。
良く患者様にお話する『例え』は
インプラントは、家を建てるための基礎の『柱』で、
骨は柱が立つ、『土』です。
やはり、硬いしっかりとした『土』の上に柱を打ち込みたいですよね。
基本的には インプラントもそうです。
『CT撮影』ではこのような『骨密度』の情報を得ることができます。

インプラントを行う際には、骨の硬さがインプラントの治癒を大きく左右します。
上顎の骨は、多くの場合軟らかいことが多く、インプラントの安定には適しているとは言えません。
しかし、軟らかい骨の方が血液の循環が良いことが多く、治りとしては良いということになります。
一方 下顎は、骨の質としては硬く、インプラント埋入直後の安定は良いのですが、硬い骨は、血液の循環が悪いことがあり、治癒としては良くない場合があります。
しかし、硬いといってもその差はあり、非常に硬い骨でなければ得に問題は起りません。
『CT撮影』ではこの骨の状態を1ミリ以下の範囲で評価することが可能になります。
これは、通常のレントゲン撮影では 絶対に得ることのできない情報です。
骨の状態が悪いインプラント治療を行う際には 大変役立つ情報です。

『CT撮影』で骨密度の検査

コンピュータによる最先端インプラントシュミレーションソフト!

『CT撮影』は、以前からあったもので、
だいぶ前から インプラント治療の際にも使用されてきました。
しかし、実際に『CT撮影』したデータをインプラント治療のために処理するソフトは ほとんどありませんでした。
2000年頃からそうした『CT撮影』したデータを処理する『インプラントシュミレーションソフト』のレベルが向上してきました。
また、2005年頃から臨床においても十分利用できる『インプラントシュミレーションソフト』ができてきました。
これは、インプラントの普及とともに向上してきました。
その先駆けが 当医院でも使用している『SimPlant(シンプラント)』という
インプラントシュミレーションソフトです。
この最先端インプラントシュミレーションソフトを使用すると
さまざまなことができます。
例えば、下の写真のように『顎の立体模型』を作製することも可能です。
写真の模型は下顎です。
模型自体を 透明な樹脂で作製します。
中に見える赤いものは神経です。
透明なことにより、神経の走行まで はっきりと確認ができます。
この模型は原寸大ですので、担当歯科医師が、実際に治療前にシュミレーションでインプラントの埋入ができます。
あらかじめ患者様に行うインプラント治療を同じ条件でできるため、非常に有効な検査です。
これ以上の検査はないと言っても良いでしょう。
患者様とまったく同じ状態が再現できるのですから

コンピュータによる最先端インプラントシュミレーションソフト

最後に!

『CT撮影』は、全てのインプラント治療において行う必要性はありません。
その理由は少量ですが、『レントゲン被爆』があるからです。

私達が通常 虫歯や歯周病で行うレントゲン撮影による影響は 非常に微量なもので、人体に影響を及ぼすようなものではありません。
こうしたレントゲン撮影を『デンタル撮影』『オルソパントモ撮影』と言います。
どこの歯科医院でも通常行っている撮影方法です。
しかし、『CT撮影』は、そうしたレントゲン撮影と比較すると何十倍以上のレントゲン被爆をします。
もちろん1回、2回こうした撮影を行っても直接人体に影響はありませんが、
必要がなければ、わざわざ『CT撮影』を行う必要性はありません。
『CT撮影』が必要な場合は、
骨の吸収がひどく、GBR法を行う必要性があったり、
事前に骨の状態を把握する必要性があったり、
上顎洞底挙上術を行うために 上顎洞の形態を把握するためや、
下顎の場合で、インプラント埋入予定部と神経(下顎神経)が近接している場合等です。
特に 下顎では、神経の走行状態や 骨の形態をきちんと把握できないと大きなトラブルになります。
大きなトラブルとは
『下顎神経の損傷』『血管の損傷』等です。
『下顎神経の損傷』を起こすと、知覚がなくなったり、しびれが残ることがあります。
『血管の損傷』は 最も重大なことで、出血多量を引き起こす可能性があります。
もちろんこうしたことは 通常起ることではありませんが、
安全第一ですから、通常のレントゲン撮影では 診断が確実でない場合には
『CT撮影』を行う必要性があります。
また、『CT撮影』だけでなく、
先程あった『シュミレーション模型』があれば、もっと良いでしょう。

PAGE TOP