インプラント治療

インプラント症例

症例3:全ての歯がない場合の治療法

総入れ歯をしている方でなんでも良く噛めて不満がない。という方は非常に少ないと思います。食事中や会話中に入れ歯が安定せず、はずれてしまう等の不満は必ずあると思います。また総入れ歯は長期の使用により噛み合わせが不安定になったり、顎の骨の吸収を早めたりします。インプラントはそうした場合にも適しています。無歯顎(何もない部分)に2本~4本のインプラントを挿入し、それを固定にして入れ歯を作製する方法や、数本のインプラントを挿入し、入れ歯自体をなくすことも可能です。
いままでの入れ歯の不満が一気に解決します。

症例3:全ての歯がない場合の治療法

『インプラントの上にオス、入れ歯の内側にメスのアタッチメントがあり、それにより入れ歯は非常に強固に固定されます。食事中にはずれたりすることがなく、入れ歯の不満から解消されます。』

写真1 写真2 写真3

PAGE TOP