インプラント治療

インプラント治療(基礎編)

インプラントの手術方法(1回法と2回法の違い)

インプラントの手術方法には1回法と2回法があります。

その名の通り、1回の手術を必要とする場合と2回の手術を必要とする場合の2つの方法があります。様々なホームページで1回法が良い、2回法が良いといった意見がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

どちらの治療法が良いということではありません。

先に結論から話しますが、どちらの治療法が良いということではありません。もともとインプラントは1950年にスウェーデンの化学者ペル・イングウァール・ブローネマルク博士によって発見されたもので、その当時は2回法でした。このインプラントシステムはブロネマルクインプラントといい、最も歴史のあるインプラントであり、研究や臨床報告も非常に多数あり、現在でも最も信頼性のあるインプラントのひとつです。

在日本において30種類以上のインプラントが使用されていますが、I.T.Iインプラントはその中でも最も研究報告が多く、優れたインプラントと言えるものです。

その後2回法の欠点を補うべくスイスから1回法のインプラントが開発されました。これがI.T.Iインプラントです。現在日本において30種類以上のインプラントが使用されていますが、I.T.Iインプラントはその中でも最も研究報告が多く、優れたインプラントと言えるものです。
つまり、1回法、2回法というものはもともとはインプラントの開発コンセプトの違いから生じたものです。現在のインプラントの多くはブロネマルク、I.T.Iを模範して作られたものです。

当医院ではI.T.Iインプラントを使用しています。その理由は顎の小さい日本人には適しているインプラントであることと、歴史的な背景(研究成果)、臨床成績に非常に優れたものであること、治療期間が短いことが上げられます。

その他のインプラントがダメということではありません。私たち歯科医師自身も使用するインプラントを選択するためにはいろいろな条件のもとに選択をしていきます。インプラント自体の器具の料金もその選択肢に入ります。安いインプラントであれば治療費自体も安くできます。(医療以外では当たり前ですが)しかし、体(骨)の中に埋め込む医療器具ですから先ほど説明した信頼(研究と臨床の使用期間からの実績)が何より重要になってきます。その信頼を見極めるには、『そのインプラントがどのような経緯で基礎研究がなされてきたのか?』『臨床において世界中でどの程度使用されているのか?』『臨床使用年数はどれくらいで、問題はおきているのか?』『正確な判断ができる臨床機関での成功率はどれくらいであるのか?』から判断します。
話は長くなりましたが、まず歯科医師自身がどのインプラントを使用(選択)するかによって1回法か2回法かが決まります。

1回法と2回法の違い

次に1回法と2回法の違いを図で解説します。左側が1回法で右側が2回法です。

以上が1回法と2回法の治療の違いです。しかし、当医院で使用しているI.T.Iインプラントでも2回法を使用することがあります。
それは骨の高さや厚さが不足している場合などの骨再生法(GBR法:GBR法のページを参照)が必要な場合です。GBR法をインプラントと併用する場合は感染のリスクがあるため、I.T.Iインプラントでも2回法で行います。
以上のことから1回法と2回法とはどちらが優れているのではなく、インプラントメーカーの開発コンセプトによって違いがあることと、GBR法等の治療の併用によって異なるということです。

PAGE TOP