喫煙と歯周病、インプラント

喫煙の口腔内への害

1、カタル性口内炎

カタル性口内炎タバコの煙は強い刺激性を持ち粘膜を刺激するため口蓋粘膜が腫れ、口の中全体が厚みをまします。

2、白板症

粘膜の刺激が続くと粘膜の細胞が異常をきたし、白い板のような形態をとるようになります。白板症の5~10%が口腔癌になります。

3、口腔内カンジダ症・歯周病

タバコの煙は口の中の免疫機構を破壊して病原体の繁殖を助けます。

通常は病原性を持たないカンジダとカビの異常繁殖を招き、白色斑やびらんを伴う口腔内カンジダ症を起こします。免疫の減退は歯石や歯垢の蓄積も促進し、歯周病を発生させます。特に喫煙開始年令が低いほど、免疫の減退は強く起こり、歯肉の炎症反応(発赤、腫脹)が現れずに、骨吸収が強くあらわれる特有の病体を示します。タバコそのものの臭いと歯周病の臭いが混ざり、ときとして強い口臭を放ちます。虫歯もできやすくなり、若くして歯を失う可能性が増加します。
喫煙者の歯周病は通常の歯周病治療に反応しにくく、いったん治療が成功しても、すぐに再発してしまう傾向があります。

 このレポートは、実践社刊吸う人と吸わない人のたばこ病タバコ問題センターその他を参照して、作成されています。

PAGE TOP