歯周病治療

歯周病について

歯周病菌はどこから感染するの?

ほとんどの菌が外来から感染を起こします。

歯周病菌はどこから感染すると思いますか? 例えば若年性歯周病の原因菌とされているアクチノマイセテムコミタンス菌は大人から大人へと感染することはなく、 まだ永久歯が生えそろわない、10歳程度の時期に大人から子供へ感染することが最近の研究により報告されています。 これは子供の口腔内はまだ細菌グループが安定しておらず、健康な細菌のグループが定着していないため外来から感染を起こします。
また、抗生物質を長期使用していた場合などは、口腔内の健康な細菌のグループがいったんなくなるため、 新たに細菌の環境がそろう前に感染する可能性があります。

私達は生活する上で細菌感染から完全に逃げることはできません

成人型の歯周病菌の代表的な菌であるジンジバリス菌は非常に長期間の親子や夫婦から感染すると考えられています。
しかし、私達は生活する上で細菌感染から完全に逃げることはできませんし、それを完全に排除する必要性もないと思います。 後で説明しますが、口腔内に細菌がいないことは逆に健康な状態ではないのです。

口腔内に細菌がいないことは逆に健康な状態ではないのです。

歯周病治療のための細菌除去とは全ての菌を除去するのではなく、骨を溶かしたりしている細菌のみを除去し、 後は新たな菌の感染を防ぎ、細菌とうまく共存していくことです。つまり外来から感染したとしても歯周病が進行しないような 口腔内環境を保つことが大切なのです。
つまり骨を溶かすような歯周病菌が繁殖しやすい場所は歯周ポケットが深い場所なのです。 歯周ポケットが深い場所は細菌が生活するのに非常に適した場所なのです。 こうした場所をなくして、後はブラッシングにより新たにポケット内に感染しない環境を作ることが最も大切なのです。

歯垢(プラーク)中に見られる組織

歯垢(プラーク)中に見られる組織

歯周病治療

PAGE TOP