歯周病治療

歯周病の治療

歯周病でグラグラしている歯の固定

歯周病になると歯を支えている骨が吸収します。
臨床的には、"歯がグラグラ"としてきます。
以下写真の 上は、健康な方のレントゲン写真で、
下の写真は、重度 歯周病の方のレントゲン写真です。
歯周病のレントゲン写真は、骨の吸収があるのが分かるかと思います。

健康な方の写真
重度歯周病の方の写真

それでは、歯周病の治療を行うとこの"グラグラ"は治るのでしょうか?
また、吸収した骨は、回復するのでしょうか?

答えとしては、基本的には 歯のグラグラは治りません。
また、吸収した骨も基本的には回復しません。

基本的には というのは、歯がグラグラする原因は、骨の吸収だけではなく、噛み合わせ 等 が原因になっている場合もあるからです。
こうした場合には、噛み合わせを治すことにより、グラグラがなくなることもあります。

また、吸収した骨も感染物質を取り除くルートプレーニングフラップ手術を行うことにより、回復(再生)することもあります。

さらに、GTR法エムドゲイン法の 骨再生治療を行えば、骨の再生も可能です。
ただし、GTR法エムドゲイン法には適応症があります。
魔法の治療法ではありませんので、どのような状態でも骨が再生するということではありません。

さて、話は戻ります。
骨吸収により グラグラした歯 をそのままにしておくと、歯には負担がかかってしまいます。
このようなグラグラしている状態を『咬合性外傷』と言います。
簡単にお話すると『打撲』です。
歯周ポケットが改善しても『咬合性外傷』改善しなければ歯はダメになってしまいます。

そこで、グラグラしている歯 と そうでない歯 を 連結することが有効です。
ただし、グラグラしている歯同士を固定しても効果はありません。

問題となるのは、全体的にグラグラしていた場合です。
この場合には、全体的に固定することが有効です。
前歯のみ、奥歯のみだけで固定すると 固定した部分ごと グラグラ と動いてしまいます。
固定の具体的な方法としては、前歯部 と 奥歯 を連結することです。
こうした治療法を専門用語で"クロスアーチスプリント法"といいます。

以下は、歯周病で固定した症例になります。

初診時

初診時写真
初診時レントゲン

治療終了後

治療終了後写真
治療終了後レントゲン

歯周病治療

PAGE TOP