歯周病治療

院内感染情報

エイズウイルス(HIV)

みなさんご存知のエイズウイルス(HIV)です。
エイズウイルスの詳細は省き、感染予防策に効果ある薬液についてお話します。
エイズウイルスは、感染者の血液精液膣分泌液唾液母乳に認められます。
血液と精液は同量のウイルスを含み、唾液はその 1/10 といわれています。
感染力弱いため、針刺しによる感染率は 0.13~0.7% とされています。
有効消毒薬としてWHOが推奨しているものは

  1. 次亜塩素酸ナトリウム(0.5%:10~30分)
  2. ホルムアルデヒド(5%:10~30分)
  3. 消毒用エタノール(70%:10~30分)
  4. グルタラール(2%:10~30分)
  5. 煮沸消毒:20分
  6. 高圧蒸気滅菌(121℃:20分)
  7. 10%及び1%ポビドンヨード液

感染予防対策については、以下を参考にして下さい。

歯周病治療

PAGE TOP