歯周病治療

歯周病の進行

歯周病の進行の程度について

歯周病の進行程度はポケット(歯と歯肉の境の溝)の深さの測定を行うことにより、 判断します。ポケットの深さが深ければ深いほど歯周病は進行しているということです。 その進行したポケットの中に歯周病菌がひそんでおり、歯肉を腫らすとともに、歯を支えている骨を溶かします。

  • 歯肉炎

    歯肉炎

    ポケット(歯と歯肉の境の溝):1~3mm
    歯肉が炎症を起こしており、歯ブラシにて出血することがあります。
    しかし、歯を支えている骨は溶けておらず、歯肉のみの炎症です。
    歯ブラシをしっかり行うことと、歯石を除去することで治ります。

  • 歯周病(軽度)

    歯周病(軽度)

    ポケット(歯と歯肉の境の溝):3~4mm
    歯肉の炎症が進み、歯を支えている骨の吸収が起こってきてます。
    この段階であればきちんと治療を行えば、大きな問題にはなりません。
    歯肉の下にある歯石を機械的に除去します。

  • 歯周病(中程度)

    歯周病(中程度)

    ポケット(歯と歯肉の境の溝):5~6mm
    歯を支えている骨もかなり溶け始めてきています。歯周病の専門の治療が必要です。
    歯肉が腫れる、出血がある、歯がぐらぐらするといった症状もでる時期です。

  • 歯周病(重度)

    歯周病(重度)

    ポケット(歯と歯肉の境の溝):7mm以上
    かなり進行した歯周病です。
    歯を支えている骨の吸収もだいぶ進んでいます。
    場合によっては抜歯となる可能性もあります。
    歯周病の専門の治療が必要です。

歯周病治療

PAGE TOP