歯周病治療

歯周病について

歯周病はバイオフィルムによる感染症

バイオフィルムとは?

バイオフィルムとは『細菌などが集まってできたヌルヌル、ネバネバした塊』のことです。
そう言ってもピンとこないと思いますので、私達が生活する上で存在するバイオフィルムの話しをします。台所や風呂場の清掃を少ししないでいるとそこは、ヌルヌルとしてきます。そのヌルヌルを除去しようと思っても、塩素系の薬剤等を使用しない限り、ブラシのみではなかなか取除くことは困難であると思います。この除去しづらいヌルヌルがバイオフィルムです。歯の表面や歯周ポケット(歯周病の進行の項目参照)内部にも同様のバイオフィルムが形成されます。

バイオフィルムの内部には複数の細菌が生息しています。
バイオフィルムという家の中で複数の細菌が共同生活をしていると思って下さい。 問題なのはバイオフィルムは薬剤や殺菌剤などの外敵から身を守るためにバリアとして働いていることです。かなりの高濃度の薬剤でもない限り、内部の細菌を殺すことは困難です。

ではどうしたらバイオフィルム内部の細菌を除去できるのでしょうか?
答えは簡単です。歯ブラシやフロス等で機械的にこすり、除去することです。しかし、歯ブラシだけで完全にバイオフィルムを除去することはできないと言われています。特に歯周ポケットの内部には歯ブラシは届きませんのでバイオフィルムの内部の細菌を除去することはできません。
歯周病を治すには単に消毒だけしたり、その部分に薬を入れるだけではなく、このバイオフィルムを専門的に除去(歯周病の治療の項目参照)していく必要性があります。

バイオフィルムによる歯周病の進行を止めるにはどうすれば良いのか?

ここでは歯周病や虫歯の予防方法であるP(M)TCについて説明します。
バイオフィルムによる歯周病の進行を止める具体的な方法は(歯周病の治療の項目参照)を参考にして下さい。

P(M)TCとは?

P(M)TCとはProfessional(Mechanical)Tooth Cleaningの略
P(M)TCとはProfessional(Mechanical)Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士のように特別に訓練を受けた専門家が器具やペースト(フッ素入り歯面清掃剤)を用いて歯面および歯周ポケット内部に存在しているバイオフィルムを機械的に除去することを言います。P(M)TCは大きく分けて、治療としてのP(M)TCと定期検査としてのP(M)TCがあります。
治療としてのP(M)TCは歯周病の治療の項目を参照して下さい。ここでは定期検査(メインテナンス)としてのP(M)TCの話しをします。

歯ブラシだけでバイオフィルムを完全に除去することは非常に困難とされています。
先に説明したように歯ブラシだけでバイオフィルムを完全に除去することは非常に困難とされています。そのため歯科医院にてバイオフィルムを定期的に除去することは非常に重要なことで、虫歯や歯周病の予防の第一歩になります。 そのためにはメインテナンス (詳細はメインテナンスの項目を参照)を受けられるのは非常に有効なことです。
定期的にバイオフィルムを除去(フッ素の併用も必要)することで虫歯の予防と歯周病の管理ができます。

P(M)TCの実際

スケーリング

スケーリング

いわゆる歯石の除去のことです。
定期検査や予防処置の始めに行う治療です。
超音波スケーラーと言うマイクロ振動と水圧により歯面や歯根面に付着している歯石とともにバイオフィルムの除去を行います。(写真1)

ルートプレーニング

ルートプレーニング

歯肉の深い部分に存在する歯石やバイオフィルムを確実に除去することは困難なことです。そのためキュレットと言われる。専用器具を用いてバイオフィルムの破壊を行います。(図1、写真2)

ポリッシング

ポリッシング ポリッシング 写真3 ポリッシング 写真4

歯石やバイオフィルムを除去した表面はざらざらしています。ざらざらしている状態は再度汚れが付着しやすいので表面を器械や歯ブラシ等でツルツルに磨き、歯石やバイオフィルムが付着しにくいようにします。(写真3)
またポリッシング時や虫歯予防のためにフッ素人りのペーストを歯面に塗り込みます。(写真4)

歯周病(軽度)
歯周病(軽度)
ポケット(歯と歯肉の境の溝):
3~4mm

歯と歯肉の溝に細菌が集まりバイオフィルムが形成されると細菌が放出する酵素により歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットができます。
歯周病(中程度)
歯周病(中程度)
ポケット(歯と歯肉の境の溝):
5~6mm

ポケット内部でバイオフィルムが増殖すると、細菌を食べる多形核白血球や抗体が登場します。白血球は酵素を分泌し、細菌を攻撃しようとします。しかし、細菌はバイオフィルムのバリアーにより保護されているため、白血球の攻撃を受けません。逆に白血球が出す酵素により歯肉が破壊され、歯肉の炎症はさらに拡大します。
歯周病(重度)
歯周病(重度)
ポケット(歯と歯肉の境の溝):
7mm以上

免疫細胞や抗体は細菌を攻撃し続けますが、バイオフィルムのバリアー効果により、細菌はダメージを受けません。それどころかバイオフィルムはどんどんと巨大化して行きます。その結果炎症は深部へと進行し、歯周ポケットはさらに深くなり、最終的には骨の吸収が始まります。
こうなると歯がぐらぐらしてきます。
バイオフィルムは歯ブラシの届かない部分でどんどんと増殖して行くのです。

歯周病治療

PAGE TOP