自家歯牙移植

自家歯牙移植

自家歯牙移植とは

他の歯を削らずに、親知らずを抜歯して歯の抜けたところに移植をする方法です。

歯の抜けたところを処置するために他の歯を削らずに、親知らず(親知らずがない場合は他の歯を使用することもあります)を抜歯して歯の抜けたところに移植をする方法です。使えない歯を抜いた部位に抜歯と同時に移植できます。3週間程度移植歯を動かさないように固定します。その後根管治療や歯冠部の大きさをあわせるための冠を被せたりします。自己の歯を使用するため生体適応性が高い治療法です。

自家歯牙移植とは

PAGE TOP