予防歯科

なぜ虫歯になるの?

なぜ虫歯になるの?

虫歯は下図のように「食物(糖質)」、「宿主(歯)」、「細菌(ミュータンスレンサ球菌)」の3つが存在することにより発生します。

どれかがなければ虫歯にはなりません。
しかし、完全に糖質を取らないことは不可能ですし、虫歯菌は個人によりその数は違いますが、口の中に存在します。
このミュータンスレンサ球菌は食物(糖質)を利用して”デキストラン”という水に溶けない物質を作ります。
デキストランの中でミュータンスレンサ球菌は歯面に付着し、糖質をえさにしてどんどん増えていきます。 そして歯を溶かす”酸”を作ります。私達が歯垢と呼んでいるものはミュータンスレンサ球菌のかたまりなのです。

虫歯の仕組みイメージ

PAGE TOP