最新インプラント症例ブログ

2020年4月2日

本日のインプラント症例アップ

2020年 4月 2日(木曜日)です。
 
このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。
 
本日もここ数日行なったインプラントオペをアップします。

当院では、院内の感染予防を徹底して行いながらインプラント関連の治療を行なっております。

以下が治療前です。
下顎左側の奥歯の欠損部にインプラント治療を行いました。

この患者様は重度の歯周病であり、
インプラント治療前には、徹底した歯周病治療を行い、
歯周病細菌による感染を最小限に抑えた上で
インプラント治療を開始しました。

 
 以下が選日行なったインプラント治療直後です。

 
当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。

次のケースです。
以下は治療開始前です。

下顎左右の奥歯が欠損しています。

本症例は、少し前にもアップしました。
下顎の右側に先に2本のインプラントを行なってあります。
この時のオペ直後が以下です。

今回のようなケースの場合、
左右側を同時にインプラントオペを行うこともありますが、
左右別々に行う場合もあります。

どちらが良いかは、
患者様のご希望にもよります。

以下は、
先日に下顎左側に2本のインプラントを追加した直後です。

今後インプラントと骨が結語するまで
 もう暫く待ちます。

 
クリックでの応援よろしくお願い致します
 

上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)
 
インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。
 
インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細
 
インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。
 
治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。
 
当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。
 
 
 
 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)
 
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
 
  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。
 
  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。
 
  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。
 
 
 
 
大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
 
神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法  サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。
 

2020年3月5日

ここ数日間のインプラント治療

2020年 3月 5日(木曜日)です。
 
このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。
 
ここ数日間のインプラントになります。
 
 
ここ数日間行われたインプラント手術についてアップします。

まず1症例目です。
下顎左右の奥歯に義歯(入れ歯)をされている患者様です。
義歯の使用が嫌でインプラント治療を行いたいとのご希望があり、
来院されました。

下顎右側が2歯欠損、
下顎左側が3歯欠損しています。

通常こうした場合、
以下のようなプランを立てます。
下顎右側の2歯欠損には、2本のインプラントで2歯分の被せ物、
下顎左側の3歯欠損には、2本のインプラントで3歯分の被せ物(インプラントブリッジ)

患者様もこのようなプランでご納得されました。
そこで治療を開始するわけですが、
治療の進め方には2つの方法があります。

一つは、左右を同時にインプラント手術をする方法です。
もう一つは、右側と左側を別々の日に手術するという方法です。

それそれには、利点、欠点があります。

左右を同時にインプラント手術をする方法の利点として、
1. 治療期間を最大限短くすることが可能
  やはり治療期間が短いということは、患者様にとって大きな魅力です。

2. 手術回数が1回で済む
  これも大きな利点ですよね。
  何回も手術を行いたいと思われる方は少ないです。

実際に多くの方が左右同時をご希望されます。

しかし、左右同時のインプラント手術には欠点もあります。

通常、義歯をご使用されている方の場合、
インプラント手術直後から義歯のご使用は可能ですが、
できる限り控えていただいた方がより安全性が高いです。

インプラント手術直後に歯肉が腫れると義歯がはいりませんので、
義歯の内面を削除して隙間を作ります。

こうすることで、もし腫れても
義歯が使用できます。

しかし、義歯の内面を削除するため、
今までよりは、使いにくいです。

また手術直後から抜糸するまでは、
手術部位では硬い物を食べるのを避けていただきます。

これが片側だけであれば、
手術していない側で食べれば良いのですが、
左右両方とも一度に手術した場合には、食べにくくなってしまいます。

1回で手術を行うか
2回に分けるかは、
それぞれの利点、欠点がありますので、
患者様に説明させていただき選択していただきます。

本症例では、左右別々をご希望されました。

次に問題となったのが
右側の欠損部手前にある歯の傾きです。
歯が斜め担っているため、インプラントを埋め込む位置に若干注意が必要でした。

以下が先日行なったインプラント手術同日のレントゲンです。

1週間から10日程度で抜糸し、
その後に左側のインプラント治療にはいります。

次のケースです。
治療の進め方に工夫が必要な症例でした。

以下が治療開始前のレントゲンです。

上顎左側のブリッジがグラグラしていました。

どのような形のブリッジになっていたのか
と言いますと
以下の×印が欠損しています。

そして、
以下の●印の歯を土台として、
ブリッジを作成してあるのです。

問題となっているのが上顎左側の一番奥歯です。
歯根破折していました。

抜歯が必要な状態でした。
患者様は、抜歯にご納得して懐き、
抜歯後には、インプラント治療をご希望されました。

義歯は、嫌とのことでした。

ここで問題となるのが、抜歯後です。
当然歯が欠損してしまいます。

インプラント治療は、抜歯後に1日で終わるわけではありません。

治療期間がかかります。

治療期間は、上顎と下顎では多少違いますし、
骨の状態や
すでに歯が欠損しているのか
抜歯してからインプラントを行うのか
によっても変わってきますが、

通常、
下顎では約3ヶ月以上、
上顎では約4ヶ月以上
の治療期間がかかります。

その間をどうするか?
ということも大切なことです。

治療期間中に歯がなかったり、
噛めなかったりすることはできる限り避けたいことです。

本ケースでも
患者様は、治療期間中に義歯のご使用は希望されず、
歯がない状態もご希望されませんでした。

そこで抜歯はせずに ブリッジの仮歯を作成して
インプラント手術を行うことにしました。

以下のような計画です。

まずは、現在入っているブリッジを撤去して、
撤去した当日に固定式の仮歯を作成します。

この仮歯を仮の接着剤でつけます。

そして、インプラントの手術時には、仮歯を外して、
インプラントを埋め込みます。

インプラント手術直後も仮歯を戻しますので、
手術当日から
噛むことが可能ですし、
審美的に問題は生じません。

以下が先日行った手術直後です。

インプラントが骨としっかりとくっついたら
奥歯の歯根破折している歯を抜歯します。
そして、抜歯と同時にインプラント部分に仮歯を作成します。

こうしたことによって、
歯がない期間を完全に無くします。

本日は、もう少し時間があるので
追加で症例を紹介します。

次のケースは非常に簡単でした。
下顎の右側の奥歯です。

患者様は、義歯を使用していますが、
どうしても義歯に慣れないとのことで
インプラント治療をご希望されました。

以下が先日のインプラント手術直後です。

もう1ケース紹介します。
最後です。

上顎右側の奥歯が欠損している方です。
以下が初診時です。

この方の場合、
骨の状態に問題がありました。

緑線が上顎洞
赤線が骨吸収した現在の位置です。

この
font color=”green”>緑線が上顎洞 と
赤線が骨吸収した現在の位置
については、以下から先週のブログを参考にして下さい、
2020年 2月27日(木曜日)上顎の奥歯の骨吸収が大きい場合のインプラント治療:ソケットリフト法

骨の高さが3ミリしかありませんでした。

そこでソケットリフト法 を併用してインプラント治療を行う計画を立てました。

以下が先日行ったインプラント手術直後です。

本日のブログはこれで終了です。

毎日のようにインプラント治療を行っています。

次回のブログもお楽しみに!

当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。
 
 
 
 
 
クリックでの応援よろしくお願い致します
 

上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)
 
インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。
 
インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細
 
インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。
 
治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。
 
当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。
 
 
 
 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)
 
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
 
  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。
 
  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。
 
  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。
 
 
 
 
大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
 
神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法  サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。
 

2020年2月27日

上顎の奥歯の骨吸収が大きい場合のインプラント治療:ソケットリフト法

2020年 2月27日(木曜日)です。
 
このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。
 

本日は、上顎の奥歯が欠損している患者様で、
骨吸収が大きく、長いインプラントを行うことが難しい場合で、
ソケットリフト法とGBR法を併用してインプラント治療を行なったケースです。

また本症例は、
抜歯の後の義歯の状態をできる限り避けるために様々な工夫を行なっています。

このケースは以前途中までアップしたことがある症例です。

以下が初診時です。

上顎左右奥歯が欠損しています。

また上顎の前歯は、かなりグラグラです。

患者様は、インプラント治療をご希望されました。

ここで問題となるのが骨吸収です。

まず上顎左側の奥歯の骨吸収状態からみていきます。

はじめに骨吸収が起こる前の骨の位置を青線で書きます。
本来ここまで骨はあったのです。

それが現在の骨の状態が以下です。
赤線まで骨吸収してしまっています。

歯周病が進行したり、
歯の根が折れてしまったり(歯根破折)
等 悪い状態が続くと骨が吸収していきます。

また骨吸収以外にもインプラント治療を困難にする原因があります。

その一つが上顎洞です。
以下の緑線が上顎洞です。

上顎洞は、
上顎の奥歯の上方にある空洞のことです。

抜歯をしてもある程度骨の高さが維持されることもあります。

しかし、以下のように上顎洞が下がってきてしまい、
骨の高さ減ってしまいます。

こうなるとインプラント治療が困難になってしまいます。

そこで上顎洞内部に人工骨 等を入れて
骨の高さを増大させる方法を行います。
これをソケットリフト法 と言います。

ソケットリフト法 を行い、インプラントを埋入するのです。

今回のケースをみていきましょう。
もし、骨吸収がなければ、
上顎洞まで十分な高さの骨があります。

そのため、十分な長さのインプラントも行えます。

しかし、現在は、骨吸収 等の問題があるため、
骨の高さは十分ではありません。

そのため、現状では
短いインプラントとなってしまいます。

そこでソケットリフト法 を行い、インプラントを埋入する計画を立てました。

ソケットリフト法 を行うことで、長いインプラントを埋入しようという計画です。

以下が上顎左側の奥歯にインプラント治療(手術直後)を行なったレントゲン所見です。

他にも大きな問題があります。
前歯はグラグラなのです。

抜けそうな状態です。

もう手で触っても抜けそうな状態でしたので、
抜歯と診断しました。

患者様は、抜歯後にはインプラント治療をご希望されました。

以下のようなインプラント治療プランを計画しました。

ここで問題があります。
抜歯してしまうと当然ですが、歯が欠損してしまいます。

こうした場合、抜歯前に型を取り、
義歯をあらかじめ作成しておきます。

そして、抜歯と同時に義歯を装着します。

このことで歯がない期間をなくします。

しかし、
患者様は、抜歯あとに
前歯に義歯を装着することはご希望されませんでした。

前歯は、義歯を外すと
歯がない状態になってしまいますし、

義歯は、
発音がうまくいかなくなる可能性もあります。

食事にも支障を生じる可能性もあります。

そのため、患者様は、
前歯は、義歯でない治療法をご希望されました。

そこで前歯が義歯になならないように
2段階でのインプラントち治療を行うことしました。

まず上顎右側の一番奥歯のみ抜歯します。
そしてこの部分にインプラントを行います。
前歯はグラグラしていますが、このままです。
義歯になるより、問題は少ないとの判断と患者様のご希望からです。

以下は上顎右側を抜歯した後です。

上顎左側のインプラント部分は、仮歯が入っているため、
しっかりと噛めます。

この次は、上顎右側にインプラントを埋め込む治療ですが、
さらに問題がありました。

骨吸収が非常に大きかったのです。

先程と同じように
上顎洞
骨吸収した現在の骨の位置
元々の本来の骨吸収する前の骨の位置
を見てみましょう。

ほとんど骨の高さがありません。
上顎右側の奥歯に2本インプラントを行う予定のうち

手前側の骨の高さは、約3ミリ、
奥の骨の高さは、約1ミリ しかない状態です。

通常、上顎の奥歯にインプラントを行う場合、
理想的には、長さ10ミリ以上のインプラントがあった方が安全性が高いです。
それが少ない部分ですと わずかに1ミリしかないのです。
左側と同様にソケットリフト法 を行うことにしました。

ソケットリフト法 は、インプラントを埋入する際に、同時に行う手法で、
1回のインプラント手術で、同時にソケットリフト法 を行うため、治療回数がかかる訳ではありません。

以下が治療後です。

上顎右側には、
奥の方で長さ 8ミリのインプラント、
手前の方で長さ 10ミリのインプラントが
埋入できました。

できればもう少し長いインプラントがベストですが、
今後上顎前歯に行うインプラントとブリッジで連結するため、
この部分に加わる負担は軽減できます。

今後は、上顎右側のインプラントが骨とくっついたら
前歯を抜歯した当日に
先に行なってある上顎左側とブリッジの仮歯を行う予定です。

これにより患者様は、
抜歯当日から
義歯をすることなく、治療が進められます。

この治療法は、治療期間は長くなりますが、
義歯を避けるといった点では過ぎれた方法です。

他にも抜歯した直後にインプラントを埋入する
抜歯即時インプラントという治療法もありますし、

インプラント埋入直後から仮歯を装着して、
噛むことが可能な
インプラント即時荷重という治療法もあります。

しかし、
これらの方法は、インプラントが骨とある程度きちんとくっつくことが前提であり、
今回のような骨の量がほとんどないようなケースでは、
抜歯即時も難しいですし、
ましてソケットリフト法と同時に仮歯で噛ませる(インプラント即時荷重)も難しいです。

インプラント治療には、様々な方法があります。

骨の状態によっても治療方法は大きく異なりますし、
患者様のご希望によっても変わってきます。

本日は話がかなりながくなってしまったので
これで終了になります。

続きままた後日。

 
 
当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。
 
 
 
 
 
クリックでの応援よろしくお願い致します
 

上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)
 
インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。
 
インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細
 
インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。
 
治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。
 
当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。
 
 
 
 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)
 
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
 
  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。
 
  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。
 
  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。
 
 
 
 
大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
 
神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法  サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。
 

2020年2月13日

上顎前歯部のインプラント治療:歯根破折を放置すると骨吸収が起こり審美性に問題を生じる

2020年 2月13日(木曜日)です。
 
このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

本日もインプラントの症例を見ていきましょう。
以下が初診時です。

上顎右側の前歯が取れたとのことでした。
以下の*印の歯です。

被せ物(差し歯)を取った状態が以下のレントゲンです。
歯根破折を起こしていました。

ここで問題なのは、歯根破折している場合、
早く抜歯することが大切です。

折れた部位から感染が起こり、
根(歯根)周囲の骨が吸収していきます。

この骨吸収は、インプラント治療に大きく影響していきます。

特に上顎前歯部の場合、骨吸収があると審美的に問題が起こります。

実際の骨の状態を線で書いて見ましょう。
青線は、本来の骨の位置です。
そして、赤線が骨吸収した現在の状態です。

この歯は保存が厳しい状態でしたので抜歯となりました。

骨吸収が大きいと
抜歯後は、歯肉は退縮します。

歯肉の位置を黄色線で書いてみましょう。

この後、
インプラント手術を行うとさらに骨は吸収していきます。

インプラント手術時には、骨を増大させる治療が必要です。
この骨の増大(再生)治療を
GBR法 と言います。

ただし、GBR法 は魔法の治療ではありません。
いくらでも骨ができる訳ではありません。

限界もあります。

また手術時に切開を行ったりすることで
歯肉の退縮も起こります。

そこで歯肉を増大させる治療法も必要になるのです。
歯肉結合組織移植 と言います。

以下が治療後です。

歯肉の退縮も問題ない状態まで回復されています。

しかし、できれば
GBR法
歯肉結合組織移植 も行わない方が治療は楽で簡単です。

そのため、悪い状態をできる限り放置させないことが重要です。

特に前歯部の場合、
骨吸収が治療後の審美性に大きく影響します。

当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。
 
 
 
 
 
クリックでの応援よろしくお願い致します
 

上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)
 
インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。
 
インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細
 
インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。
 
治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。
 
当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。
 
 
 
 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)
 
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
 
  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。
 
  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。
 
  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。
 
 
 
 
大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
 
神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法  サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。
 

2020年2月6日

インプラントの治療方法(治療プラン)は様々ある

2020年 2月 6日(木曜日)です。
 
このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。
 
このところ忙しくでブログをアップできませんでした。

今日の症例は、ここ最近行なったインプラント治療を紹介します。
また手術が終わった直後です。

今年も本当に多くのインプラント治療があります。

インプラント治療に関わらない日は、ほとんどないですね。

それだけ歯が欠損していてお困りになっている患者様が多いということです。

さて
何症例かご紹介します。

1症例目です。
多くの奥歯が欠損しているケースです。
患者様は、奥歯が欠損して噛めないとのことで来院され、
インプラント治療をご希望されています。
以下が初診時です。

以下の×印が欠損部位です。

非常に多くの歯が抜歯されていますね。
こうした場合、全ての欠損部にインプラント治療を行うことは理想的ではありますが、
全ての欠損部にインプラント治療を行うと
治療費用も高額になり、治療自体も大変になります。
そこでどこまでインプラント治療を行うかがポイントとなります。
患者様は、全ての欠損部ではなく、
上顎にある歯に合わせて、下顎のインプラント治療を行いたいとご希望されました。
以下がインプラント手術が終わった直後です。

次のケースを見ましょう。
下顎左側の奥歯のブリッジがグラグラで噛めないとのことでした。

下顎左側の奥歯は、抜歯が必要な状態でした。
虫歯が非常に大きく保存が難しい状態だったのです。


そこで以下のようなプランを考えました。

この方法ですと抜歯した後も
抜歯前と同じ状態で噛むことができます。
しかし、このプランですと治療費用がかかり、
難しいとのことでした。
そこで以下のように1本のみインプラントを行うことになりました。

ベストではありませんが、
これである程度の見た目は回復できます。
以下は、先日行なったインプラント手術直後です。

このようなインプラント治療プランは比較的多くあります。

次のケースです。
治療開始前です。

非常に多くの欠損があります。

欠損部全てにインプラントを行う場合、
以下のように大変多くのインプラントが必要です。
ベストではありますが…

患者様と話し合った結果、
以下のようなプランとしました。

患者様は、義歯は避けたいとの希望がありました。
しかし、欠損部全てにインプラント治療を行うと
どうしても治療費用が高額になってしまうため、
最低限、笑った時に歯がない状態を避けることを目的とした
インプラント治療となりました。
以下は
右側のみにインプラントを行なった後です。

この後上顎左側のインプラント手術になります。

こうしたケースも時々あります。

どのようなプラントがいいのかは、
治療費も含めて患者様と検討いたします。

次のケースです。
以下が初診時です。
問題がいっぱいの方でです。

診査の結果、以下の×印が抜歯の対象となりました。

抜歯した場合、以下のようにかなり多くの欠損となります。

もし、全ての欠損に対して、
インプラント治療を行なった場合には、以下のようになります。

大変ですよね。
そこで患者様と治療プランを考えた結果、
以下のようになりました。

可能な限り保険診療で対応したいとの希望がありました。
ただし、上顎の前歯の欠損だけは、
義歯を外した時に見た目に問題がないことと
前歯でしっかりと噛みたいとのご希望がありましたので、
前歯のみインプラント治療を行いたいとの希望でした。

以下がインプラント手術が終わった直後です。

このようなプランもあるのです。

患者様のご希望の上で、
最終的な治療計画を立てていきます。

 
 
 
当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。
 
 
 
 
 
クリックでの応援よろしくお願い致します
 

上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)
 
インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。
 
インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細
 
インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。
 
治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。
 
当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。
 
 
 
 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)
 
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
 
  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。
 
  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。
 
  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。
 
 
 
 
大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
 
神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法  サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。
 

2020年1月16日

骨吸収が大きい場合の奥歯のインプラント治療

2020年 1月16日(木曜日)です。
 
このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。
 
最近診療以外の仕事が立て込んでおり
中々ブログをアップできずにいます。

2020年最初のインプラントブログです。

今年も新年から毎日のようにインプラント治療を行なっています。

その中から先日行なったインプラント手術について解説します。

インプラント治療をご希望される方にとって
骨吸収がどれだけ進行しているかが今後の治療方針を大きく左右します。

インプラントは顎の骨の中にチタン製のネジを埋め込む治療です。
(非常に少数ですが、チタン以外のインプラントも存在します)

ネジの太さにはメーカーによっても違いますが、
私が使用している世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント では、
細いインプラントで直径3.3ミリ、
通常の太さのインプラントで直径4.1ミリ、
太いサイズのインプラントで直径4.8ミリ
となっています。

インプラントが問題なく、できるためには
インプラントのサイズ(直径)より2ミリ以上幅があることが必要です。

つまり直径4.1ミリのインプラントを使用するためには
骨の幅は、プラス2ミリ以上必要ですから
約6ミリの骨幅がないといけません。

実際には、6ミリ以上の骨の幅がないことが多いです。

そのため、骨吸収がある場合には、
細い直径のインプラントを使用するか
骨の増大(再生)治療を行うことが必要になります。

今回ご紹介するケースでも
吸収した骨の増大治療を併用してインプラント治療を行いました。

以下が初診時です。
下顎左右奥歯が欠損しています。

 
右側の奥歯が3歯、
左側の奥歯が2歯
欠損しています。

骨吸収も起こっていました。
赤線は、骨吸収した状態の位置です。

青線は、骨吸収する前の骨の位置を記載したものです。

以下の赤領域が骨吸収した部位です。

骨吸収が大きく生じているのがわかります。

また、下顎左側では、下顎神経の存在も問題となってきます。

以下のようなシュミレーションを行いました。

以下が先日行なったインプラント手術直後です。

下顎右側の奥歯は、骨吸収が大きかったので
骨の増大治療(GBR法)を行いました。

左側もいくつかの問題があったため、
工夫しながらの手術でした。

下顎左側の2本のインプラントのうち、
手前側は、真直ぐにインプラントが埋入されています。

しかし、奥歯は斜めになっています。

この理由ですが、
もし、真直ぐにインプラントを埋め込むと…

奥歯が斜めになっているため
埋め込む際に奥歯に器具がぶつかってしまいます。

型取り時にもぶつかってしまう

そのため、意図的に斜めに埋め込むことにしました。

また神経の管が通っているため
短いインプラントとなっています。

一つの治療の中でも様々なことを考慮して治療が必要になります。

当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。
 
 
 
 
 
クリックでの応援よろしくお願い致します
 

上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)
 
インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。
 
インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細
 
インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。
 
治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。
 
当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。
 
 
 
 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)
 
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
 
  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。
 
  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。
 
  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。
 
 
 
 
大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
 
神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法  サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。
 

2020年1月6日

電子マネー等支払い方法の追加のお知らせ

2020年 1月 6日(月曜日)です。
 
このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。
 
2020年から支払い方法に変更/追加がありましたのでお知らせ致します。

以下がご利用可能になりました。

 
 
 
当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。
 
 
 
 
 
クリックでの応援よろしくお願い致します
 

インプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)
 
インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。
 
インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細
 
インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。
 
治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。
 
当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。
 
 
 
 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)
 
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
 
  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。
 
  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。
 
  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。
 
 
 
 
大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
 
神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法  サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。
 

2019年12月23日

2019年〜2020年 年末年始 休診案内 / 休診中の連絡方法

大船駅北口歯科 年末年始休診案内

2019年 12月29日(日曜日)の午後15:00から
2020年  1月 4日(土曜日)まで
休診となります。

休診中の予約は以下サイトより予約が可能です。
大船駅北口歯科24時間オンライン予約

また 休診中のご相談 や 
通院中の方で緊急連絡(痛み、取れた等)は、
以下よりご連絡下さい。
緊急相談/診療相談

2019年 このインプラントブログでは、様々な情報をアップしてきました。

また、2019年も非常に多くのインプラント治療を行ってきました。
臨床はみな同じケースではなく、
患者様一人一人違ってきます。

骨吸収がほとんどなく、
インプラント治療が簡単なケースもあれば、
骨吸収が非常に大きく起こっており、
インプラント手術が大変になるケースもありました。

また、
歯周病が進行した状態の方に対するインプラント治療も多くありました。
私自身が歯周病専門医と言うこともあり、
歯周病が進行された方や
他の歯科医院で
「歯周病が進んでいるから抜歯しかない」
と言われた方で
「なんとか抜歯せずに歯を残したい!」
という強い思いがあり、来院される方もいらっしゃいました。

歯周病が進行されている方の場合、
すでに欠損部位がある場合もあり、
欠損部にインプラント治療をご希望される方も多いです。

「しっかりと噛みたい」
とご希望されるのは当然のことです。

しかし、この歯周病の方に対するインプラント治療は、
歯周病に問題ない方のインプラント治療とは少し違ってきます。

インプラントは、
虫歯になることはありませんが、
歯周病と同じような状態になることはあります。

インプラントが歯周病と同じようになる状態を
インプラント周囲炎と言います。

インプラント周囲炎が進行すると
インプラントを支えている骨が吸収してしまい、
最終的には、インプラントを摘出することが必要になることもあります。

そのため、歯周病が進行している方の場合、
インプラント治療前に必ず歯周病を治すことが必要です。

またインプラント治療はどうしても治療費が高額になってしまうことが
大きな欠点です。

そのため、多くの欠損がある方の場合、
全ての欠損に対して、インプラント治療を行うのではなく、
必要最小限で
最大の効果があるような治療プランを考えることも必要です。

2019年のブログでアップした症例の中にも
様々な工夫をしたケースがありますので、
ご興味のある方は、是非過去のブログをご覧になっていただければと思います。

さて、治療費を軽減するための方法として、
インプラントモニター制度をずっと実施しています。

実際に
このブログに掲載させていただいてます症例は、
インプラントモニターをご利用された方のケースがほとんどです。

インプラントモニターをご利用いただくことで
2019年9月までは、
インプラント手術費用を20%割引させていただいておりました。

そして
2019年10月1日からこの割引率を22%割引とさせていただくことにしました。

また暫定的ではありますが、
さらに治療費を抑えるプランを新しく行います。

それは、2020年に行う講演の症例データを募集です。

治療対象は、2020年の夏頃までに治療が完了する部位に対して
「2020年学会発表モニター価格」として
手術費用の30%割引を行なっておりますので
ご希望がございましたらご相談下さい。

*2020年学会発表モニターの締め切りは治療が終了するまで期間がかかりますので
 締め切りは、
 2020年 3月 1日までとなっております。
 また初診の方のみ対象とさせていただきます。
 ご希望の方は、担当歯科医師に直接
 「2020年講演発表モニター希望」とお伝え下さい。

 通常のモニターは22%割引となります。

2020年もまた
様々なインプラント症例をアップしますので
ご期待下さい。

 
 
当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。
 
 
 
 
 
クリックでの応援よろしくお願い致します
 

当医院でのインプラントモニター治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)
 
インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。
 
インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細
 
インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。
 
治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。
 
当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。
 
 
 
 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)
 
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
 
  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。
 
  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。
 
  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。
 
 
 
 
大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
 
神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法  サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。
 

2019年12月21日

骨吸収が大きい場合のインプラント治療

2019年12月19日(木曜日)です。

今年もあとわずかですね。

12月も終わろうとしていますが、
当医院でのインプラント治療は毎日のようにあります。

来週末までインプラント手術の予約が入っています。
毎年ですが、
休みの前に手術したいと考えられている方もいらっしゃいますね。
 
このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

さて本日の症例は昨日行ったインプラント手術です。

初診時が以下です。

下顎右側の一番奥歯に問題がありました。
*印の歯です。

歯周病 と 噛み合わせ の問題から
歯がグラグラしていて噛めない
とのことです。

歯がグラグラして噛めないということは、
毎日の食事が十分に行えないということです。

患者様は、今後のことを考えて、
しっかりと噛めるようになりたいとのご希望がありました。

そこでこの歯を抜歯して
インプラント治療を行う計画を立てました。

ただし、ここで問題がありました。

骨吸収が大きかったのです。

以下の赤線が骨吸収した状態です。

歯周病が進行すると
歯を支えてる骨が溶けていきます。

骨が溶けることで
歯がグラグラするのです。

抜歯後の
骨吸収の状態をCT撮影レントゲンでみてみましょう。
穴のようになっている部分が
抜歯した後の骨の状態です。

骨吸収した状態を赤線で記載したのが以下です。

かなりの骨が溶けているのがわかります。

また別の角度のCTが以下です。
骨の幅をみた状態です。

以下の赤線が骨吸収した現在の状態です。

本来は、以下の白色の部分まで
骨があったのです。

白い線の部分から
赤線まで
骨が溶けたのです。

以下の黄色部分が骨が溶けた領域です。

ぼっこりと穴があいている状態ですね。

さてここでさななる問題がありました。

神経の存在です。

下顎には
下歯槽神経という
太い管の神経が存在します。

下顎神経の位置は以下の黄色丸です。

骨吸収したすぐ下に下歯槽神経があります。

この下顎の神経の位置には、個人差があり、
もっと下方に存在する方もいらっしゃれば、
この患者様のように比較的上方に位置している場合もあります。

下歯槽神経が上方に位置している方が
埋め込むインプラントの長さに制限を生じます。

この状態のままインプラント治療を行おうとすると
以下のようになります。

インプラント自体は、
当然のことながら下顎の神経の手前までしか
埋め込むことはできません。

そのため、インプラントの長さに制限ができてしまいます。
この状態でインプラントを埋め込んだ場合、
インプラントの大部分が骨に埋まりません。

こうした場合、
いくつかの方法が考えられます。

まず一つ目は、
骨吸収した部位に骨を再生(増大)させる治療を行い、
骨の再生が達成された後で
インプラントを埋め込む方法です。

骨を再生させる方法を
GBR法と言います。

GBR法の詳細は、以下を参考にして下さい。
 
GBR法

インプラント手術前にGBR法 を行い、
骨の再生(増大)を確認してから
インプラントを埋め込んだ方がより確実です。

しかし、この方法だと手術を2回行う必要性があります。

GBR法 で1回、

インプラント手術で1回

の合計2回です。

当然治療期間も長くなります。

そこで今回は、1回の治療で
GBR法 とインプラント手術を同時に行うようにしました。

しかし、あまりにも骨の量が少ないのでインプラントがまったく安定しないことがわかりますので
インプラントの位置を若干ずらして行うことにしました。

先ほどの位置に埋め込むと
骨吸収が大きいのでインプラントの20%ぐらいしか
骨の中に埋まりません。

これでは安定はしません。

そこでちょっとズラします。
以下のようにです。

こうすることで
インプラントの半分程度が骨の中に埋まります。

インプラント自体は安定します。

そして、骨の少ない吸収している部分にGBR法 を行います。

以下手術直後です。

この方法が全てではありません。

骨吸収がある場合には、
骨九州の程度や患者様のご希望等
様々なことを考慮して
治療方法を選択します。

 
当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。
 
 
 
 
 
クリックでの応援よろしくお願い致します
 

上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)
 
インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。
 
インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細
 
インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

また暫定的ではありますが、
2020年に行う講演の症例データを募集しています。

治療対象は、2020年の夏頃までに治療が完了する部位に対して
「2020年学会発表モニター価格」として
手術費用の30%割引を行なっておりますので
ご希望がございましたらご相談下さい。

*2020年学会発表モニターの締め切りは治療が終了するまで期間がかかりますので
 締め切りは、
 2020年 3月 1日までとなっております。
 また初診の方のみ対象とさせていただきます。
 ご希望の方は、担当歯科医師に直接
 「2020年講演発表モニター希望」とお伝え下さい。

 通常のモニターは22%割引となります。

 
治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。
 
当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。
 
 
 
 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)
 
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。
 
  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。
 
  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。
 
  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。
 
 
 
 
大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
 
神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法  サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。
 

2019年12月12日

上顎前歯部のインプラント治療

2019年12月12日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

本日は上顎前歯部のインプラント治療についてです。

まず初診時のレントゲン所見です。

*印の歯から膿が出ていて
歯がグラグラするとのことで来院されました。

前にかかっていた歯科医院では、抜歯と診断されました。

この歯を治療して残すことは困難であったため、
患者様に現在の状況を説明させていただき、
抜歯に同意していただけました。

さて問題となるのが抜歯後です。

抜歯後の治療方法には3つ考えられます。

一つはブリッジです。
一般的なブリッジは、欠損(抜歯)した歯の両側の歯を削り、
被せ物を行う治療法です。

前歯が欠損した場合には、かなり一般的な治療法ではあります。

ここで考えたいことは、
抜歯と診断したこの歯がなぜダメになったのか?
ということです。

今回抜歯となった上顎の前歯部の問題は、
神経がないことです。

神経のない歯は、
根の先に膿がたまったり、
脆くなることで、折れたり、ヒビが入ることがあります。

そのため、神経のない歯の将来性は
何も削ってない神経のある歯と比較数rと
低いと言えます。

歯はできる限り削らない方が良いですし、
神経は取らない方が良いです。

もし、今回ブリッジを選択された場合でも
できる限り神経を取らないで治療することが非常に大切です。

基本的に今回のようなケースでブリッジを行う場合には、
神経を取ることはほとんどありません。

しかし、100%神経を取ることがないとは言い切れません。

神経のある歯を削った場合、
多量なりとも歯の中の神経にはダメージが加わります。

本当のケースでは、そのダメージは一時的なことですが、
稀に削って仮歯を作成した後で
痛みを生じることがあります。

確率は非常に低いです。

しかし、もし痛みを生じてしまった場合には
神経を取り除く治療が必要になる場合もあります。

もし、このように神経を取ることになってしまった場合には、
やはりリスクの高い状態になってしまいます。

歯を削らないにこしたことはないです。

ブリッジ以外の治療方法として、
義歯があります。

入れ歯です。

今回の症例の患者様は、
若い女性です。

若い女性の場合、
前歯が義歯(入れ歯)というのは、ちょっと選択しにくい治療法です。

実際に患者様も入れ歯は、ご希望されませんでした。

最終的な決断は、インプラント治療でした。

賢明な選択です。

将来的なことを考えれば、
やはり歯を削るブリッジは避けたいものです。

以下のレントゲンは、インプラント治療後です。

インプラントの被せ物は、オールセラミックで行なっています。

非常に審美性が高いです。

当医院では、世界最大シェアーで高い信頼性のストローマンインプラント を使用しております。

治療期間中も歯がないということはありません。

抜歯した当日から
固定式の仮歯を使用することができます。

「2020年学会発表モニター価格」

2020年に行う講演の症例データを募集しています。

治療対象は、2020年の夏頃までに治療が完了する部位に対して
「2020年学会発表モニター価格」として
手術費用の30%割引を行なっておりますので
ご希望がございましたらご相談下さい。

2020年学会発表モニターの締め切り
治療が終了するまで期間がかかりますので
締め切りは、2020年 3月 1日までとなっております。

また初診の方のみ対象とさせていただきます。

ご希望の方は、担当歯科医師に直接
「2020年講演発表モニター希望」とお伝え下さい。

通常のモニターは22%割引となります。
「2020年学会発表モニター価格」は、全額前払いのみとなります。
予定インプラント治療が2020年夏までに終了しなかった場合には、
治療費用は、通常費用 もしくは 通常モニター費用(22%)費用に変更になります。

クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
通常費用からインプラント手術料金が22%割引されます。
(2019年10月よりモニター割引率を20%から22%に改定しました)

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置50.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
新インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
新インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP