最新インプラント症例ブログ

2004年3月の記事一覧
2004年3月31日

新たなメンバー

4月より先生が一人増えます。
大森先生です。
大森先生は神奈川歯科大学の薬理学の大学院を本年度卒業しました。とてもやさしい先生です。
歯周病、インプラントを重点的にがんばっていただきたいと思います。


インプラントの杉山歯科医院
2004年3月30日

お花見の季節です。

日曜日、鎌倉にお花見に行って来ました。
鎌倉はまだまだ満開ではありませんでしたが、とても暖かく、外で食べるお弁当は格別美味しいものですね。
また今週もお花見に行こうと思っています。


インプラントの杉山歯科医院
2004年3月24日

往診

今日、往診に行ってきました。週に2〜3回程度、往診をしています。ほとんど昼休みを利用して行っているので、昼休みはなくなりちょっとつらいですが、患者さんに非常に感謝されます。
よろこんでもらえると疲れも癒され、往診してよかったと思います。こうした気持ちを忘れずにいたいものです。

インプラントの杉山歯科医院
2004年3月22日

インプラントの治療費

最近インプラントの患者さんが非常に増えてきています。ほぼ毎日手術をしている状態です。インプラントもかなり一般的な治療になってきています。それなのにインプラントの材料費は一向に安くなりません。それどころかどんどんと高くなっていく一方です。『なぜ低料金なのか』にも記載してありますが、当医院のインプラントの料金(ITIインプラント)は日本で最も安い料金設定であると思います。しかし、材料費がどんどんと高くなってくるとかなりきついものがあります。インプラントを行う人は年々増加(急増)しているのに何故材料は安くならないのか不思議でなりません。インプラントの材質や技術はほぼ完成状態と言われていますが、もっと一般的に普及するには費用がさがることが必要だと思います。メーカーの方の努力に期待します。


インプラントの杉山歯科医院
2004年3月18日

国際インプラント学会に参加してきました

国際インプラント学会に参加してきました。
インプラントが開発された40年以上前はインプラントを埋入してから被せ物を装着するまでに6ヶ月以上の日数がかかっていました。
しかし、近年になり、SLAインプラント等の開発によりその期間は6週間にまで短縮することが可能になってきました。
そして今回の学会ではさらに早期の骨との結合、早期に噛むことができるための研究(臨床)発表が多くありました。
その期間は究極のインプラント埋入当日に噛めるようになるというものです。当医院でもこうした即時インプラントを行うケースもだいぶ増えてきており、患者さんの負担も少なくなってきました。しかし、どのようなケースでも可能ということではなく、一定の基準があります。今後インプラント埋入即時荷重という症例とその適応基準について掲載していく予定です。
インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP