最新インプラント症例ブログ

2004年9月13日

インプラント治療:カルシウムについて

インプラント治療後に患者さんからよく質問されることがあります。『治療後、治りを良く(早く)するためになにかした方が良いことはありますか?例えばカルシウム等の栄養補助食品を摂取したり…』  このような質問です。
実際、生体内のカルシウムの99%は骨と歯に存在します。
インプラント治療後にカルシウムを摂取するこは良いことであると考えられます。(カルシウムの効果は骨の形成促進のみではなく、全身的な効果があります。詳細は後日説明します)しかし、カルシウムは吸収が難しいミネラルです。魚の骨を食べても人間の身体はその全てを吸収する能力を持っていません。腸はカルシウムを”イオン”の形で吸収しますが、大部分の魚の骨のカルシウムは腸内で完全に吸収されないまま、直接排出されてしまうのです。原因としてイオンへの分解が十分でない、あるいは他の食事の成分の影響が考えられます。仮に胃酸分泌が正常で、カルシウムのイオン化が完璧に行われたとしてもカルシウムを正しく血中に導入するためには活性化されたビタミンD3が適切にあること等いくつかの条件を満たさなくてはなりません。
そこで、始めからイオン化されているカルシウムを服用することが有効です。
続きはまた明日以降に…

インプラントの杉山歯科医院

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP