最新インプラント症例ブログ

2004年11月27日

今日のインプラント

今日のインプラントは上顎のソケットリフト法でした。
ソケットリフト法は上顎にインプラントを埋入するための骨の高さがない場合に行う治療法です。

GBR 法でも説明しましたが、インプラントを行うにあたりインプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、 そのままの状態でインプラントを行うと成功率は非常に低くなります。
実際には上顎においてはインプラントを行うための骨が不足していることの方が多く、 60〜70%の方は骨の増大なくしてインプラントを行うことは不可能です。
以下に上顎の骨の解剖学的な構造と特殊なインプラント治療についてお話します。

上顎洞とは?

上顎洞は上顎の奥歯の上に存在する骨の空洞になっている部分のことです。
この空洞は頬骨の奥に存在し、鼻腔へとつながっていて、 鼻柱骨により左右に分かれています。この上顎洞の働きは完全にはわかっていません。
多くの場合、歯が存在するとこの上顎洞と上顎の骨の距離は一定の幅がありますが、 歯周病等で骨が吸収してしまうと上顎と上顎洞との距離が薄くなってしまいます。
その結果インプラントを行えないことがあります。

次回ソケットリフト法の続きです。

インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP