最新インプラント症例ブログ

2005年4月26日

今日のインプラント:午前と午後

今日の午前中は1件、午後も1件のインプラント埋入です。

午前中のインプラントは抜歯即時インプラントです。
症例としてはかなり簡単なインプラント手術でした。

午後は上顎ですが、インプラントを埋入するため骨の高さがまったくありませんでした。この日記でもよく話していますが、上顎においてはこのように骨の高さがないことは良くあることです。
骨の増大手術を行ってからインプラントを埋入する方法もありますが、増大手術を行ってから実際に骨ができるまでには3ヶ月程度の期間が必要です。そのため全体の治療期間が長くなってしまいます。
そのような場合骨がある部位に埋入するという方法があります。下の写真のように骨がある部位にインプラントを斜に埋入して行う治療法もあります。
ここで、インプラントを斜に埋入することがいいのかということになりますが、斜に埋入しても数本のインプラントと連結(つなぐ)すれば斜でない場合と比較して予後は変わりません。
いわゆるカメラの三脚のような状態になります。
インプラントを埋入するための骨がない場合いろいろな方法を行うことによりインプラントの埋入は可能となるのです。

050426_1






お知らせ:ゴールデンウィークの休診について

5/3(火曜日)、5/4(水曜日)、5/5(木曜日)は休診させていただきます。

インプラントの杉山歯科医院

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP