最新インプラント症例ブログ

2005年5月23日

今日のインプラント:インプラント治療における注意点

            『最新治療は良い治療?』

インプラントが一般的になり多くの歯科医院で行える様になってきました。
これは良いことですが、それに反して失敗例も多く報告されています。
それはどうしてでしょう?
インプラントを行う際に骨の高さや幅が十分あればインプラントを行うことは非常に簡単ですし、予後は非常によいことになります。
しかし、骨の高さや幅が十分ない場合には治療は困難を極めます。
詳細はホームページの特殊な治療でも記載していますが、十分な骨高さや幅がない場合には骨を再生させたり、上顎洞というものを押し上げたりします。
これが問題なのです、骨を再生させたり、上顎洞を押し上げる技術は症例にもよりますが、技術的に難しいものです。
そのため誰でも簡単に行えるというものではありません。技術や知識、経験がなければ失敗してしまいます。
多くの歯科医師がインプラントを手掛けるようになってきた現在ではこのような問題がでてきいます。自分の技量にあっていない治療を行うということです。また同様に新しい技術にも同じことが言えます。
新しい治療法や材料が発表されると、すぐ飛びつく先生がいます。
新しいことに目を向けることは悪いことではありませんが、新しい治療法が本当に良いものなのかを見極めることが大切なのです。
治療が複雑になる分、私達の技術力や知識も高めることも大切で、当医院でも私を含め他の先生もみな日々努力をしています。
ただし、新しい治療法というのはなかなか難しいところです。
技術的に難しいということではなく、まだ長期的な結果がでていないため、治療法の信頼性という意味で難しいということです。
新しい治療法が発表されたらすぐ飛びつくのではなく、その治療法が本当に正しいのかということを見極めることが大切です。
またある程度新しい治療法の臨床結果がでてから行うということも大切なことです。
治療を受けるのは患者さんですからまず安全が第一です。



インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP