最新インプラント症例ブログ

2005年5月28日

今日のインプラント

今日はインプラントと喫煙の関係についてです。

インプラントを行うにあたり、喫煙されている方は禁煙されるか少なくと も本数を減らしていただく必要性があります。
喫煙はインプラントにとって非常に問題があります。得に手術直前後1週間程度(できるかぎり術後8週間程度)は傷口の治癒に悪影響を及ぼしますので禁煙が必要です。

以下は喫煙とインプラントについての報告です。
Moyらの報告では、540人の患者で喫煙者で11.28%、非喫煙者で4.76%の失敗が示され、喫煙者では失敗率は2〜3倍になります。特に上顎にインプラントを埋入した場合には、煙は直接の刺激となるだけでなく、鼻腔や副鼻腔からも骨や粘膜に悪影響を与えます。


インプラントの杉山歯科医院

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP