最新インプラント症例ブログ

2005年6月7日

現在報道されている医療問題について

今、医療事故についていろいろと報道されているのを御存じのことかと思います。
心臓外科手術の医療事故のことです。
担当する医師の技術や経験不足による医療ミスです。

医師はみなさんが思うほどなんでもできる人ではなく普通の人間です。
ですからどんな治療でも絶対100%ということはありません。
現在高い技術をもっている医師であっても一番最初の手術というものはあったのです。当然ですが…

どんな職業であっても始めから難しいことができるわけではありません。
例えば、車の免許を取ったばかりの人が次の日からF1レースに出れるわけがありません。
医療行為も同じです。
始めはできることから行い、少しずつ経験を積みできてくるのです。とくに難易度の高い治療治療はチームアプローチであったり、経験もそうですが、その中でも優れた医師のみができることがあります。
しかし(私は歯科の世界しかしりませんが)、現実的には技術を向上するためのトレーニングは日本の大学では十分されていません。
そうしたシステムが完全に確立されていないのです。
そのため大学を卒業し、身につけることが多くあります。

また今問題(誤解をされているかもしれません)となっている専門医制度ですが、ある一定の基準があり、これをクリアーしているわけですからこれ自体は無意味なことではありません。
しかし、これは試験の一つです。
一番大切なのは医師個人の問題であるかと思います。

インプラント治療にとっても同じです。

以下は6/5に新しくホームページにアップした内容の一部です。
今回の医療問題と関連がある内容かと思います。
お時間がある方は『インプラントはどこで治療する』を御覧になって下さい。

インプラントの治療はどこで行った方が良いのでしょう?
大きく分けて大学病院なのか?個人の歯科医院であるのか?
確実な答えは難しいですが、ある程度の基準はあります。まずインプラント手術の実績があるということが第一です。
『今まで何本くらいのインプラントを埋入してきたか?』、『今現在1週間に何本程度を埋入しているのか?』これは重要なことです。
つまり、インプラント手術というものは知識(後で話します)も大切ですが、技術力 が非常に大切になってきます。技術というものは手先が器用な人もいれば不器用なひ ともいます。しかし、1年間に数症例しか手掛けなければ技術は磨かれません。年間 数百症例の手術を行っている先生は万が一もともと器用でなかったとしてもそれだけ 手術件数があればそれなりに技術力は高い(手術は上手)と言っても問題はないでしょう。
話しは少しずれますが、医科の分野では手術件数に対し治療費(保険診療)が異なる ということがでできています。
たとえば、ある特殊な手術があったとします。
Aという病院(大学病院も含む)は年間20件の手術実績しかないが、Bという病院は 年間1000件の手術があったとします。当然医師の技術力に違いがでてきます。そ れなのに保険の治療費が同じであるのはおかしいという意見があり、その手術の種類 や病状にも違いますが、ある一定の手術件数に達していない病院は治療費が安く設定 されています(保険点数に違いがあるということ)。
もちろん医療は知識も大切ですが、外科的な手術の場合には技術力も大切になります。
インプラントも同じように考えられます。簡単な手術であればさほど歯科医師による差は ないと思いますが、ある程度難しい手術であれば技術力の差は出てきます。私も開業 する前は大学病院(歯周病科)に6年間在籍しており、手術を毎日のようにしてきま したが、同じ歯周病科でもまったく手術をしない先生もかなりいました。年齢がかな り上の先生でもまったくと言っても良い程手術ができない先生もいます。しかし、そ の実体は患者さんにはわかりませんから大学病院ブランド(?)で来院される患者さ んも多くいらっしゃいます。

大学病院等の大きな病院でしかできない手術(施設や器具の関係上)ももちろんあり ますが、インプラントの場合入院等の治療ではなく基本的には外来ですので、病院 の大小は関係ありません。この話しは大学病院をどうのこうの言うわけではありませ ん。大学ブランドではなく、結局手術を担当する歯科医師個人の知識であるとか技術 的な問題です。
インプラント手術を受けられる場合には担当歯科医師のインプラント経験を聞くこと は重要です。またこうしたことを聞くことは失礼なことと思い、聞きにくいかもしれ ません。しかし、真剣に治療に取り組んでいる先生はこうしたことを聞いても不快に 思ったりすることはありません。
どこで治療をされるかを選択することは難しいことですが、患者さんご自身のことですので十分御検討されることをお勧めします。
もしわからないことがあれば杉山歯科医院宛にメ−ルをいただければできる限り御協力をさせていただきます。


インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP