最新インプラント症例ブログ

2005年10月28日

今日のインプラント

今日は上顎の奥歯に2本のインプラント埋入がありました。
歯を抜歯して即時に埋入です。
また埋入と同時に骨の高さがないためソケットリフト法(詳細はHP参照)をおこないました。
ソケットリフト法は難しい治療ではありませんが、問題がこの歯を抜歯した理由が歯周病であったということです。
抜歯即時インプラントという治療は時々行うことですが、そのほとんどが虫歯等で抜歯したり歯の根が折れたり(折れてすぐの抜歯が望ましい)した場合がほとんどで、歯周病が進行した歯を抜歯し、即時に行うことは危険があるためあまり行いません。
歯周病になっているということは歯の根の周囲の骨が吸収していて、ぐらぐらしているということです。
その骨が吸収してしまう原因が歯周病細菌なのです。
抜歯をしただけでは骨の中には歯周病細菌がある程度は残ってしまいます。
しかし、実際には抜歯した穴を徹底的にきれいにしてからインプラントを埋入するためまず問題が起ることはありませんが、万が一抜歯した穴に歯周病細菌が残った状態でインプラントを埋入するとインプラントにも細菌が感染し、ダメになってしまいます。
また骨が吸収してしまっているということはインプラントを埋入してもその周囲に骨がないため骨を増大する治療法が同時に必要になってきます。
しかし、骨の吸収が著しい場合には骨の増大法(GBR法:詳細はHP参照)とインプラントの埋入を同時に行うことは難しくなってきます。
同じ抜歯即時インプラントであっても抜歯する歯がどのような状態で抜歯に至ったかによりその難易度はことなります。
患者さんにとっては抜歯、インプラント埋入、同時GBR法(骨増大法)を一度に行えば、“楽”ですが、リスクも高くなります。
そのためこうした治療法を選択する場合には術前の診査が非常に重要になってきます。



インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP