最新インプラント症例ブログ

2005年11月2日

今日のインプラント

今日は午後に2件のインプラントでした。
1件は下顎に3本のインプラント埋入です。
4歯欠損に3本のインプラントを埋入し、最終的にはブリッジとします。
通常4歯欠損ですと2本(欠損の両端に埋入)のインプラントを埋入し、ブリッジとします。今回3本の理由は骨の高さが少ないため若干短かめのインプラントを埋入することになりました。
そのため本数を増やし、インプラントの安定を図ったのです。

もう一症例は上顎の無歯顎(いわゆる総入れ歯の状態)に義歯を安定させるために2本のインプラントを埋入しました。
 
歯が1本もない場合(総義歯の場合)、完全に固定式(もともと歯が合った状態に回復できます)にすると、片顎につき6〜8本(顎の大きさや骨の高さにより違います)のインプラントを埋入し、ブリッジとします。(ブリッジがどのようなものかについてはホームページのインプラントのページを参考にし下さい)
しかしこのような方法は固定式で違和感もなく非常に良いものですが、治療の費用がかかってしまいます。
そこで完全固定式ではありませんが、義歯を動かなくするためにインプラントを使用する方法もあります。
義歯にはなりますが、インプラントと義歯が完全に固定されますので、義歯が動いたり、食事や会話中に外れたりすることはありません。
2〜4本のインプラントを埋入し、義歯の固定源として利用します。
義歯にはアタッチメントという留め金のようなものを組込みます。
インプラントと義歯に埋込こんだアタッチメントにて義歯が落ちないようにします。

このようにアタッチメントを使用すると義歯の上蓋のプラスチックの部分を取除くことができ(場合によりできないこもあります)義歯の安定が得られるだけでなく、装着感も向上します。

この場合、現在ご使用の義歯を利用すればさらに費用も抑えらます。



インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP