最新インプラント症例ブログ

2006年9月10日

抜歯即時インプラント

今日も前回と同様に今回も患者さんからの質問で多いことのお話です。

抜歯即時インプラント

インプラントは時間のかかる治療です。
インプラントを埋入してから骨と結合するまで上顎で3ヶ月、下顎で2ヶ月待ちます。その後型ととり、1〜3歯程度であれば10日程度で被せ物は完成します。
しかし、インプラントを埋入するための骨の高さや幅がなかったり、骨の状態が悪い場合にはさらに時間がかかります。
また歯があった場合には抜歯してから歯肉が治癒するまで一般的に1〜3ヶ月程度お待ちいてからインプラントを埋入することになります。
そのため抜歯後のインプラントは非常に時間がかかることになります。
そうしたことを解消するために『抜歯即時インプラント』があります。
これば抜歯した当日にインプラントを埋入するため抜歯後の治癒を待たずに行えます。
患者さんにとっては同時にできるため治療期間の短縮になるだけでなく、1回の麻酔でできますので、負担も軽くなります。
しかし、抜歯即時インプラントは全ての症例に行える治療ではありません。
抜歯する歯の周囲の骨がきちんと残っている状態でないと行えません。
つまりインプラントは骨の中に埋入する治療だからです。歯周病等で歯の周囲骨が吸収してしまっている状態ではインプラントはきちんと行えません。
そうした場合には抜歯後、歯肉の安定と骨の成熟を待ち行う必要性があります。
抜歯即時インプラントは非常に有効な治療法ですが、全てのケースに対応できる治療法ではありません。
抜歯即時インプラントをご希望の場合には担当歯科医師と御相談なさって下さい。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP