最新インプラント症例ブログ

2006年12月1日

虫歯の治療の後は金属の被せ物?

虫歯の治療の後は金属の被せ物?

一般的に虫歯の治療を行うと金属の被せ物や詰め物になります。
これは型を取るものとしては保険診療では前歯6本を除く部位には金属製の被せ物や詰め物しか認められていないからです。
奥歯(型を取ったもの)で白い歯となると自費診療になってしまいます。
その治療費は材質や歯科医院により異なります。
歯全体を被せるものでおおよそ5〜15万円程度です。
治療費としては高額なものになってしまいます。
何故こんなに高いのかといいますと、作製する歯は完全にオーダーメイドだからです。
そのため1つの歯を作製するのに非常に時間かかります。
奥歯で歯を全体的に被せる物としては保険診療では金属しかありませんが、
小さい虫歯であれば保険診療でも白い詰め物ができます。全ての虫歯に対応できるわけではありませんが、噛み合わせに問題がない状態の小さな虫歯であれば可能です。
治療も比較的簡単なものです。
虫歯を取除き、その部分にレジンといわれる樹脂を詰めるだけです。治療は通常1回で完了します。
虫歯も小さな段階であれば治療回数も少なくてすみ、治療費もおさえられるのです。
早めの診査が大切です。
明日は世界中の歯科医療の実情ついてお話します。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP