最新インプラント症例ブログ

2006年12月3日

歯周病の予防

歯周病の予防
今日は昨日お話しました歯の予防についてです。

当医院に来院されるほとんどの患者さんは歯周病の治療とインプラント治療です。
毎日、歯周病の治療を行っていると80〜90%の患者さんは通常の治療で良くなります。
しかし、10%程度の患者さんでは治療の反応が良くないもしくは治療後のメインテナンスで高頻度に再発するといったことがでてきます。
こうした歯周病の治療に反応が良くなかったり、再発傾向が強い患者さんを
『ハイリスクな歯周病』としています。
このような患者さんを治療するのは困難なことで、治療はやはり歯周病専門医が行うことが必要であると考えられます。
しかし、先程80〜90%の患者さんは通常の治療で良くなる(改善が認められる)と書いたように徹底した歯周病治療さえ行えば、良くなります。
またこうした患者さんは以前から適切なブラッシングが行われていればおそらく問題は起らなかったであろうと予想されます。つまり歯周病の予防さえできていればならなかったということになります。
多くの場合歯周病は生活習慣の改善とブラッシングにより予防は十分可能なのです。
また歯周病になってもある程度進行しないと自覚症状はないので時々検査を行い、問題がないかチェックすることが大切です。
歯周病の検査はどこの歯科医院でも行えるものですので30歳を過ぎたら、1年に1回はチェックされた方が良いかと思います。
検査は簡単なものですので今まで受けられたことがない方は是非受けて下さい。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP