最新インプラント症例ブログ

2006年12月27日

歯周病は予防できるかの?

歯周病は予防できるかの?

現在歯周病にかかっていなければ今後のケアーしだいで予防は十分可能です。
しかし、現在歯周病になっている状態であればいくらがんばってブラッシングをしたとしても自然に完治することはないので、一度きちんと歯周病の治療を行い治すことが必要です。
歯周病は自覚症状がでにくいので何でもないと思っていても進行していることがあります。
また歯周病になって一度治療したとしても再度歯周病になる可能性もあります。
基本的に歯周病は再発する可能性が高いので御自身でのブラッシングのみでは完全に予防することは難しいものです。 
定期的に検査を行うことが大切です。
定期検査の期間は問題がない方であれば1年に1回でもよいでしょう。
重度歯周病になった方では治療終了後3ヶ月に1回程度になるかと思います。
定期検査の期間は個人差がありますので担当歯科医師と十分お話の上、無理のない期間(生涯にわたって行うため)で行うことが必要になります。

今日のテーマである『歯周病は予防できるのか?』の答えですが、歯周病を御自身のケアーのみで完全に予防することは難しいことです。
そのため定期検査は非常に大切になってきます。
定期検査(メインテナンス)の詳細については歯周病のページを御覧になって下さい。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP