最新インプラント症例ブログ

2007年1月の記事一覧
2007年1月20日

サイナスリフト法:治療方法 その3

サイナスリフト法:治療方法 その3

 今日も今週ずっと続いているサイナスリフト法についてです。
昨日はサイナスリフト法において骨の移植が必要であり、移植する骨は下顎から採取する必要性があることをお話しました。
また御自身の骨以外にも人工の骨を使用することまでお話しました。
今日は御自身の骨以外についてお話します。

人工で作られた骨には多数の材料があります。これらは生体内でアレルギー反応等の問題を起こすことがないため安全性があります。しかし、基本的には生体の骨とは構造が違うためそれ単体では骨にはなりません。ご自身の自家骨と混ぜて使用することになります。
そして次は他の生物から得られた骨です。これには同じ人間ですが、他人の骨のことです。アメリカを中心として使用されていますが、日本では認可がおりていないため使用はできません。また日本では他人の骨というと多くの患者さんは拒絶されます。そうした理由から日本では認可がおりてもなかなか使用は難しいかと思います。人間以外の動物から得られた骨を使用するという方法もあります。
動物?と聞くと嫌な感じがするかもしれませんが、同じ骨です。免疫反応が起らない処理をすればまったく問題がありません。
しかし、狂牛病(BSE)で有名になったように実際には問題がなくても『牛の骨を使用します』と言ったら現在希望する人はいるでしょうか?
医療の分野においては牛やブタの骨を使用した材料は古くから多く存在します。もちろんその安全性は高く、効果も実正されています。しかし、患者さんが希望しないかぎり勝手に使用はできません。
そのため当医院では自家骨をまず第一に考え、自家骨では足らない場合には人工の骨を使用します。(人工の骨は安全性という点では優れていますが骨の再生能力は低いものです。そのため自家骨と混ぜて使用します。
人工の骨の一つとして『βムTCP』と言われるもがあります。

明日はこの『βムTCP』についてお話します。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2007年1月19日

サイナスリフト法:治療方法 その2

サイナスリフト法:治療方法 その2

今日もサイナスリフト法についての話しです。
昨日はサイナスリフト法の術式の中で『シュナイダーメンブレン』を傷つけないように剥離するのが難しいことを話しました。
今日のその続きです。
『シュナイダーメンブレン』を剥離した後にできた空洞に骨を移植するわけですが、この移植する骨は一般的に下顎から採取します。
採取する場所は『オトガイ』と言われる顎の先の部分と『レイマス』と言われる耳の下あたりの下顎の部分です。
両方とも骨を採取するのに安全で行いやすいからです。
採取する方法は口腔内から切開を行いますので傷口が残ったり、見えたりすることはありません。
もちろん麻酔を行ないますので痛みはありません。
麻酔も静脈内鎮静法という麻酔で行います。静脈内鎮静法はほとんど眠っている状態になります。治療後は治療中のことはほとんど覚えていない状態ですので御心配はいりません。
麻酔を担当する者は麻酔を専門としている経験豊富なドクターです。
骨を採取した部位は時間がかかりますが骨が自然に回復します。
外観的に骨を採取した部位がへこんだり審美的に問題となることはありません。
そして採取した骨を細かく粉砕します。
通常移植する骨はこの採取した物たけで十分ですが、移植するスペースが多きかったり、左右ともサイナスリフト法を行ったりする場合にはこれに人工の骨を混ぜます。

明日はこの人工の骨についてお話したいと思います。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2007年1月18日

サイナスリフト法:治療方法 その1

サイナスリフト法:治療方法 その1

 昨日の続きでまたサイナスリフト法についてです。
何回かに分けてサイナスリフト法(上顎洞底挙上術)についてお話をしてきました。
今日はサイナスリフト法の術式についてお話したいと思います。
まずサイナスリフト法を行う理由を再度おさらいしたいと思います。
上顎の奥歯は骨の吸収を起こすとインプラントを埋入するための骨の高さがなくなってしまうことが多い場所です。
またインプラントが行えても短いインプラントしか埋入できないため後に問題となることが多い場所です。
実際にインプラントの成功率をみても一番成功率が悪い部位であることが多くの研究論文によりわかっています。
そこでより成功率を高めるため長いインプラントの埋入が必要になってきます。
しかし、多くの場合、上顎の奥歯に長いインプラントを行うことは困難です。
そのため上顎洞内に骨の移植を行い、骨の高さを増大させる治療が必要になってきます。
この上顎洞内部に骨を移植する治療法をサイナスリフト法(上顎洞挙上術)と言います。
治療方法として骨の高さのが少なくなっている奥歯の横(頬側)から小さな穴を開けます。(頬側の骨にラウンドバーと言われる小さな歯を削る道具と同じような物で穴を開けます)
この穴をあけること自体はさほど難しいことではありません。
難しいのはこの後に行う、上顎洞粘膜を剥離するという作業です。
頬側の骨に穴を開けると、その内部には非常に薄い粘膜があります。この粘膜は『シュナイダーメンブレン』といわれ、骨にへばりついています。
『シュナイダーメンブレン』を骨面からゆっくりと剥がす作業が少し難しいことです。
この『シュナイダーメンブレン』を剥がすとそこに空洞ができます。
その空洞に骨を移植するのです。
さきほど話しましたように『シュナイダーメンブレン』を傷つけず剥がす作業が大変なところです。
無理に力を入れたりすると『シュナイダーメンブレン』は非常に薄いため破れてしまいます。
破れた場合には修復方法はありますが、破れない方が無難です。
このまでがサイナスリフト法の第一段階です。

明日はこの続きをまた紹介します。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2007年1月17日

サイナスリフト法と上顎洞炎の関係

サイナスリフト法と上顎洞炎の関係:昨日の続きです。

 昨日は上顎の奥において歯がない状態でいると骨が吸収してきてしまい、インプラントをするのが困難になるという話しをしました。
また義歯では噛む力が骨に伝わりにくいので骨の吸収を生じてしまうということも話しました。

本日はサイナスリフト法ができないケースについてお話をしたいと思います。
本日このブログを始めて見る方でサイナスリフト法を御存じでない方はHPのインプラントの中の特殊な治療を御覧になってからこのブログを見て下さい。

上顎の奥歯において骨の高さがない場合のインプラントの治療法としてサイナスリフト法があります。しかし、このサイナスリフト法ができないケースもあります。
その一つとして『上顎洞炎』という病態があります。聞きなれない病名かと思います。
これは上顎の奥歯上方の骨内部には空洞があります。この空洞を『上顎洞』といいます。この空洞内部に炎症が起った状態を『上顎洞炎』といいます。
上顎洞炎の原因の一つとして歯があります。
例えば歯周病を放置しておくとその炎症が上顎洞に波及したり、歯の根の先に膿みがたまっている状態が拡大すると膿みが上顎洞に波及します。
このように歯が原因で上顎洞炎になった状態を『歯性上顎洞炎』と言います。
治療方法はまず原因となった歯を抜歯します。場合により上顎洞と口腔内が交通(抜歯した部分と上顎洞がつながり口の中から穴が開いた状態になることです)し、上顎洞内部より膿みが出て来ることがあります。
このような場合、上顎洞内部を消毒液で洗いがなすことが必要になります。(膿みがなくなるまで何回も…)
また抗性物質を炎症がなくなるまで服用します。
膿みがなくなってくると穴は自然にふさがってきます。
多くの場合、このような治療で治りますが、状態が悪い場合は上顎洞の手術が必要になります。
上顎洞炎がひどい場合にはサイナスリフト法はできないこともあります。
現在歯周病が進行していたり等の問題がある場合には早期に対応することが必要です。後にインプラントをしようと思ってもできなくなることもあります。
またできるならサイナスリフト法を行わないでインプラントをする方が圧倒的に楽ですし、時間も治療の費用もかかりません。
なにせ、早めの治療が大切だということです。

また明日もサイナスリフト法についての話しをしたいと思います。

今週も2件のサイナスリフト法があります。
最近非常に増えています。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2007年1月16日

サイナスリフト法:昨日の続きです

サイナスリフト法:昨日の続きです

 昨日もお話しましたが、上顎の奥歯にインプラントを埋入するための十分な骨の幅や高さがない時、骨を増大させることが必要になります。
その一つの治療法としてサイナスリフト法(上顎洞底挙上術)があります。
昨日、サイナスリフト法には骨の移植が必要であり、治療後腫れが起ることをお話しました。
サイナスリフト法はインプラントの治療の中でも最も大変な治療の一つであり、治療期間もかかります。
しかし、奥歯に歯がない場合、治療法として義歯もしくはインプラントという選択肢になります。
患者さんにとっては取外しの義歯より固定式のインプラントの方が快適です。
しかし、インプラントには治療費の問題もあります。
部分義歯の場合、欠点があります。
まず、義歯が安定するように他の歯にクラスプといわれる金具をつけます。
この金具は一般的に金属のため審美的に問題となります。
また歯がないと顎の骨は吸収(痩せてきます)していきます。歯がある時には噛む力が歯から顎に伝えられ、骨は活性化されます。歯がなくなると噛む力は骨に伝えられず、骨は痩せてくるのです。
義歯を使用していると噛む力は骨に伝わりにくく、骨は痩せてくるのです。
顎の骨が痩せると義歯は合わなくなります。
義歯の安定が悪くなると義歯は噛むたびに動くようになります。(ガタガタします)
義歯が動くとクラスプも動きますので、クラスプのある歯自体も動くようになります。歯が動きのが長期期間続くと、歯はダメになってしまいます。
部分義歯は時々注意して調整をしないと残っている歯がどんどんとダメになることが多く認められます。
顎の骨が痩せるとインプラントを行うにも非常に不利になります。
そのため骨が痩せてしまった場合、サイナスリフトが必要になってくるのです。

また明日もこの続きの話しをします。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター



2007年1月15日

昨日はサイナスリフト法を2件行いました

サイナスリフト法

約1週間ぶりのブログです。
少し忙しいのがおちついてきましたので再開したいと思います。

今日はインプラントの治療の中でも難症例に対して行うサイナスリフト(上顎洞底挙上術)という治療についてお話します。

上顎の奥歯にインプラントを行おうとしても骨の高さがないとできなくなります。
歯が欠損したままになっていたり、歯周病を放置したりすると骨は吸収を起こします。上顎の奥歯ではこのように骨が吸収してしまい、インプラントが行えないことが多くあります。
昨日はこのような症例に対し2件のサイナスリフト法を行いました。
2件とも左右ともにサイナスリフト法でした。
サイナスリフト法を行えば、上顎に骨が少なく、インプラントができないと言われた方でも行うことができます。
しかし、当医院では第一選択肢としてサイナスリフト法のお話はしません。
その理由は治療後の腫れが大きいからです。
サイナスリフト法の治療方法を簡単に説明すると、上顎の骨が薄くなっている
(骨が吸収してしまっている)部分に骨の移植手術を行う治療です。
移植する骨は多くの場合下顎の顎先の部分から採取します。
治療自体は静脈内鎮静法(詳細はHP参照)という麻酔で行いますので患者さん御自身は寝ている状態で治療は終了できるので大変さはありませんし、治療中の痛みもありません。しかし、治療後に腫れます。
腫れる程度は個人差があり、まったく腫れない方もいらしゃいますが、多くの方は腫れます。
この腫れは内出血によるものです。
手や足をぶつけると内出血をし、赤あざができるかと思います。そのような状態です。
腫れる部位は下顎の顎と移植を行った上顎の頬から目の下あたりです。
さきほど説明しましたように痛みはさほどありません。
でもこの腫れが大きい場合には生活に支障をきたすことがあります。
他の手術で手や足が腫れるのであれば包帯や衣服でその腫れは隠せますが、顔はどうしても隠せないもので、治療後腫れた場合にはマスクを使用し、腫れを隠すことになります。
腫れている期間も個人差があり、2〜3日程度から長いと2〜3週間は腫れます。
この腫れることを術前に予想することは難しいことす。
患者さんには腫れることは必ずお話しますが、腫れる程度や期間は予想できないものです。
腫れることさえ大丈夫であればサイナスリフト法は骨が少なく、インプラントができない方には最適な治療法です。
今週はサイナスリリフト法が2件あります。
この治療法を希望される方は年々増えています。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2007年1月8日

世界中で歯科治療の考え方はだいぶ違います

世界中で歯科治療の考え方はだいぶ違います。

一つの症例をディスカッションする時、それぞれの国により治療方針はだいぶ違います。
例えば日本、ヨーロッパ、アメリカだけでもだいぶ違ってきます。
治療方針の違いがでてくる原因として医療費の問題があります。
御承知のとおり日本では歯科治療のほとんどは健康保険が使用でき、患者さんは治療費の一部のみを支払うことになります。
アメリカでは例外はありますが、歯科治療は基本的に自費診療となります。
例えば、歯周病の歯があったとします。
日本では保険診療を使用すると状態にもよりますが、1本あたり数千円で治療可能になります(実際には1本単位ということにはなりませんし、歯周病の状態により違います)。しかし、アメリカでは自費診療になりますのでそれなりの費用がかかります。
アメリカで歯周病の治療を行った後、もし治療した歯がダメになったとします。
患者さんは高額な治療費を払ったのにダメになればショックですし、抜歯後の治療費(義歯にするとかインプラントにするとか)もまたかかります。
歯周病でダメになった場合には歯を支えていた骨の吸収も起っており、その後にインプラントを選択する場合には不利(治療困難)になります。
初診時の治療計画の選択に誤りがあったのではないかということで場合によっては歯科医師が訴えられることもあります。
初診時にダメになる可能性があったなら何故行ったのか?歯周病治療以外の選択肢はなかったのか?等です。
そう考えると重度歯周病であった場合、無理に残すよりはできるかぎり早期に抜歯し、(骨が吸収しないうちに)インプラントとした方が良いという考え方になります。
また確率の問題にもなります。
重度歯周病の生存率とインプラントの生存率です。
基本的な考えとしてアメリカでは確率の低い治療は第一選択肢にはなりません。
そう考えると問題のある歯はどんどんと抜歯し、インプラントにした方が確率的に予後が良いとも考えられますし、歯科医師も予知性のある治療を説明したとして、もしインプラントがダメになっても治療方針という点では訴えられる可能性も低くなります。
患者さんにとっても成功率の高い治療法を選択した方が最終的には治療費もかからないかもしれません。治療にかかる期間や回数も少なくできます。
しかし、日本では確率の問題だけで抜歯するかどうかの選択肢になることは少ないと思います。
治療費という点でもそうです。
先程説明しましたように歯周病の治療は保険診療で行えます。
しかし、インプラントをしたとすると1本で30〜50万円程度かかります。(自費診療ですので医院によって違います。)
患者さんとしては歯周病の治療を行っても1〜2年程度しかもたないのであれば別ですが、ある程度の期間もたすことができればインプラントよりも歯を保存する方のが多いと思います。
しかし日本でもし、歯周病の治療に1歯30万円かかたとします。
数年しかもたないとすれば歯周病の治療を選択する人はだいぶ少なくなると思います。
日本とアメリカどちらが治療方針とし正しいかということではなくその背景にはさまざまなことがあり、最終的には総合して考えることになります。
私個人の考え方としては天然歯はできる限り保存していきたいと思っています。
歯周病の治療(場合によりGTR法やエムドゲイン法等の再生治療)を行えば改善できる歯も多くあります。
しかし、場合によっては抜歯せざるえないこともあります。
歯周病が進行しすぎてしまった状態です。歯周病の治療を行っても改善が認められないような状態になってしまうと残念ながら抜歯しかありません。
逆にこのような状態を放置すると他の歯にも歯周病細菌が感染してしまいます。
また歯の周囲の骨もどんどんと吸収してしまい。最終的に抜歯となった場合、次の治療が困難になってしまいます。
義歯を作製するにも骨の吸収のため安定が悪くなり、インプラントを行うにも骨が痩せてしまい、骨の移植手術が必要になります(あまりにも骨の吸収が進行しているとインプラントができない場合もあります)。
患者さんの中には歯周病の進行が著しく、抜歯しかない状態であったとしてもどうしても抜歯を避けたいという思いで、そのままにしておく方がいらしゃいます。最終的に強い痛みや自然脱落したりして歯を失うことになりますが、その時には周囲の歯にも歯周病細菌が感染してしまっており、他の歯も抜歯せざるをえない状態になります。また先程書きましたように骨の吸収も起り、次の治療を難しくしてしまいます。
重度に進行した歯を残すことは難しいことで早期に抜歯した方が良いことも多きあります。
最終的な判断は私達歯科医師の立場から考えることだけではなく、現在の歯の状態や治療方法、治療費、将来性、歯を残すことの利点、欠点等を患者さんにお話し、十分納得され上で決めていきたいと思っています。
単に生存率や確率等で決めるものではありません。

この続きはまた書きたいと思いますが、今週は論文の締めきりが近づいているため1週間程度ブログを休ませていただきます。
再開は1/15(月)を予定しています。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2007年1月7日

喫煙と歯周病の関係

喫煙と歯周病の関係

昨日の続きです。
歯周病と喫煙は非常に大きな関係があります。
詳細はHPの歯周病の中に書いてありますが、ここでは少し違ったお話をしたいと思います。
私達は症例検討会や症例報告会ということをよく行っています。
一つの症例に対し、さまざまな先生の意見を聞き、ディスカッションすることにより適切な治療方針を立てること、治療が終了した症例を何年にもわたり経過をおっていくことを報告することにより自分自身が行った治療を振り返ることができ、適切な治療であったかということを再度見直すことが目的となります。
また他の先生が発表した症例をとおして知識を得ることも大切な目的です。
その際に重要なことの一つが喫煙です。
例えば、重度の歯周病の症例の検討をしたとします。
場合により喫煙者と非喫煙者では治療方法も変わってくることがあります。
歯周病のため歯を支えている骨が高度に吸収している場合、抜歯かどうかの判断基準として喫煙の有無があります。
重度歯周病であったとしても骨の再生治療であるGTR法(GTRの詳細はHPを参考にして下さい)を行えば、抜歯しなくてもよいケースもあります。しかし、喫煙者であるとGTR法の効果も低いですし、歯周病の治療後の再発率も高くなります。
そうした場合には無理にGTR法を行わず、抜歯という選択になることもあります。
喫煙者は歯肉の治りが悪いからです。

こうした話しをするのは喫煙は明らかに歯周病やインプラントにとってリスクのあることですのでできるかぎりリスクを減らすことをしていただきたいのです。
時間をかけて治療しても後にダメになってしまうのは悲しいことです。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2007年1月6日

喫煙とインプラントの関係

喫煙とインプラントの関係

先日HPで『インプラントを希望される方は禁煙しましょう』という話しを新しくアップしました。
インプラントを行う場合には喫煙はリスクがありますので、医療サイドとしては行いたくないものです。
得にインプラント手術前後2週間は成功に大きく関係します。
しかし、患者さんをずっと見ていることは無理ですので、基本的に患者さんにおまかせすることになります。
『手術前後は禁煙して下さい』と話しをしても喫煙をしている多くの患者さんは楽観的に考えており、『わかりました』と言います。
実際に吸っているかどうかはわかりませんが…
結果的にインプラントが成功しないこともあります。そうした場合には再度インプラントを行うことになりますので患者さんには負担がかかります。
インプラント手術をやり直すことは時間も含め大変なことです。
患者さん御自身のことですから十分注意なさって下さい。

明日は喫煙と歯周病の関係です。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター




2007年1月3日

歯科と喫煙

歯科と喫煙

喫煙が身体に悪いということはみなさん御承知のことと思います。
肺癌はもとより他の呼吸器疾患の原因及び増悪因子として最も重要であるばかりか、動脈硬化、虚血性心疾患、糖尿病など多くの成人病の危険因子であることは周知の事実です。

現在歯科と喫煙について得にインプラントと喫煙についてまとめているところです。
明日から何回かに分けてお話いたいと思います。

第一回目の明日はインプラントの基礎ページにて新しくアップしますのでそちらを御覧になって下さい。

まだ年初めなので今日はこれでおしまいです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP