最新インプラント症例ブログ

2007年5月17日

インプラント 歯周病 専門医のブログ:良い歯医者の見分け方

ab7c93f8.JPG今日は朝から雨です。
明日から日本歯周病学会のため5/18:金、5/19:土は休診です。
そのため本日は診療です。

さて今日のお話ですが、
『良い歯医者の見分け方』です。

良い歯科医院はどのように見つけたらいいのでしょうか?
結論から言いますと良い歯科医院のある一定の基準はありますが、100%となると難しいですね。
特に患者さんご自身で良い歯科医院を選択することはなかなか大変なことです。

例えば、
治療回数が長く、1回の治療時間も長い歯科医院は『下手』なのでしょうか?
治療が早く終わったから『うまい』歯科医院なのでしょうか?
もちろん治療が早いにこしたことはありません。
もしかすると本当に『下手』だから治療回数がかかったり、時間が長くかかるのかもしれません。
しかし、逆に言えば、
治療が『丁寧』だからこそ時間がかかったのかもしれません。
早いのは『手抜き?』だったのかもしれません。

こんなことも考えられます。
ここだけの話ですよ!

虫歯を取(削る)時に徹底(完璧に)して虫歯を取り除くと
神経を刺激する可能性があるため治療後に痛みが出る可能性があります。
もちろん治療時間もかかります。

しかし、虫歯を徹底して取り除かない先生(虫歯を取り残して治療を終了する)は
削る量が少ないため神経を刺激することが少ないため治療後に痛みがでることは少ないのです。
治療時間もあっと言う間に終わります。
場合によっては麻酔をしないかもしれません。

麻酔をしないで痛みも出ない、さらに治療時間も短い…
良い先生ですね。

また こんなこともあるかもしれません。
これもここだけの内緒の話ですよ!
できるかぎり神経を取らないように治療する先生は虫歯を取るにも時間がかかります。
もしかしたら、治療後に痛みがでるかもしれません。

別の先生は虫歯の治療後に痛みが出る可能性が少しでも考えられた場合には
すぐ神経を取ります。
後で痛いなんてクレームがでませんし、神経がないために
後日同部の治療をする時に麻酔をする必要性がありません。
何度も麻酔としませんし、痛みもでません。
一見良い歯医者かもしれません。

ちなみに神経を取った方が圧倒的に利益になりますから…

まあ こんな先生はいないと思いますが…(?)
例えの話です。

こんな話言い出せばきりがありません。

なにが言いたいのかといいますと

患者様自身が歯科医の技量を見極めることは非常に困難だということです。

難しい話です。
『この手の話』は言いたいことがいっぱいあります。
続きはまた明日にしましょう。
ちなみに『良い歯医者の見分け方』は こちらを参考にして下さい。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。


最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP