最新インプラント症例ブログ

2007年11月26日

くすり の 効果 と 副作用:その8

最近、週に2回となっているブログです。

今日はこのシリーズの続きの耐性菌の出現原因:日本の保険制度になります。

耐性菌が多く起る原因として日本の保険制度にも問題あります。
例えば、歯科でフラップ手術(歯周病外科処置)という治療があります。
通常、治療後に抗生物質を処方するわけですが、治療の内容によっては当然いらないこともあります。
しかし、日本の保険制度では基本的に抗生物質を処方しなければならない決まりがあるのです。(絶対ではありませんが…)
私自身もフラップ手術を行った際に必要がなければ、抗生物質は処方しません。
そうすると後で、保険診療の管理しているところ(社会保険事務所等)から連絡があり、『なぜ、抗生物質を処方しなかったのですか?』
という質問が必ずきます。
歯周外科処置にも大変な治療もあったり、簡単な処置の場合もあります。
糖尿病等の感染リスクが高い人や高齢者もいます。
このような方には当然抗生物質は必要です。
逆に必要ない場合もあります。
しかし、ほとんどの場合、こうした理由は受け付けてもらえません。
なぜなと言いますと『お役人の決まり』だからです。
症例により、必要がある、必要がないと言ったことをしていると管理しにくいからです。
事務的なことです。
そして、『歯周病外科処置を行ったのに抗生物質を処方しなかったため、この治療は保険では認められません。』ということになってしまいます。
そうなると患者様は保険が認められないため、自費診療となってしまいます。
医療サイドとしては抗生物質を使用しないと大変です。
治療は保険がきかなくなってしまいます。
抜歯した時もそうです。
薬を処方しないと後から、『抜歯したのになぜ、抗生物質を処方しないのか?』と問いただされます。

日本は抗生物質が大好きな国です。
世界的みれば、衛生的な環境で抜歯した場合、通常抗生物質は処方されないことが多いのです。

今回の話とはちょっと違いますが、前回の 『風邪に抗生物質は効くのか?』 の追加になります。
以前テレビで、内科医が風邪の時、『抗生物質を処方する』と答えた理由の一つとして、
『本当は水分と栄養、睡眠を十分取り、安静にしていれば、完治する状態であるが、患者さんが薬をどうしてもほしいと言うため、処方した』という答えがありました。
医者ですから、いくら患者さんの希望があるからと言って、正当な理由以外で薬を処方する必要性はないと思います。
しかし、現実問題として忙しい方 とか 心配がある患者さんは
『どうしても薬がほしい』と言われることがあります。
この時 医者が、『抗生物質を服用する状態ではないので、必要ありません』と答えると
患者さんの何人かは医師に不快感をもつそうです。
『抗生物質』=『病気を治す万能薬』
というイメージがあるようです。

歯科においても普段診療をしている中で時々同じようなことがあります。
歯肉が腫れたりした場合、
『薬を下さい』という患者さんは多くいらしゃいます。
患者さん側からすれば、単に
『この腫れを早く治したい!』という気持ちだけだと思います。
しかし、薬を処方する医療サイドは『プロ』ですから、
必要がない場合にはきちんと説明をする必要があります。
先程書きましたように
『抗生物質』=『病気を治す万能薬』
ではないからです。

日本の医療保険制度は世界的に誇れるすばらしい制度です。
薬にしたって、安く(世界的にみて)手に入ります。
しかし、逆にその簡単に入手できることが『薬の使い過ぎ』になってしまった一つの原因です。

正しい抗生物質の使用方法(処方)は我々医療サイドがきちんと管理していかなければならないのです。
耐性菌ができてしまった場合、本当に必要なときに効果が発揮されないことになってしまいます。

*もちろんこの話は抗生物質を服用してはダメという話ではありません。
 例えば、歯科で言うと、抜歯等で感染のリスクが高いと診断された場合、抗生物質を服用することは
 状態によって感染のリスクを減らすことになります。
 『リスク』 対『 効果』です。
 また、抗生物質を処方する際には
 どのような抗生物質を処方するのか?
 ということも大切なことです。
 いきなり、強い抗生物質を処方することはいいことではありません。
 『どのような抗生物質が良いのか?』という話はこのシリーズの中で解説したいと思います。
 『抗生物質』=『使用方法によっては非常に良い薬』
 なのです。


次回のブログは11/29(木曜日)になります。
次回のテーマは『抗生物質の副作用(なぜお腹を下すのか?)』です。


ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
 
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP