最新インプラント症例ブログ

2008年8月28日

患者様から受ける質問特集:その5

8/28(木曜日)です。


今日も前回の続きで、『患者様から受ける質問特集:その5』になります。

今日も良くある質問です。
インプラント治療中の仮歯についてです。
『インプラント治療は歯がないの?』
と思われている方がいらっしゃいます。
仮歯でもないと困りますよね。
そうしたことについて『即時荷重(即時負荷)インプラント』と合わせて解説します。
『即時荷重(即時負荷)インプラント』とは、インプラントを埋入と同時(手術時)に仮歯を作製する方法です。



質問10
 上の前歯がありません。
インプラント治療を考えているのですが、治療中、歯がないままでは嫌なので調べてみたら『即時インプラント』というのがあることがわかりました。
『即時インプラント』であれば、インプラント手術直後に歯が入るということですが、上の前歯の場合、可能なのでしょうか?

回答10
 インプラント手術時にインプラント自体に仮歯を作製し、力を加えることができる治療方法を『インプラント即時荷重(即時負荷)』と言います。
通常、インプラントを埋入後には、インプラントと骨が結合(くっつく)するまで、安静にする必要性があります。
これは、“腕”や“足”が骨折した場合、“ギブス”をして、暫く安静にするのと同じことです。
インプラントも骨と結合(くっつく)まので間(2ヶ月以上)は、力を加えず安静にすることが必要です。
そのため、インプラント手術直後には、インプラント自体に直接仮歯をつけることはできません。
しかし、近年、一定の条件さえそろえば、インプラント手術直後にインプラント自体に力を加える(仮歯で噛ませる)ことが可能であるという論文が多く報告されてきました。

ただし、『インプラント即時荷重(即時負荷)』は、全ての症例に対して行える治療法ではありません。
一定の基準を満たした、一部の症例にしか対応できないと言ってもいいでしょう。

ここでは『早期荷重(負荷)』の問題点を解説します。

まず第一点目ですが、最も大切なことになります。
それはインプラントを埋入した時(インプラント手術時)に インプラントがほとんど動かないということです。
骨がしっかりしているということです。
術前に骨の吸収があり、骨の増大治療(GBR法)が必要なケースでは、無理になります。

次に、噛む力に耐えきるため、ある程度の本数のインプラントが必要です。
1〜2本のインプラントではリスクがありすぎて行えるケースは、少ないのです。
ある程度の数のインプラントがあった方が無難です。
これは早期荷重(負荷)の臨床データから得られた条件です。

次に、インプラントの長さも大切です。
十分長いインプラントの埋入が必要です。
短いインプラントを単独もしくは、短いインプラント同士を固定しても噛む力に抵抗することができず、ダメになってしまうことが考えられます。

こうなると適応症は限られてきます。

さらに技術的な問題もあります。
インプラント埋入時に固定式の仮歯を作製する場合、
多くのケースで手術中に型を取り、噛み合わせも行います。
この段階でかなり時間がかかり、感染する可能性が高くなります。
また噛み合わせを調整したり、仮歯を装着する際にも感染する可能性があります。

こうしたことを考えると早期荷重(負荷)インプラントの適応症は骨の高さや幅が十分あり、ある程度多い数のインプラントの埋入が必要であり、
さらに治療としても難しいため、術者自体もインプラント経験が豊富な熟練した技術を持っていることが必要です。

こうなると早期荷重(負荷)の症例はかなり限定されるのが現状です。

また、『インプラント即時負荷(荷重)』でなくても、
上顎前歯部の場合、インプラント手術後には、仮歯はありますので、ご心配はいりません。
これは、インプラント自体に直接仮歯を作製するのではなく、
前歯であれば、欠損の両側の歯に仮歯を接着剤でくっつけたり、
欠損の両側が再製必要な被せ物であった場合、その被せ物を除去し、ブリッジの仮歯として使用したりします。
上記の両方の方法が不可能な場合には、仮の義歯を作製します。

いずれにせよ、『インプラント即時負荷(荷重)』が無理な場合でも
仮歯を作製することは可能ですので、ご心配されないで下さい。



次回のブログは9/1(月曜日)になります。
次回は、今日の続きで、『患者様から受ける質問特集:その5』です。




このブログが難しいという方に非常に簡単な『基礎から始めるインプラントブログ』 を開設しました。
・『基礎から始めるインプラントブログ』
基礎ブログは毎週金曜日になります。


  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP