最新インプラント症例ブログ

2009年2月16日

シンポジウム情報

2/16(月曜日)です。

今日はいつもの内容ではなく、先日(2/14〜2/15)に 東京ビックサイトで行われた ストローマン・インプラントのシンポジウムの話をしたいと思います。
インプラントメーカーが主催したインプラントの学会のようなものです。

私自身は、病院は 他の先生にまかせて 両日とも参加予定でしたが、2/15(日)は予定以上に患者様のご予約が多くなってしまったため、病院に戻ることになりました。

2/14(土)のみの聴講でしたが、参加人数が多いこと 多いこと
この手のシンポジウムでは考えられないくらいの多い参加者でした。
歯周病学会より多いくらいです。
それだけ、インプラントに関心のある歯科医師が多いのでしょう!

さまざまなテーマがありましたが、今回 ストローマン・インプラント  ( I.T.Iインプラント)で形状が大きく変わった種類(簡単に言えば新しいタイプのインプラント)の発表が行われました。

カタリーネン病院(ドイツ)/口腔外科・顎顔面整形外科ディレクター、ディーター・ワインガルト教授による『ボーンレベル・インプラント』という講演です。

この『ボーンレベル・インプラント』は、すでに海外では使用されているインプラントです。

このインプラントの詳細は、また後日ブログで書きますが、簡単に どのようなインプラントかと言いますと、審美性を重要視させたタイプのインプラントです。

初期のインプラントは、機能(噛むこと)を中心としたインプラントの開発が中心でした。
また、インプラントと骨が結合(くっつく)までの期間を短縮する開発が中心でした。

しかし、インプラント治療が普及するにつれ、審美的な要求がどんどんと強くなってきました。
噛めれば良いということではありません。

より天然歯に近く、自然なことをめざして開発は進んでいったのです。

今回のシンポジウムでもこうした審美性をテーマとした発表も多くありました。

現在ではインターネットで多くの情報を得られる時代になっています。
患者様も『より審美的に…』という要求が強くなってきています。

しかし、あまりにも審美性のみを追求し過ぎると問題が生じることもあります。

特に骨の吸収が進行した場合には、審美性に問題を生じる可能性が高くなります。
このブログでも良く書きますが、歯を失わないことが最も大切です。
そのためには、きちんとした検査を行い、問題があれば早期に対応(治療)することです。
また、抜歯後にインプラント治療をご希望の場合には、骨の吸収が進行する前に対処することが最も大切です。

歯を失わないということでは、予防が大切になります。

最近 若い方が多く来院されます。
先日来院された若い患者様は、他歯科医院 で虫歯が深く神経を取り除く治療を行ったが、
治療が中断してしまい、その後 痛みがあったので転院し、当医院に来院された ということでした。

神経を取り除く時には、歯を大きく削ります。
そのため、治療途中になってしまうと 削った部分から感染が起こり、さらに問題は悪化してしまうのです。

若い方は、どうしても興味の中心が他にありますので、なかなか治療を継続して行うことが難しくなります。

本当は、最初の段階で治療を行っていれば、治療回数も少なく行えますが、
問題が大きくなるにつれ 治療も大変になるため、通院回数も増えてきます。
また、歯の状況も悪化してきます。

治らない確率も高くなってくるのです。
そして、通院回数が増えてくると 通院も困難になります。

結果的に治療が中断してしまいます。

このようなことを繰り返すことにより 歯がダメになっていきます。

特に神経のない歯は非常にリスクが高く、若い年齢で神経を取った歯は、
いづれ『抜歯』となる確率が かなり高くなります。

治療が中断して転院を繰り返しているような患者様は、結果的に多くの歯を失うことが多いのは事実です。

最終的に歯がなくなった場合、インプラントをすれば良い ということではなく、歯がダメにならないことが最も重要です。

インプラントは、天然歯の変わりになることはできますが、天然歯と同じではありません。




次回のブログは2/19(木曜日)になります。
次回は、またいつものブログに戻ります。





  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP