最新インプラント症例ブログ

2010年3月18日

インプラント症例:31回目

3/18(木曜日)です。

今日は、家族で1日『人間ドックの日』です。
毎年この時期に行っています。
2〜3日前から検査ケータを取るために、痰(たん)の採取を行ったり、便の採取を行い、前日からは絶食です。
今日は長い1日になりそうです。
毎年のことですので、検査スケジュールは分かっていますので、文庫本を持って検査にいどみます。
みなさんも『人間ドック』を受けた方がいいですよ。
ただし、人間ドックといってもどこまで検査するかによって大きく違ってきます。
可能な方は、できるかぎり詳しい検査をされた方がいいです。
人間ドックは確かに検査費用はかかりますが、
病気が悪化した状態で発見されれば、治療費はそれどこではありません。
結果的に検査(人間ドック)を受けていた方が安くすみます。
当然病気が発見されるのであれば、早いにかぎります。

そう考えれば、歯周病検査 なんて簡単なものです。
検査時間は30分もかかりませんし、費用も保険であれば2.000〜3.000円程度です。(3割負担の方)
インプラント治療をご希望される方の多くは、歯周病で歯を失った方です。
もっと早く歯周病検査 を行い、歯周病の治療 を開始していれば、
治療費 も安くなったはずですし、通院回数 も少なくできたはずです。
どのような治療もそうですが、早く対応すればそれだけ 簡単になります。

このブログが書き終わったら、人間ドックに行きます。
急がなければ…


それでは、今日も『インプラント症例』になります。

このブログでは、歯根破折 について良く書いています。
それは、歯根破折 により抜歯となることが多いからです。

以前の歯根破折 のブログについては以下を参考にして下さい。
  1.3/4の歯根破折症例
  2.2/25の歯根破折症例
  3.2/22の歯根破折症例
  4.2/11の歯根破折症例
  5.1/25の歯根破折症例
  6. 1/14の歯根破折症例
  7. 1/11の歯根破折症例
  8. 1/ 7の歯根破折症例

さて 本日も歯根破折 症例なのですが、骨吸収が大きかったために、インプラントを行うのが難しいケースでしたが、大変な骨移植 避けて治療を行ったケースをご紹介します。

実際の症例を見てみましょう。
以下のレントゲンは、初診時になります。
スライド01

上顎の右側の奥歯の被せ物が取れた とのことで来院されました。
スライド02

この折れた歯は、神経がない歯です。
本当に神経のない歯は脆いです。
折れる確立が非常に高いのです。
ちなみにこの方の口腔内のほとんどは、神経がない歯です。
以下のレントゲンの赤丸は、神経がない歯です。
スライド03

今回、被せ物が取れた上顎右側の奥歯以外にも問題がある歯が多いのです。
今後、どんどんと問題が起こってくることが想定されます。
患者様には、問題はかなりあることをご説明しましたが、仕事が忙しく頻繁に通院が難しいため、
噛む場所をきちんと確保するために、まずは上顎の右側の欠損部分をインプラント治療を行いたい とのご希望がありました。

上顎の右側の1歯は抜歯になります。
スライド04

抜歯後のレントゲンが以下になります。
スライド05

インプラント治療前に診査をした結果、骨吸収の問題がありました。
いつものように 骨吸収の状態を分かりやすくするために 骨吸収の状態を線で書いたのが以下のレントゲンになります。
青線が骨吸収を起こす前の骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。
緑線は上顎洞です。
上顎洞(緑線の上方)は空洞です。
骨ではなく、穴が開いているのです。
上顎洞の詳細は、以下を参考にして下さい。
        上顎洞
スライド06

以下のレントゲンは、
上顎洞(空洞部分)を緑色
骨吸収した部位を赤色であらわしたものです。
現在残っている骨は、緑色赤色の間のみになるのです。
骨がかなり吸収しているのが分かるかと思います。
スライド07

治療計画として、下顎の右側の一番奥の歯は親知らずのため、
この歯と噛み合う部分にはインプラントを埋入しません。
そのため、以下のレントゲンのように2本のインプラントを埋入する計画になりました。
スライド08

しかし、先程の骨吸収のレントゲンからみても分かるように
骨吸収と上顎洞 との関係からインプラントを埋入する部位は限られてしまいます。
骨の高さが少ないため、現状では以下のレントゲンのように短いインプラントしか埋入できません。
スライド09

これでは、適切なインプラント治療とは言えません。
そのため、最終的な治療計画は、以下のようになりました。
スライド10

奥のインプラントは、極力長いインプラントを埋入するため 斜めに埋入する傾斜埋入 という治療法を行うことにしました。
また、手前のインプラントも極力長いインプラントを埋入するためにソケットリフト法 という治療を併用して埋入することにしました。
こうした治療法により、大変な骨移植(サイナスリフト法:上顎底挙上術) を避けることが可能になりました。
以下のレントゲンが上顎右側の治療終了後です。
スライド11

治療終了後のレントゲンに骨吸収上顎洞 の関係を合成したのが、以下になります。
スライド12

骨の存在しない部分を避けて 可能なかぎり長いインプラントを埋入しているのが分かるかと思います。

患者様のご都合もあり、この時点でいったん治療は終了になりました。
しかし、まだまだ問題は多く抱えているのです。
神経がない歯が多いですから…
最近になり、下顎右側の奥歯が取れて来院されました。
取れた歯は、虫歯が深く、抜歯となりました。
神経がないと問題は多いです…
スライド14

この歯を抜歯後にインプラントを埋入したのが以下のレントゲンです。
スライド15

この患者様には、まだまだ治療を行いたい部位がいっぱいあります。
しかし、お仕事の都合等でなかなか進まないのが現状です。
しかし、あまり治療が進まないと最終的には多くの歯がダメになってしまいます。
可能であれば、できるかぎり早急に治療を行いたいものです。

本日のインプラント症例は、骨吸収が高度に起こっているケースに対し、
骨移植を避けるために、傾斜埋入 ソケットリフト法 で対応したケースでした。


次回のブログは3/22(月曜日)になります。
通常のインプラント治療ではなく、さまざまな問題に対して対応した症例をご紹介します。
現在インプラント治療で悩まれいてる方に当てはまるケースもあるかと思います。



今週(3/16〜17)のインプラント手術報告

今週(昨日)のインプラント手術の中から、
難しいケース であったり、
特殊なケース 等を抜粋して、紹介するコーナーです。

この2日間は、骨吸収の程度もさほどなく、簡単なケースが多かったですね。

一昨日のケースは、上顎にインプラントを1本埋入 のみ 埋入しました。
この患者様は、以前にもインプラント治療(上下顎に数本のインプラントを埋入しました)を行っている方です。
今回は、メインテナンス(定期検査) 期間中に神経のない歯が歯根破折 を起こしたため、抜歯した症例です。
1本のインプラント埋入のみでしたので、手術時間は5分程度(麻酔時間 等を除く)でした。

使用したインプラントは、アンキロス インプラント でした。
当医院では、前歯部の治療では 第一選択肢となっているインプラントです。

このような簡単な症例ばかりであるといいのですが…
なかなかそうはいきません!!

明日のインプラント手術は結構大変なケースです。
骨幅が2ミリ程しかないのです。
ちなみにインプラントを適切に行うために必要な骨幅は、約6ミリです。

今後の治療スケジュール
今後の予定としては、
1. 約7〜10日後に“抜糸”、
2. その後、 約4ヶ月後に型を取ります。


お知らせです。
このブログ以外にも 2つのブログを毎週書いているのですが、
現在インプラント基礎ブログ では、『骨粗鬆症治療薬 と 歯科治療の関係』 について シリーズで解説をしています。
明日(3/19)は、最終回です。
ご興味のある方はご覧になって下さい。
    インプラント基礎ブログ(骨粗鬆症治療薬 と 歯科治療の関係)
基礎ブログは、毎週金曜日にアップしています。



 インプラントモニター募集(20%割引
現在、新規にインプラント症例集のページを作成しています。
さまざまなケースを見ていただくことにより、よりインプラント治療についてご理解していただきたいと思います。
そのため、症例を公開しても大丈夫という方(インプラントモニター)を募集しています。
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談



・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP