最新インプラント症例ブログ

2010年7月29日

インプラント症例:64回目

7/29(木曜日)です。
このインプラント症例ブログは毎週 月曜日木曜日にアップしています。
『64回目のインプラント症例』になります。

本日は始めに夏期休暇についてのお知らせです。
8/9(月)〜8/16(月)まで休診となります。

これだけ暑い毎日が続くと インプラント治療を希望されて来院される患者様も少なくなると思っていましたが、これが逆で どんどんと増えています。
毎日、毎日 治療計画を立てているのですが、これが追いつかないくらいです。
でも難症例ばかりです…

本日 ご紹介するような難症例ばかりです。

このブログで多い症例の一つとして、上顎の奥歯に骨吸収を起こしているケースがあります。
インプラントは、チタンでできたネジを骨の中に埋め込む治療です。
そのため、骨の状態(骨吸収程度)によって
インプラント治療が 適しているか?
インプラント治療が 適していないか?
があります。
骨吸収が大きく起こっている場合には、インプラント治療は困難になります。

本日ご紹介するケースは、上顎の左右奥歯に非常に進行した骨吸収があった方です。
骨の高さは、1〜2ミリ程度しか存在しておらず、
通常のインプラント治療では不可能だったケースです。

本日の症例の話しを紹介する前に 骨吸収 と 上顎洞 という話しからしたいと思います。
これが分からないと今回の症例をご理解するのは難しいのです。
( 現在基礎ブログでもこのようなケースの話しをしています )

上顎の奥歯の上方には『上顎洞』という空洞があります。
上顎の奥歯の上に存在する骨の空洞になっている部分のことです。
多くの場合、歯が存在すると この上顎洞 と 上顎の骨の距離は一定の幅がありますが、
歯周病等で骨が吸収してしまうと 上顎 と 上顎洞との距離が薄くなってしまいます。
その結果インプラントを行えないことがあります。
以下は、上顎洞の図です。
p_img_01


A 歯がある状態で上顎洞までの距離があり、十分な骨の高さがある。

B 歯を失った後でも上顎洞までの距離があり、十分な骨高さがある。
  インプラントを行うのに問題はない。

C 歯周病等で骨が吸収してしまったために上顎洞までの距離がなくなり、
  インプラントを行うのに十分な骨の高さがない。
  上顎にインプラントを希望する患者さんの多くは(60%以上)このような状態である。
  このように歯を抜いた場所は年々やせて、場合によっては1〜2mm程度の幅しかない方もいます。

それでは、参考例のレントゲンを見てみましょう!
まず、骨吸収がさほどなく、上顎洞まで十分な距離があるレントゲンです。
以下のレントゲンの赤線は、骨の吸収状態を表しています。
緑線は、上顎洞です。
赤線緑線の間に一定の幅(距離)があります。
20100723005818c72

次に骨吸収があり、上顎洞も下がっている状態です。
この場合、赤線緑線の間にはほとんど隙間がありません。
201007230100437f7

こうなると治療は難しくなります。

それでは、どの程度骨吸収があると問題なのか?
という具単的な数値について解説します。

一般的に骨吸収が少ない状態とは、上顎洞と骨との距離が10ミリ以上の場合です。
骨の高さが10ミリ以上あれば、
長さ10ミリのインプラントを埋入できるということです。
これ以下の長さのインプラントでは、上顎で安定したインプラントは行えません。
骨の吸収上顎洞の存在により治療は大きく変わってくるのです。

骨の吸収が大きい場合には、骨移植という治療法を行います。
この治療をサイナスリフト法(上顎底挙上術) と言います。
この治療法を行えば、骨吸収が大きくても ほとんどのケースでインプラント治療が可能になります。
しかし、こうした方法は非常に大変なのです。

それでは、上顎の奥歯において骨吸収が大きく、骨の高さが10ミリ以下の場合には
必ず骨移植を伴うサイナスリフト法(上顎底挙上術) が必要かと言いますと 
そうではありません。
5ミリ程度骨の高さが存在すれば、骨移植を伴うサイナスリフト法(上顎底挙上術) を行う必要性はありません。
骨の高さが5ミリ程度残っていれば、ソケットリフト法 という比較的簡単な治療法で行えます。
骨の移植もありません。

今回ご紹介する症例は、上顎の左右奥歯が欠損しており、
骨吸収が著しく起こっていました。
骨の高さも1〜2ミリ程度しかありませんでした。
1〜2ミリですよ。
大変なことです。

それでは、今回の症例の初診時レントゲン写真をみましょう!
スライド01

上顎の右奥歯が3歯欠損、
上顎左側の奥歯が4歯欠損していました。
スライド02

長い間欠損のままになっていました。
義歯(入れ歯)は、作製したことがありましたが、
違和感が強いため、使用できませんでした。
こうした方は多いですね。
スライド03

最近になり、上顎右側の奥歯がグラグラしてきたため、
さらに歯を失うことに不安を持ち インプラント治療を希望して来院しました。

いつものように 骨吸収の状態を分かりやすくするために
骨吸収の状態を線で書いたのが以下のレントゲンになります。
青線が骨吸収を起こす前の骨の位置です。
赤線は、現在の骨の位置です。
スライド04

さらに分かりやすくするために 骨吸収部位を赤色の領域で表しします。
スライド05

奥歯では、骨の吸収が非常に進行しているのが分かるかと思います。
次に本日の最初にも解説しました上顎洞です。
以下の緑線は上顎洞という空洞です。
緑線の内側は空洞なのです。
骨ではありません。
ただの 穴 です。
スライド06

これも さらに分かりやすくするために、上顎洞 を緑色で表示します。
スライド07

骨吸収の状態、
上顎洞の存在から
上顎の奥歯では、インプラントを埋入するための骨の高さがほとんどないことが分かると思います。
具体的には、上顎の右側では骨の高さが1ミリ程度、
上顎の左側では骨の高さが2〜3ミリ程度しか存在しません。
この状態では とてもインプラントを行うことはできません。

いつも このブログでは、骨吸収が起こっている症例の場合、
骨が存在する部位にインプラントを斜めに埋入するインプラントの傾斜埋入
カンチレバー
ソケットリフト法
等で対応することが多いのですが、これほど骨吸収が進行している場合には こうした方法ではインプラントを埋入すること自体が無理になります。
スライド08

奥歯にインプラント治療を行うためには、上顎の右側に3本、左側に4本のインプラントが必要になります。
スライド09

しかし、そのためには どうしても骨移植が必要になります。
先にも解説しましたサイナスリフト法(上顎底挙上術) です。
スライド10

そしてインプラントを埋入するのです。
スライド11

患者様は どうしても義歯は嫌であり、
どうにかインプラント治療を行いたい 
との強いご希望があったため、
サイナスリフト法(上顎底挙上術) を行うことになりました。
しかし、ここでさらに問題があります。
骨移植といっても 今回の症例のように これだけ骨吸収が起こっていると
移植する骨の量も ものすごい量が必要です。
通常 骨移植を行う場合、移植する骨は、口腔内から採取します。
一般的には、
顎の尖端 とか
親知らず周囲 とか 
です。
しかし、口腔内からとってこれる骨の量には限界があります。
今回の症例のように骨移植する量が多い場合には、
腰骨から採取します。
しかし、腰から骨をとってくる場合には、入院が必要であり、
患者様の負担も大きいのです。
また、先程のように 
上顎右側に3本、
上顎左側に4本
のインプラントを埋入することは、費用的にも高額になってしまいます。
患者様のインプラント治療の希望、
治療費の削減、
治療負担の軽減
等を考えて最終的なインプラントの計画は以下のようになりました。
スライド12

最終的には 奥までインプラントを行わない計画になりました。
スライド13

こうすれば、治療費の負担軽減になるだけでなく、
治療に対する身体的な負担も可能なかぎり少なくなります。
次に問題となったのが、上顎左側の奥歯です。
以下のレントゲン写真の歯がグラグラしていたのです。
スライド14

将来性のないこの歯は、抜歯が必要です。
スライド15

そして、以下のように上顎右側の奥歯には3本のインプラントを埋入します。
スライド16

しかし、患者様のご希望としては、
上顎右側のこの歯を抜歯すると 審美的に問題が生じるため、すぐには抜歯したくないとの希望がありました。
スライド17

そのため、現時点ではこの歯は抜歯しないことにしました。
後で抜歯するのです。
スライド18

しかし、これが 後から問題となったのです。
スライド19

最終的には、最小限の範囲でサイナスリフト法(上顎底挙上術) を行い、
最小限の範囲でインプラントを埋入することになりました。
以下は、骨移植を行った後です。
スライド20

少し分かりづらいと思いますので、術前と比較してみましょう。
スライド21

もっとわかりやすくするために、さらに拡大します。
まず、上顎右側です。
スライド22

治療後には、移植した骨が白っぽく見えると思います。
以下の白い矢印が 今回移植して骨が増えた部分です。
スライド1

このレントゲンに上顎洞骨(吸収した状態)の線を書いたのが以下です。
スライド2

骨が大幅に増大したのが分かると思います。

次に上顎左側です。
スライド23

奥の方に移植した骨が白く見えると思います。
同様に 以下の白い矢印が 今回移植して骨が増えた部分です。
スライド3

このレントゲンに上顎洞骨(吸収した状態)の線を書いたのが以下です。
スライド4


本日はだいぶ長くなってしまいましたので、これで終了です。
次回のブログは、インプラントを埋入するところからです。


次回のブログは8/2(月曜日)になります。
次回もまだまだ続く『インプラント症例』です。
さまざまケースを紹介しますので、きっと あなたと同じような症例があるはずです。

今週(7/27〜28)のインプラント手術報告

今週(昨日)のインプラント手術の中から、
難しいケース であったり、
特殊なケース 等を抜粋して、紹介するコーナーです。

それでは、今週のインプラント手術の中から上顎にインプラント埋入を行った1症例について解説します。

前回のブログでも書きましたが、最近は本当に難症例が多いです。
特に上顎前歯部は、骨吸収が起こっている場合、審美的に問題となることが多いのです。
昨日行ったケースでも 骨吸収が非常に起こっており、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法)  等さまざまな方法を行ってインプラントを埋入しました。
2267_0010101


今後の治療スケジュール
今後の予定としては、
1. 約7〜10日後に“抜糸”、
2. その後、 約4ヶ月後に型を取ります。

治療費
インプラントモニターの場合、1本168.000円(消費税込)になります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。

 インプラントモニター募集(20%割引
現在、新規にインプラント症例集のページを作成しています。
さまざまなケースを見ていただくことにより、よりインプラント治療についてご理解していただきたいと思います。
そのため、症例を公開しても大丈夫という方(インプラントモニター)を募集しています。
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。



      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談


2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP