最新インプラント症例ブログ

2013年1月17日

インプラント治療が保険適応!?

2013年 1月17日(木曜日)です。

始めに新しいブログの新規開設のお知らせです。

昨年 歯周病ブログでも説明してきました「口臭外来」ですが、
いよいよ 今年の4月2日(火)より予約を開始することになりました。
それに先立ち新しくブログも公開します。
口臭外来ブログ です。
まだ、何曜日にアップするかは決まっていませんが、
いまのところ1週間に1〜2回程度アップ予定です。
ご興味のある方は口臭外来ブログ をご覧になって下さい。


この最新インプラント症例ブログは毎週木曜日にアップしています。
インプラントの保険適応になります。

本日はインプラント症例ではなく、「インプラントの保険適応!」の話になります。

「インプラントが保険適応?」
と びっくりされるかと思いますが、本当です。
これは、平成24年4月から一部保険に適応されました。
ただし、一般的な症例は無理であると思って下さい。

保険適応されたインプラントの詳細について解説します。

まず、病気事故などで広範囲にわたって顎の骨を失ってしまった場合に、
国が定めた条件を満たせば、インプラント義歯治療 が保険適用されます。

病気事故というのが前提です。
歯周病 や 虫歯 で歯を失った場合 や 加齢により骨が痩せてしなった場合には適応外です。

そのため 残念ですが、インプラント治療を考えられているほとんどの方は、当てはまらないといえます。

さらに以下のことも適応基準になります。

• 腫瘍 や 顎骨骨髄炎 などの病気や、事故の外傷などによって、
広範囲にわたり 顎の骨を失ってしまった状態


• もしくは これらが骨移植によって顎の骨が再建された状態であること


• 医科の保険医療機関の主治医によって、先天性疾患(うまれつきの病気)と診断され、
顎の骨の1/3以上が連続して欠損している状態


• 顎の骨の形成不全であること

となります。

さらに骨吸収程度については、

上顎では、
顎の骨の1/3以上が連続して欠損している、
もしくは上顎洞、または鼻腔へと繋がっていると診断されていること

下顎では、
顎の骨の1/3以上が連続して欠損している、
もしくは腫瘍などの病気によって下顎を切除したと診断されていること

となります。

もうこうなるとほとんどの方が適応ではないと考えられます。

さらに どこでも治療を受けられるわけではありません。
以下のような条件が整っている施設のみで可能です。

1.病院(入院用のベッドが20床以上ある施設)にある歯科 または 口腔外科

2.下記のどちらかに該当する歯科医師が、常勤で2名以上配置されていること

  a.その病院の歯科、または口腔外科で5年以上の治療経験を有するもの

  b.インプラント義歯の治療経験を3年以上有するもの

3.当直体制が整備されていること

4.国が定めている医療機器や医薬品などの管理が整備されていること


こうなるとほとんど治療を行える施設は、ありませんね。

一般的な開業医では100%無理です。

日本の保険適応ってこんなものなんですよ!

患者様からの時々
「インプラント治療は保険にならないのですか?」
という質問を受けることがあります。

みなさんもご存知のように 現在日本の保険財政は非常に厳しい状態です。
そうした中で、今後 多くの人が適応となるようなインプラント治療が
保険に適応されることはまずないでしょう。

インプラント治療が保険に適応される前に
生命に直接関わる病気の治療を保険適応したり、
海外等で使用されている新薬 等を保険に適応する方が最優先です。

医療費が年々増加し、年金財政も厳しい状態で、
インプラント治療の保険適応はまず無理であると考えた方が良いでしょう。

また、話は変わりますが、ご存知のように消費税の引き上げが決まっています。
2014年  4月に  8%、
2015年 10月に 10%
となります。

インプラント治療も当然のことながら消費税がかかりますので、
治療を検討されている方は、早めが良いでしょう。
インプラント治療は駆け込みは難しい場合があります。
つまり、インプラントを希望すれば、次の日に可能ということではありません。

例えば、歯周病がある場合には、インプラント治療の前に歯周病治療を終了させることが必須です。

他に噛み合わせの問題 等 さまざまな問題を抱えている場合にも
インプラント治療前に問題解決しないといけないこともあります。

そう考えれば、せめて消費税の引き上げの半年以上前には、
検査をしないと間に合わない方もいらっしゃいます。
症例によっては、1年以上前からインプラント治療の下準備が必要な場合もあります。



次回は、また症例に戻ります。
次回の最新インプラント症例ブログは、1/24(木)となります。


治療費
インプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。
インプラント   1本  168.000円(消費税込) 
被せ物(白い歯) 1歯  105.000円(消費税込)〜
合計 273.000円(消費税込)〜
になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、1歯 73.500円(消費税込)になりますので、
合計 241.500円(消費税込)
になります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
OAM(大口式)インプラントシステム
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。
治療計画以上の追加費用はありません。
全て含まれた費用です。




 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

オリコン歯科医院ランキング2012年度版発表!

オリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の2012年度版が
公表されました。
オリコンは、音楽以外でもさまざまな分野でアンケート調査を元にしてランキングを発表しています。
当医院はインプラント治療で 11部門中 5部門で ベスト10入りをしました。
ランキングされた多くの歯科医院は、大学病院 や 規模の大きい歯科医院ばかりでしたので、当医院のような小規模の個人歯科医院が選出されることはとても喜ばしいことです。
今後も多くの患者様に支持されるよう スタッフともどもがんばってきたいと思います。

ランキングの詳細は、以下をクリックして下さい。
  オリコン2012年 インプラント治療前のケア・説明部門: 7位
  
  オリコン2012年 インプラント治療の丁寧さ部門: 10位
  
  オリコン2012年 インプラント治療結果部門: 8位
  
  オリコン2012年 治療プランの充実度部門: 10位

  オリコン2012年 治療後のアフターケア・保障制度の充実度部門: 6位

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。




大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト 審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは 治療費(費用)の説明や インプラント症例 無料相談コーナーもあります。
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP