最新インプラント症例ブログ

2018年1月の記事一覧
2018年1月25日

歯が多く欠損している時には 欠損全てにインプラントを行わないといけないの?

2018年 1月25日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

本日のテーマは歯が多く欠損している時には 欠損全てにインプラントを行わないといけないの?という話です。

歯が何かの理由で抜歯すると欠損となります。

虫歯とか
歯周病とか
根の先に膿が溜まったとか
歯が折れたとか

抜歯する理由は多くあります。

抜歯した場合には、その欠損部を治療するためにいくつかの治療方法があります。

1. ブリッジ
2. 義歯
3. インプラント
が一般的な治療法となります。

もちろん欠損部は治療することが必要ですが、
必ず治療となるかというと
そうではありません。

患者様の希望や都合で
全ての欠損を治療しないこともあります。

我々はベストな治療方法を目指しますが、
患者様がどこまでの治療をご希望されるかによっても
最終的な治療方針は変わります。

本日の2症例は、そうしたベストではないが
患者様のご希望により治療方針が決まった症例をご紹介します。

最初の症例です。

このレントゲンからみてもわかるように
歯がない部分が多く認められます。

さて問題なのは残っている前歯なんですね
前歯がグラグラで抜けそう
とのことで来院されましてた。

歯周病 や 根が折れていたり等
様々な問題を抱えていました。

歯がグラグラしていた大きな原因は、
歯を支えている骨が吸収してしまっていたからです。

骨吸収を起こした原因は感染です。

以下の青線が骨吸収する前の骨の位置です。

以下の赤線が骨が吸収した現在の骨の位置です。

重ね合わせてみましょう!

骨が吸収することで歯がグラグラしていたのです。
赤線青線を見ると骨が相当に吸収(溶ける)しているのがわかるかと思います。

診査の結果、以下の×印の歯はどうしても治療することができず
抜歯しか方法はないことがわかりました。

さて抜歯するとさらに歯がない部分が増えていきます。
現在歯が欠損している部分を示してみます。

患者様は欠損部位にインプラント治療をご希望されました。
残せる歯は徹底して治療した場合には、
ベストなインプラント治療計画はどのようになるのでしょうか?

インプラントの治療計画は、
残っている歯の状態や
噛み合わせ、
将来性

様々なことを考慮して計画を立てるため、
いくつもの治療プランが考えられますが、
まず欠損部をインプラント治療で行なった場合には以下のようなプランが考えられます。

まず抜歯します。

その後以下のようにインプラントを埋入します。

もちろんこうしたプランは奥までしっかりと噛めますし、
審美的にも優れています。
ベストプランの一つと言えます。

しかし、全ての患者様がこうしたプランをご希望されるかと言いますと
違います。

治療費用の問題であるとか
治療期間の問題であるとか
治療の大変さであるとか

患者様のご希望にも考慮して治療プランが最終的に決定されます。
もちろんリスクの高い治療計画であってはいけませんが、
ベストな治療計画だけを求めてしまうと
患者様にとっては大きな負担となることもあります。

このケースの患者様は、
抜歯した後には、義歯は希望されず、
見た目に問題がない前歯の部分のみにインプラント治療をご希望されました。

そこで最終的なインプラント治療プランは以下となりました。

奥歯にインプラント治療を行わないわけですから
前歯への負担は大きくなります。

しかし最初のベストプランではあまりにも治療費が高額になってしまい、
現実的には行うことができないのです。

今できる範囲で可能な限り患者様の生活スタイルを維持できるようにしていきたいものです。

しかし、奥歯が欠損しているため定期的な噛み合わせの管理等が重要になります。

以下が治療後です。

次の症例です。
下顎右側奥歯に違和感を感じられて来院されました。

診査の結果、下顎右側奥歯は根が折れている
歯根破折という状態でした。

抜歯となります。

さて抜歯後にはどのような治療プランがあるのでしょうか?
一つは、義歯です。
もう一つはインプラントです。

患者様は義歯はご希望されなかったため、
インプラント治療になりました。

ここで欠損を確認してみましょう。

このような場合のインプラント治療は以下になります。

しかし患者様は
右側奥歯は長いこと欠損のままだったので奥歯まではいらない
とのことでした。

そこで最終的なインプラント治療計画は以下になりました。

もちろん一番奥歯までインプラントを行なった方がより良いでしょう。
しかし、先ほどの患者様と同様に治療箇所が増えれば
それだけ治療費はかかります。

そのため、どこまで治療を行うかは
患者様のご希望や
口腔内の様々な状況を踏まえ決定されます。

以下が治療後です。

本日は、
歯が多く欠損している時には 欠損全てにインプラントを行わないといけないの
という話でした。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2018年1月18日

インプラント最新症例 2018.1.18

2018年1月18日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

今年最初のインプラントブログです。

今年も講演の依頼が多く、
スライド作成に追われている日々です。

最初の講演が3日後にあるのですが、まだまだ終わっていません。

次の講演は1日(7時間)話のでそれなりのデータ量が必要となりますので
作るのにも時間がかかります。

さて本日の症例は非常に問題があった患者様ですが、
初診時では全ての治療が行えず、
10数年の長い年月をかけて段階的に治療を行なった方です。

まず初診時のレントゲンから見てみましょう。
下顎の左右奥歯が欠損していました。
奥歯で噛めないとのことでインプラント治療をご希望されました。

下顎の左右奥歯にインプラント治療を行うことはさほど難しいことではありません。
ただ、問題となっているのは下顎の左右の奥歯が欠損しているだけではありません。

神経のない歯が多く様々な問題を抱えていました。
以下の赤丸印は神経のない歯です。

●印の歯にはそれぞれ問題を抱えており、
治療の必要性がありましたが、
患者さんは下顎の欠損部のみの治療をご希望されました。

現状で問題となっている歯のリスク等についてご説明させていただいた後ご理解をいただき、
患者様のご希望である下顎の左右の奥歯のインプラント治療の計画を立てました。

ただどうしても問題が大きい下顎左側の1歯は抜歯がどうしても必要であることを説明いたしました。
抜歯の理由は歯根破折です。

神経のない歯は非常に脆く、
突然折れてしまうことがあります。

以下のバツ印は抜歯となりました。

以下がインプラント治療後です。

インプラント治療後には、必ず定期管理(メインテナンス)にご来院いただけました。
患者様は歯磨きも非常に熱心であり、
毎回のメインテナンスでもほとんど汚れの付着は認められない状態です。

10数年経過した後
上顎右側の歯が折れました。

先にもありました神経のない歯です。
以下のバツ印です。

抜歯しか方法はありませんでした。
この患者様の場合、上顎の右側には3歯分歯が欠損していました。
3歯欠損に対して、3歯でブリッジとなっています。
どうしてもブリッジを支えている歯には負担が加わります。
そのブリッジの土台となっている歯が神経がないのです。
(一番奥歯のみ神経があります)

長い年月の間に、ブリッジとなる歯に負担が加わったり等問題が加わっていきます。

抜歯後にはインプラント治療をご希望されました。
以下がインプラント手術直後です。

インプラントの被せ物を装着はやはりメインテナンスです。

今までと同様に患者様は、必ず定期管理にご来院されましてた。
口腔清掃管理も問題ありません。

それから数年後に上顎左側のブリッジがガタガタして取れそうになってきました。

このブリッジ自体は私の治療ではなく、
前歯科医師の治療ですが、かなりの期間が経っています。

折れたのかな?
と思ってブリッジを撤去しました。

ブリッジの中で虫歯は進行していましたが、
歯根破折はしておらず、
虫歯もなんとか取り除くことができましたので
再度ブリッジを作成することにしましてた。

本来であれば、将来性の低い歯でブリッジは避けたいところではありますが、
患者様にとっては、抜歯は避けたいという思いがあるのは当然のことです。

そのため、できる限りの治療を行い、保存することにしました。

今回はジルコニアという素材でブリッジを作成しました。
以下が治療後です。

今回の患者様のように
神経のない歯が多く、ブリッジとなっていたり、
様々な問題を抱えている場合には、
一度の治療で全てを行うことは難しい場合があります。

現在痛み等問題が生じていない場合には、
患者様ご自身も治療をご希望されないことも多いです。

リスク軽減のためには、早期の対応が本来は重要なのですが、
今回のように長い年月をかけて治療を行うこともあります。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP