最新インプラント症例ブログ

2019年5月の記事一覧
2019年5月30日

骨再生治療(GBR法)とインプラント治療

2019年 5月30日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

『骨再生治療(GBR法)とインプラント治療』になります。

本日もインプラントの症例をみていきましょう。

以下が初診時です。

下顎左側奥歯は、すでに欠損している方で、
現在一番奥歯になる歯がグラグラしている状態でした。

診査の結果、下顎左側の奥歯は、
根が折れている状態でした。

歯根破折です。

このブログで本当によく紹介する状態です。

神経のない歯は非常に脆いので折れることが高頻度で起こります。

歯根破折しても
折れた部位がよければ治療することは可能です。

しかし、歯自体が垂直的に折れていたりする場合には、
治療して歯の折れた部位をくっつけることができません。

抜歯なのです。

ここで問題となるのが、
歯根破折した状態がどれだけ長くあったかということです。

折れた状態を放置すると
折れた部位から感染が起こり、
歯を支えていた骨が吸収(溶ける)してしまいます。

できれば折れたことが分かればすぐに抜歯した方が良いです。

今回の症例の患者様も
歯根破折した状態が長く続いてしまっていました。

感染はどんどんと拡大してしまっていました。

感染による骨吸収をみてきましょう。

まず、骨吸収が起こる前の骨の位置が以下の青線です。

そして骨吸収した現在の状態を赤線で書いてみます。

2つの状態を重ねてみましょう。

青線から赤線まで骨が吸収してしまったのです。

このような場合どうすれば良いのでしょうか?

インプラント治療はできないのでしょうか?

そんなことはありません。

インプラント治療には、骨を再生(増大)させる治療があります。

これをGBR法と言います。

実際にインプラント治療をご希望されて来院される患者様の多くは、
インターネットでインプラント治療の様々なことを調べられてご来院されます。

そのため、GBR法について知っていらしゃいます。

ただし、インターネットでは、
GBRとはどんな治療法なのか
GBR法の術式
場合によっては、GBR法の症例
が載っていることもあるかと思います。

これらをご覧になると
患者様は、
「骨が吸収していてもGBR法さえ行えば大丈夫だ」
と考えられます。

しかし、それは違うのです。
GBR法は、魔法の治療ではありません。

いくらでも骨が再生(増大)するわけではありません。

再生(増大)量にも限界があります。

また、患者さんにとってもっとも大きいのが治療の大変さです。

骨吸収が大きければ大きいほど
治療は難易度が高くなります。

骨吸収が大きい難症例になればなるほど治療は大変です。

治療後の腫れや痛みが起こる確率が格段に高くなります。

難易度の低いGBR法であれば
治療後にさほど腫れることはありませんが、
骨吸収が大きくなると
腫れる確率は格段に高いです。

実際に、高度の骨吸収が生じている患者様の場合、
GBR法を行い、インプラント手術を行うと
全ての人ではありませんが、
非常に大きく腫れる方もいらっしゃいます。

我々にとっては、
こうした治療法は日常のことですが、
当然のことながら患者様にとっては、初めてのことですので
腫れるとびっくりされます。

もちろん治療前に腫れることは、患者様にお伝えしておきますが、
腫れることを想像していることと
実際に腫れることでは大きな違いがあります。

できる限り簡単なインプラント治療となるためにも
悪い状態にならない方がいいです。

さて先ほどの症例に戻りましょう。

以下がインプラント手術後です。
2本のインプラントを埋め込みました。

一番奥のインプラントは、骨吸収がさほどない部分でした。
しかし、奥から2本目のインプラントは、術前の状態でも説明しましたように
骨吸収が非常に大きかったため、
インプラント埋入と同時にGBR法を行いました。

元々の骨の位置は、以下の赤線です。

骨再生(増大)治療を行なった場合には、
インプラント自体を歯肉の中に埋め込む治療となります。

これを2回法と言います。

歯肉が以下のピンクの位置です。

今日はだいぶ話が長くなりましたので
続きは今後解説します。

お楽しみに!

クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2019年5月23日

どこまでインプラント治療を行うかは患者様のご希望をふまえた上で決定される

2019年 5月23日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

本日もインプラントの症例をみていきましょう。

簡単なケースですが、
どこまでインプラント治療を行うかは、患者様のご希望をふまえた上で決定される
という症例です。

まず初診時です。
下顎左右の奥歯が欠損しています。

本当にこうした症例はいっぱいあります。
大抵奥歯からダメになっていきます。

奥歯がダメになりやすい理由として、
1. 奥歯は、磨きにくいため、虫歯や歯周病になりやすい
2. 奥歯は、噛む力の負担が加わりやすい
ということが大きな理由でしょうか

奥歯がダメになると
当然のことながら奥では噛めなくなります。

そうすると前歯だけで噛むようになります。

今度は前歯に負担が加わりダメになっていきます。

食事が十分にできないと体調にも影響してきます。

そのため、今回のようなケースの治療法には、
1. 義歯(入れ歯)
2. インプラント
という2つの治療法が考えられます。

簡単という点では、
義歯が圧倒的に有利です。

今回のようなケースであれば、
1回目の治療として、義歯の型を取る
2回目(約1週間後)に義歯を装着
この2つのステップで義歯が入ります。

治療費として、
保険診療対応での義歯を作成すれば1万円以下です。
(健康保険3割負担の方の場合)

そのため、今回のような欠損のファーストチョイスとしては、
義歯が良いでしょう。

しかし、義歯には様々な欠点もあります。

もっとも大きい欠点として、
義歯の違和感です。

義歯は、プラスチック製でできていますから
かなりの異物感があります。

はじめて義歯を使われる方の多くは、
義歯の違和感(異物感)を感じます。

この異物感が嫌で義歯を使わない方も多いです。

もう一つの義歯の欠点が取り外し式であるということです。

これも義歯を避けたいと思われる原因の一つです。

そのため、取り外さないで、違和感も少ないインプラント治療をご希望される方が多いのです。

当医院では、このような1歯欠損から4歯欠損までの方で
インプラント治療をご希望される方が多くいらっしゃいます。

本日ご紹介する患者様も義歯よりインプラント治療をご希望された方です。

下顎の左右の奥歯が欠損しているわけです。
右側の奥歯が2歯、
左側の奥歯が2歯
欠損しています。

通常このような場合には、
左右の奥歯にインプラントを2本づつ行うことになります。
以下のシュミレーションのようにです。

当然この方法が自然です。

ただし、
多くのインプラントを行えば行うほど
治療費がかかることになります。

そのため、できる限り治療費を抑えるために、
可能な限りのプランを考えることも大切なことです。

今回は、左右の片側だけでもきちんと噛むようにすることで
食事を問題なくできるようにすることを考えて
下顎左側は、2本のインプラント
下顎右側は、1本のインプラント
という変則的な治療を行いました。

以下が治療後です。

こうしたことは時々行います。

その理由として、
噛み癖
というのがあります。

いつも右側だけで噛んでいる人もいらっしゃいます。

逆に左側だけという人もいらっしゃいます。

もちろん左右とも均等に使用して食べた方がいいのは当たり前です。

しかし癖というのは、個人差があり、
なかなか治らない場合もあります。

そのため、左右共に奥歯が欠損していた場合には、
よく噛む側のみにインプラントを行うこともあります。

もちろん理想的には左右ともインプラント治療を行なった方がいいですが、
治療費の関係上、どうしても全て行うことは難しい場合もあるからです。

片側のみインプラント治療を行い、
将来的に、もう反対側もインプラント治療を検討する方もいらっしゃいます。

治療プランは、
患者様のご希望等様々なことを考慮して決めることが必要です。

クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2019年5月16日

上顎で骨吸収が大きい場合の治療法:ソケットリフト法

2019年 5月16日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

当医院でもようやく今週から電子マネーでの決算(PayPay)を導入しました。

早速ご使用された患者様もいらっしゃいました。

私自身も日常でほとんど現金を使うことはなくなりました。
カード や 電子マネー がほとんどです。

時代の流れとしては当然のことですね。

さて 本日も症例を見ていきましょう。

上顎で骨吸収が大きい場合の治療法:ソケットリフト法です。

初診時のレントゲンが以下です。

上顎左側に歯が3歯欠損されている方です。

他の部位にはすでにインプラント治療が行われていた方です。

上顎左側の欠損部もインプラント治療をご希望されたため、
治療計画を立てました。

診査の結果、
骨吸収が比較的大きくありました。

元々の骨の状態が以下の青線です。
本来骨はここまであったのです。

そして現在は以下の赤線まで骨が吸収してしまったのです。

上顎の場合、
さらに考えないといけないのが上顎洞です。

上顎洞とは、
上の顎の上方にある空洞のことです。

この空洞があるために、上顎では使用するインプラントの長さに制限がでてくるのです。

上顎洞は、以下の図のようにある程度の高さがあります。

しかし、元々上顎洞までの距離が低かったり、
歯周病 や 歯根破折 等の問題があることで
歯を支えていた骨が吸収してしまうことがあります。

また抜歯してあとに期間が経過すると
顎の骨はだんだんと吸収をしてきます。
こうなるとインプラントを行うのが困難になります。

インプラント治療において重要なことの一つとして、
使用するインプラントの長さがあります。

短いインプラント
長いインプラントでは、
やはり長いインプラントの方が成功率は高くなります。

特に上顎では長いインプラントの方がよりリスクは低くなります。

そのため、上顎では、
骨吸収が大きいく、長いインプラントが埋入できない場合には、
様々な治療法を行います。

その一つがソケットリフト法です。

上顎洞という空洞の中に人工の骨を入れて高さを増す治療法です。

具体的には、下から上顎洞を押し上げて人工骨を上顎洞の中に入れて
高さを増大させてからインプラントを埋め込むという方法です。

かなり一般的な治療法であり、
特別なことではありません。

私自身も20年近く前から行なっています。

先ほどの症例に戻りましょう。
骨の高さが低い状態でした。

このままだと短いインプラントしかできません。
以下はシュミレーションです。

そこでソケットリフト法を併用してインプラントを行います。
以下はシュミレーションです。

実際の治療後が以下です。

ある程度長いインプラントを埋入することができました。

治療後のレントゲンに上顎洞骨吸収の状態の線を描いてみましょう。

この線を見ると上顎洞内にインプラントがな入り込んでいることがわかります。

次回も様々な症例をみていきましょう。

クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2019年5月9日

インプラントモニター

2019年 5月 9日(木曜日)です。

今日から東京オリンピックのチケット購入ができますね。

是非とも行ってみたいものです。

抽選だから焦らず、
行きたい競技と休みの日程を考えてから申し込む予定です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

さて今日もインプラント症例をみていきましょう。

ここ最近インプラント手術を行なった中から3症例アップします。

まず上顎に歯が1歯もない方です。

いわゆる総入れ歯の方です。

入れ歯がガタガタし、落っこちやすいとのことで来院されました。

義歯を安定させるために
インプラントを埋入し、固定源とします。

以下は手術直後です。

手術直後から義歯は通常通りに使用できます。

手術から約3ヶ月後に
義歯とインプラントを固定するための装置をつけます。

もう少しお待ち下さい。
3ヶ月後には、義歯が落っこちずにしかりと噛めるようになります。

次の症例です。
下顎左側の奥歯がグラグラして噛めないとの主訴で来院されました。

どのような状態になっているのかを解説します。
元々の骨は以下の青線までありました。
それが、様々な問題が起こっており、骨が吸収してしまったのです。

現在の骨の状態が以下の赤線です。

歯を支えている骨が吸収してないわけですから
グラグラするのは当然です。

このようになってしまうと歯を治療して残すことはできなくなってしまいます。

もし下顎左側の奥歯を抜歯してしまうと
下顎左側奥歯では物が食べられなくなってしまいます。

現在上顎の右側の奥歯も欠損していますから
今回下顎左側の奥歯を抜歯してしまうと奥歯では物がまったく噛めなくなってしまいます。

困りました。

患者様は下顎左側の奥歯の抜歯については同意していただけました。

それでは抜歯後に欠損部をどうするか?
です。

治療方法として、
1.義歯(入れ歯)
2.インプラント
の2つの方法があります。

患者様は、義歯はどうしても避けたいとの強いご希望がありました。

下顎左側の奥歯を抜歯すると
歯が2歯欠損することになります。

通常こうした場合にインプラント治療する方法として、
2本のインプラントということになります。

歯が2歯欠損するわけですから
2本のインプラントというのは当然のことです。

しかし、インプラント治療は保険が適応されませんので、
どうしても治療費が高額になってしまうことが大きな欠点です。

患者様にも治療費等を含めて様々なことをお話させていただきました。

結果的に
奥歯の2歯欠損には、1本のインプラントのみ行うことにしました。

もちろん2本のインプラントの方が良いです。

しかし、治療費を考えるとまずは
1本のインプラントということになりました。

もし、今回インプラント治療を行わなければ、
患者様は左右の奥歯で食べることができなくなります。

片側
それも左側だけ、
さらに1本のみのインプラント治療を行うわけですが、
それでも圧倒的に噛めるようになります。

奥歯で食事ができなければ
生活スタイルも大きく変わりますし、
健康にも影響してきます。

現実的に可能な範囲から治療を開始することも大切なことです。

以下が先日インプラント手術を行なった直後です。

次の症例です。
先ほどの患者様と同じように
下顎右側の奥歯が欠損しているために
食事ができない患者様です。

以下が初診時です。

今回は2歯欠損に対して
2本のインプラントを行う計画となりました。

以下が先日の手術直後です。

治療には、様々な方法があります。

患者様のご希望等を考慮しながら
最終治療プランは決定されます。

クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP