最新インプラント症例ブログ

2021年2月11日

インプラントには、長さ や 太さ が違う!

2021年 2月11日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

はじめにお知らせです。

パルスオキシメーター販売

パルスオキシメーターは、
指先などに器具を装着するだけで
脈拍数 と 経皮的動脈血酸素飽和度 (SpO2) を
リアルタイムでモニターするための医療機器です。

血中酸素濃度が低いと
心肺機能の低下が起こっており、
新型コロナウイルスの感染が疑われます。

非常に簡便なので、
大人気です。

1個 8,910円(消費税込)となります。

ご希望の方は、受付でお申し込み下さい。

本日のケースは、
最近行ったインプラント手術の中から4症例を紹介します。

いつもこうした症例を報告する際には、
テーマを決めることが多いです。

本日は、
インプラントには、長さ や 太さ が違う!
というテーマです。

1症例目です。

上顎左側の奥から2番目の歯が欠損している患者様です。

欠損の幅は若干少なめですが、
特に大きな問題はありません。

普段は、
このような欠損部の幅について解説することはありませんが、
今日は、
インプラントの太さ(直径) や 長さ
がポイントなる話ですので、
欠損部の幅について最初に説明しておきます。

次に
骨の状態です。

本来は、以下の青線まで骨があります。

しかし、
歯周病に問題があったり、
歯根破折して感染により骨吸収が起こってしまったり、
様々な条件により
骨は吸収(溶ける)してしまいます。

以下の赤線が現在の骨吸収した骨の位置です。

またこの症例は、
さらに問題があります。
上顎洞という空洞の存在です。

上顎の奥歯の上方には、
上顎洞という空洞が存在するのです。

以下の緑線の上方は、空洞です。

3つの線を合わせたのが以下です。

骨の高さが少ないのです。

このような場合、
短い長さのインプラントしか埋入できません。

他にも骨吸収があります。

そこで
高さが少ないため、
ソケットリフト法を行い、

骨吸収部位に対しては、
GBR法を行う計画をしました。

以下のような計画を立てました。
これで、
十分な長さのインプラントを埋入することができます。

以下が先日行ったインプラント手術直後です。

以下の水色部分
ソケットリフト法で骨の高さを増大させた部分です。

次に
インプラントの太さ(直径)です。
一般的な太さのインプラントが埋入できました。

奥歯の場合、細いインプラントであると
噛む力に耐えきれない可能性があります。


次のケースを見てみましょう!
上顎左側の奥から4番目の歯が欠損している患者様です。

患者様は、
インプラント治療をご希望されました。
しかし、欠損部の幅が少し狭いです。

以下は、先日インプラント手術が終わった直後です。

このインプラントは、通常のインプラントより細いです。
通常の太さのインプラントは、幅が狭いためできないのです。

奥歯でなければこうした細いインプラントでも問題が起こることはほとんどありません。


次のケースを見ていきましょう!
以下が治療前です。
下顎左側の奥歯が欠損している患者様です。

上顎左側の一番奥歯にあるのは、
親知らずです。

噛み合う下顎の歯に
親知らずと噛み合うようなインプラントは必要ありません。

他にも問題がありました。
下歯槽神経の位置です。

下歯槽神経は、
下顎に分布している感覚を司る神経で、
唇の周囲や下顎の皮膚や歯及び歯の埋まっている粘膜の感覚を受け持っています。
そのため、
インプラントを埋め込む長さが制限があります。

本ケースでは、
短いインプラントにはなりますが、
患者様には、
歯ぎしり や 食いしばり、噛み締め
等の問題は大きくないと判断し、
短めのインプラントでも大丈夫と診断して、
インプラント治療計画を以下のように立てました。
2本のインプラントで
3歯分の被せ物を作成するインプラントブリッジです。

以下が先日行ったインプラント手術直後です。
下歯槽神経に触れないような位置に
インプラントを埋入しました。

インプラントの太さ(直径)は、通常のサイズです。
奥歯の場合、細いインプラントであると問題が起こりやすいです。

少し話は、
ズレてしまいますが、
この患者様の場合、
他にも大きな問題がありました。

下顎の左側の奥歯が長期間欠損していたため、
噛み合う上顎の歯が
下方に挺出してしまっているのです。

噛み合う上顎の歯をこのままにして
インプラントの被せ物を作成することは
噛み合わせにとって良いことではありません。
そのため、
挺出した上顎左側の奥歯のか被せ物を撤去して、
正しい噛み合わせの被せ物に作り替えることが必要です。

本日最後の症例です。
下顎右側の奥歯が2歯欠損しています。

患者様は、義歯(入れ歯)ではなく、
インプラント治療をご希望されました。

以下は、
先日行ったインプラント手術直後です。

かなり長いインプラントで
かなり太いインプラントが埋入できました。

本日の症例のように
使用するインプラントには、
長さや太さが違うのです。

本日は、
そうした点にポイントをおき解説しました。

次回も様々なケースを見ていきましょう。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

現在デンタルローンの24回まで分割手数料 0%キャンペーンを実施しております。
詳細は以下をご覧下さい。
デンタルローン(84回まで分割お支払い可能:24回までは分割手数料 0%)

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP