最新インプラント症例ブログ

2021年4月8日

歯が欠損している場合の治療法の選択

2020年 4月 8日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

お知らせ

当医院のオフィシャルLINEですが、
誤ってアカウントを削除してしまいました。

そのため、今までLINEでご相談されていた方は、
患者様側からは送れるのですが、
当医院の方で見ることができなくなってしまいました。

ご迷惑をおかけいたします。

現在新しいLINEに変更しておりますので、
新たにご登録いただければと思います。

よろしくお願い致します。

本日の症例です。

テーマは、歯が欠損している場合の治療法の選択 です。

以下が初診時です。
下顎左側の一番奥歯が欠損しています。
患者様は下顎左側の欠損部にインプラント治療をご希望されました。

しかし、問題はこの欠損部だけではありませんでした。
右上奥歯は、軽度ですが、噛むと痛みがある状態でした。

上顎右側奥から3番目の歯は、
根が折れている状態でした。

この歯は、歯根破折のため抜歯 となりました。

ここで問題となったのが、
上顎右側奥から3番目の歯をすぐに抜歯するか
という問題です。

現在下顎左側の奥歯が欠損していため、
右側でしか噛めない状態です。

上顎右側奥から3番目の歯は、
強く噛まなければ痛みは大きくないため、
下顎左側の欠損部を治療した後での抜歯とご希望されました。

以下は、
下顎左側の欠損部にインプラント手術が終わった直後です。

以下は、
インプラントと骨が結合(手術から約2〜3ヶ月後)したことを確認し、
被せ物を装着した状態です。

これで左側でもしっかりと
噛めるようになりました。

しかし、
最初に問題のあった
上顎右側奥から3番目の歯は、さらに割れているのが大きくなっています。

また上顎左側の奥から2番目の被せ物も取れて(脱離)してしまいました。
この部分も歯根破折 です。

上顎の左右ともに抜歯 となります。

これらの歯が折れた(歯根破折) したのには理由があります。

最大の原因は、神経がない ということです。

上顎右側の奥から3番目の歯は、
だんだんと痛みが強くなり、
腫れも出てきており、
噛めなくなってきていました。

そのため、患者様は、
上顎左側の奥から2番目の歯も含めて抜歯に同意していただけました。

ここで再度治療計画を検討することになります。

抜歯後は、どのような治療方針になるのでしょうか?

抜歯後の治療方法は、

1.義歯(入れ歯)

2.ブリッジ(欠損部の前後の歯を削り連続した被せ物を装着する方法)

3.インプラント

です。

患者様は、義歯(入れ歯)は避けたいとの強い希望がありました。

義歯は、取り外し式のため、
煩わしさがあることと
天然歯やインプラントと比較すると
しっかりと噛めないこともあり、

義歯ということ自体にも抵抗があることも理由です。

それでは、

ブリッジ?

インプラント?

義歯?

どれがいいのでしょうか?

ブリッジは、
必ず歯を削ることが必要な治療です。

歯を削ることはけしてベストなことではありません。

そのため、本ケースでは
歯を削らないインプラント治療が良いと考えられます。

しかし、
問題となるのがインプラントの治療期間です。

上顎では、
インプラントを埋入後、
骨の状態によっても違いますが、
約3〜4ヶ月かかります。

そのため、
暫くは噛めない状態となってしまいます。

インプラント治療の中には、
インプラント手術と同日に仮歯まで作成することが可能な治療方法があります。

しかし、こうした治療法は、全てのケースで適応されるわけではありません。

またインプラント手術と同時に仮歯まで作成できたとしても
しっかりと噛めるわけではありません。

仮歯は、若干ですが、当たりを弱くして
インプラント自体に負担がないようにすることが多いです。

今回のケースでも
骨吸収が大きいため、
インプラントと同時に骨を増大させる治療法(GBR法)が必要であるため、
インプラント手術と同時に仮歯まで作成することは困難でした。

こうしたことを考慮して、
右側と左側では治療方法を変えることにしました。

先に左側の抜歯を行い、
抜歯と同日に仮歯まで作成して、
抜歯当日からしっかりと噛める状況を作成しました。

左側で噛める状態を作ってから
上顎右側のインプラント治療を開始しました。

以下は、
上顎左側をブリッジ
上顎右側は、インプラント手術直後です。

このように
欠損部の治療は一般的に

義歯、

インプラント、

ブリッジ

がありますが、
どれが良いのかは、
口腔内の状況や
患者様の希望

によって変わってきます。

来週もインプラント症例をアップします。

当医院を受診されている患者様 や
ブログを見られた方のクチコミを募集 しています。

励みになりますので
ブログのコメントもよろしくお願い致します。

以下をクリックして下さい。
Googleでクチコミ募集中  

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  171,600円(消費税込) 
被せ物(白い歯) 1歯分 110,000円(消費税込)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 99,000円(消費税込)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置55,000円(消費税込)になります。

現在デンタルローンの24回まで分割手数料 0%キャンペーンを実施しております。
詳細は以下をご覧下さい。
デンタルローン(84回まで分割お支払い可能:24回までは分割手数料 0%)

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP