最新インプラント症例ブログ

2021年4月22日

インプラント治療計画の変更:神経のない歯のトラブル

2020年 4月21日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

お知らせ:1

当医院のオフィシャルLINEですが、
誤ってアカウントを削除してしまいました。

そのため、今までLINEでご相談されていた方は、
患者様側からは送れるのですが、
当医院の方で見ることができなくなってしまいました。

ご迷惑をおかけいたします。

現在新しいLINEに変更しておりますので、
新たにご登録いただければと思います。

よろしくお願い致します。

お知らせ:2

現在までインターネットオンライン予約の方法は、
2つの予約サイトを使用しておりましたが、
一つに統一することにしました。

20年前よりご利用いただいていた
インターネットオンライン予約サイトですが、
今後ご利用できなくなります。

今後は、以下の予約サイト に統一いたしますので
よろしくお願い致します。
新インターネットオンライン予約サイト  

それでは、本日もインプラント症例を見てきましょう!

本日のテーマは、
インプラント治療計画の変更:神経のない歯のトラブル です。

以下が初診時です。

下顎右側奥から2番目の歯が欠損している患者様です。

初診時にはすでにインプラントが複数行われています。

これらのインプラントは、
他の歯科医院で治療されたものです。

最近では、
本ケースのように他の歯科医院でインプラント治療を行われ、
治療途中の方や
新たに追加でインプラント治療をご希望されて
転院される患者様も多いです。

患者様からのご質問で、
インプラント治療途中で転院できますか?

とか

他の歯科医院で行ったインプラントのメインテナンスは行えますか?

というご質問があります。

基本的に問題はありません。

ただし、治療途中の場合には、
ご使用されているインプラントの種類(メーカー)によっては、
対応が難しい可能性もあります。

悩まれている患者様は以下 よりご相談下さい。

メール相談  

LINE相談  

本日の症例に戻りましょう!

下顎右側の奥歯が欠損しているわけですが、
他にも問題がありました。

上顎左側の奥歯に痛みがあったのです。

歯がグラグラして、噛むと痛いとのことでした。

この歯は、
歯根破折 していました。

完全に折れているため、抜歯 となってしまいます。

患者様は、
インプラント治療をご希望されましたので、
以下のような治療プランを計画しました。
下顎右側に1本
上顎左側に2本
のインプラントです。

当医院では初診時に行った検査結果をもとにして、
次回の来院時に30〜40ページ程度の治療計画書をお渡ししています。

この治療計画書の中には、
患者様個人個人に合わせた、
治療方法 や
治療期間 、
治療費、
リスク等が記載されています。

最終的にインプラント治療を行うかどうかは、
こうした治療計画書をきちんとご理解していただいてからお決めになることが大切です。

まず上顎左側の歯根破折している歯を抜歯し、
下顎右側の奥歯にインプラントを埋入する手術を行いました。

以下は、
下顎右側にインプラントを埋入した直後のレントゲンです。

できるかぎり早く右側で噛めるように
被せ物を装着したのが以下です。

この後、
上顎左側の欠損部に予定どおりインプラントを埋入します。

ただし、
上顎左側の奥歯にはさまざまな問題がありました。

骨吸収です。

以下の青線 は、
もともとあった骨の位置です。

現在の骨の位置は、以下の赤線 です。
つまり、青線 から赤線 まで
骨が吸収したのです。

さらに問題となるのが、
上顎洞 の位置です。

上顎洞 とは、
上顎の奥歯の上方にある空洞のことです。

この上顎洞 は、
骨はなく、ただの空洞なのです。

骨吸収上顎洞 の存在により
インプラントを埋め込むための骨の高さが少ないのです。

この状態でインプラントを行った場合、
かなり短いインプラントとなってしまいます。

そのため、
適切な長さのインプラントを埋入するために
ソケットリフト法 という治療を併用して、
インプラント手術を行うことにしました。

以下が手術直後です。

ここで問題が起こりました。

インプラントの手前の歯に痛みが出たのです。

診査の結果、
この歯も歯根破折 していました。

抜歯しか方法はありませんでした。

抜歯に関しては、
患者様も同意していただけました。

しかし、
問題となるのが、抜歯した後です。
この歯は犬歯部であり、
抜歯すると見た目に問題が生じてしまいます。

そのため、
抜歯と同時に固定式の仮歯を作成する治療法に
変更することにしました。

具体的には、
抜歯と同時に先に行っていた2本のインプラントに仮歯を作成し、
抜歯した欠損部まで仮歯を延長させる方法です。

このことで、
歯がない日を1日も作らないことが可能となります。

話がちょっと長くなってしまいましたので
本日は ここまでにしましょう。

このように神経のない歯が多い場合、
さまざまなトラブルが起こることもあります。

その際には、
状況に合わせたプランを考えることが大切です。

来週の木曜日も
インプラント症例をアップします。

当医院を受診されている患者様 や
ブログを見られた方のクチコミを募集 しています。

励みになりますので
ブログのコメントもよろしくお願い致します。

以下をクリックして下さい。
Googleでクチコミ募集中  

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  171,600円(消費税込) 
被せ物(白い歯) 1歯分 110,000円(消費税込)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 99,000円(消費税込)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置55,000円(消費税込)になります。

現在デンタルローンの24回まで分割手数料 0%キャンペーンを実施しております。
詳細は以下をご覧下さい。
デンタルローン(84回まで分割お支払い可能:24回までは分割手数料 0%)

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用22%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から22%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP