最新インプラント症例ブログ

カテゴリー: インプラント最新情報(NEW)の記事一覧
2018年3月15日

上顎で骨の高さと幅が少ない場合のインプラント治療:ソケットリフト法とGBR法(骨増大治療)

2018年 3月15日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

先日行なったインプラント手術のケースを見ていきましょう。

上顎右側の奥歯が4歯欠損している患者様です。

インプラント治療を成功に導くためには骨の状態が良くないといけません。

簡単に言えば、骨の幅や高さが十分にあることが必要です。

インプラントはチタン製でできたネジを顎の骨の中に埋め込むわけですから
骨がしっかりしていないといけません。

長く、太いインプラントを埋め込むことができれば
そのインプラントは非常に安定していると言えます。

今回のケースでは骨吸収が非常に大きかったので
少し大変なケースではありました。

早速解説していきます。
以下の青線は、元々の骨があった位置です。
骨吸収する前はだいたいこの位置まで骨があったと考えて下さい。

以下の写真の赤線は現在の骨の位置です。
歯周病等問題のある状態が長くあったため、
歯を支えていた骨が吸収(溶けて)しまったのです。

これだけ骨吸収を起こすとインプラント治療を難しくします。

次に説明するのは上顎洞という話です。
上顎洞というのは
上顎の奥歯の上の方にある空洞のことです。
この空洞は誰にでもあるものですが、大きさや形態には個人差があります。

ただ言えることは、上顎の奥歯の上方には空洞があるということです。
以下は上顎洞の空洞の下の線です。
上顎洞底といいます。
緑色で表示します。

現在ある骨の高さは赤線青線の間ということになります。
前歯に近い欠損部には骨の高さはある程度残っています。

しかし、その奥になると骨吸収が大きくなり、骨の残っている高さは非常に少なくなります。

さらにその奥も骨吸収が大きいため、骨の高さは非常に少ないです。

一番奥歯については、骨の高さは少ないですが、ある程度残っています。

こうした骨吸収がある状態でしたので
手前から2番目にはソケットリフト法とGBR法を併用してインプラントを埋入しました。
一番奥にはソケットリフト法を併用してインプラントを埋入しました。

ソケットリフト法は上顎の奥歯において骨の高さが少ない場合に行う方法で、
人工骨を上顎洞内に入れて、高さを増大し、少しでも長いインプラントを埋め込む方法です。

GBR法は今回は骨の幅が少ない部分に対して人工骨を入れて増やす対応を行いました。

以下が治療直後です。

3ほんと骨の増大法も行いましたが手術時間は比較的短く約20分程度でした。

次回もまたインプラントの症例を報告します。

クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2018年3月1日

下顎臼歯部欠損インプラント症例

2018年 3月 1日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

今日の症例は前回と同様に比較的簡単なケースですが、日常よくある症例です。

奥歯が欠損することはかなりよくあることで、
歯を失うと義歯(入れ歯)やブリッジという治療も選択肢になりますが、
どの治療法が良いのかは患者さんの口腔内の状況によっても変わります。

それでは症例を見てみましょう!

以下は初診時です。
下顎右側一番奥歯が欠損しています。

こうした場合の治療方法として、
インプラント以外には義歯(入れ歯)という治療方法もありますが、
一番奥のみが欠損している場合には
1歯のみ義歯を使用される方は非常に少ないです。

ただし、必ず義歯が使用できないということではないので
まずは義歯を作成し、ご使用していただくことも一つの方法です。
義歯をご使用いただいた後、
そのままご使用される方もいらっしゃいます。

選択肢は一つではないのです。

今回の患者様は取り外し式の義歯ではなく、
インプラント治療をご希望されました。

以下はインプラント手術直後です。

そして被せ物を装着した後です。

治療としてはさほど難しいケースではありません。
患者様はしっかりと噛めるようになり、ご満足していただきました。

今後は定期的な管理にご来院していただき、長期的に維持できるようにしていきましょう。

次のケースです。
こちらの患者様も下顎の右側奥歯が欠損していました。

下顎左側の奥歯も欠損しており、噛めないため
まずは右側の奥歯のインプラント治療をご希望されました。

左右の奥歯が欠損されている方も多くいらっしゃいます。
左右ないわけですから噛むことが困難になるのは当然です。

もちろん左右同時にインプラント治療を進めた方が早く左右で噛むことができます。
しかし、左右同時に行うと治療が大変そう
とか
左右同時だと治療費の問題がある
というようなことから
まずは片側のみ治療を行いたいという方も多くいらっしゃいます。

今回治療を行う患者様もまずは右側のみ噛めるようにしたいとのご希望がありました。
以下は手術直後です。

以下は治療後です。

右側がしっかりと噛めるようになり、
食生活も大きく変わるでしょう。

今後左側もインプラント治療を行うとより食生活も変わります。

クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2018年3月1日

重度歯周病患者さんにインプラント治療

2018年 3月 1日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

本日は比較的簡単なケースです。
以下が初診時です。

患者さんは重度の歯周病の方です。
このブログはインプラント専門ですので、歯周病の話は以下からご覧になってください。
歯周病専門ブログ

話を進めると以下の×印の歯は歯周病が進行しているため抜歯が必要な状態です。

抜歯した歯を見て見ましょう!

矢印先の黒い部分は歯石です。
歯石が根の先まで付着しているため、保存ができないということです。

インプラント治療後が以下です。

さほど難しいインプラント治療ではありませんでした。

患者さんは重度歯周病であったため、今後は定期的なメインテナンスできちんと管理していくことが必要です。

クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2018年2月22日

オールセラミックによるインプラント治療

2018年2月22日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

本日の症例は非常に簡単なケースです。

インプラントの被せ物をねじ式で固定する方法です。
一般的に良くある方法です。

早速みてみましょう。
初診のレントゲンが以下です。

下顎の左側奥から3番目の歯が折れてしまっているため、抜歯が必要な状態でした。
以下の赤丸です。

抜歯の後治療方針として
義歯(入れ歯:取り外し式)、
ブリッジ(欠損部の両側の歯を削り被せる治療法)、
インプラント治療
となります。

患者さんは歯を削るブリッジは避けたいとの希望があり、
取り外し式の義歯も避けたいとの希望があり、
インプラント治療をご希望されました。

以下は抜歯後の口腔内です。

以下はインプラント手術直後です。

以下は型取り直前です。
欠損部に少し見える黒っぽいのが歯肉の中に埋まっているインプラントです。

以下は被せ物の噛み合わせ調整を行っている途中です。

被せ物に穴が空いているのが見えます。
この穴にネジをいれて固定するのです。
将来的にインプラントに何か問題があったり、
セラミックの被せ物が欠けたりした場合には
ネジを緩めて取り外すことが可能です。
このような取り外し式がよく使用されます。

以下は治療後です。

先ほどあった穴は埋めますので見えることはありません。

以下は治療後のレントゲンです。

特別難しい治療ではありませんが、非常によくあるケースです。

クリックでの応援よろしくお願い致します

ワンランク上の歯科衛生士になる為のスキルアップセミナー”ペリオ編”

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2018年1月18日

インプラント最新症例 2018.1.18

2018年1月18日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

今年最初のインプラントブログです。

今年も講演の依頼が多く、
スライド作成に追われている日々です。

最初の講演が3日後にあるのですが、まだまだ終わっていません。

次の講演は1日(7時間)話のでそれなりのデータ量が必要となりますので
作るのにも時間がかかります。

さて本日の症例は非常に問題があった患者様ですが、
初診時では全ての治療が行えず、
10数年の長い年月をかけて段階的に治療を行なった方です。

まず初診時のレントゲンから見てみましょう。
下顎の左右奥歯が欠損していました。
奥歯で噛めないとのことでインプラント治療をご希望されました。

下顎の左右奥歯にインプラント治療を行うことはさほど難しいことではありません。
ただ、問題となっているのは下顎の左右の奥歯が欠損しているだけではありません。

神経のない歯が多く様々な問題を抱えていました。
以下の赤丸印は神経のない歯です。

●印の歯にはそれぞれ問題を抱えており、
治療の必要性がありましたが、
患者さんは下顎の欠損部のみの治療をご希望されました。

現状で問題となっている歯のリスク等についてご説明させていただいた後ご理解をいただき、
患者様のご希望である下顎の左右の奥歯のインプラント治療の計画を立てました。

ただどうしても問題が大きい下顎左側の1歯は抜歯がどうしても必要であることを説明いたしました。
抜歯の理由は歯根破折です。

神経のない歯は非常に脆く、
突然折れてしまうことがあります。

以下のバツ印は抜歯となりました。

以下がインプラント治療後です。

インプラント治療後には、必ず定期管理(メインテナンス)にご来院いただけました。
患者様は歯磨きも非常に熱心であり、
毎回のメインテナンスでもほとんど汚れの付着は認められない状態です。

10数年経過した後
上顎右側の歯が折れました。

先にもありました神経のない歯です。
以下のバツ印です。

抜歯しか方法はありませんでした。
この患者様の場合、上顎の右側には3歯分歯が欠損していました。
3歯欠損に対して、3歯でブリッジとなっています。
どうしてもブリッジを支えている歯には負担が加わります。
そのブリッジの土台となっている歯が神経がないのです。
(一番奥歯のみ神経があります)

長い年月の間に、ブリッジとなる歯に負担が加わったり等問題が加わっていきます。

抜歯後にはインプラント治療をご希望されました。
以下がインプラント手術直後です。

インプラントの被せ物を装着はやはりメインテナンスです。

今までと同様に患者様は、必ず定期管理にご来院されましてた。
口腔清掃管理も問題ありません。

それから数年後に上顎左側のブリッジがガタガタして取れそうになってきました。

このブリッジ自体は私の治療ではなく、
前歯科医師の治療ですが、かなりの期間が経っています。

折れたのかな?
と思ってブリッジを撤去しました。

ブリッジの中で虫歯は進行していましたが、
歯根破折はしておらず、
虫歯もなんとか取り除くことができましたので
再度ブリッジを作成することにしましてた。

本来であれば、将来性の低い歯でブリッジは避けたいところではありますが、
患者様にとっては、抜歯は避けたいという思いがあるのは当然のことです。

そのため、できる限りの治療を行い、保存することにしました。

今回はジルコニアという素材でブリッジを作成しました。
以下が治療後です。

今回の患者様のように
神経のない歯が多く、ブリッジとなっていたり、
様々な問題を抱えている場合には、
一度の治療で全てを行うことは難しい場合があります。

現在痛み等問題が生じていない場合には、
患者様ご自身も治療をご希望されないことも多いです。

リスク軽減のためには、早期の対応が本来は重要なのですが、
今回のように長い年月をかけて治療を行うこともあります。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2017年12月7日

奥歯が2歯欠損している場合のインプラント治療症例

2017年12月7日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

奥歯が2歯欠損している場合のインプラント治療症例になります。

さて本日はインプラント治療としては、非常によくあるケースを紹介します。

奥歯が1歯欠損している
もしくは
奥歯が2歯欠損している
というケースは非常に多くあります。

奥歯が欠損した場合の治療方法として
1. ブリッジ
2. 義歯(入れ歯)
3. インプラント
4. 自家歯牙移植
という方法が一般的に行われます。

ブリッジは欠損部の両側にある歯を削ることが必要な治療法であり、
欠損部の両側の歯が健康な状態であった場合(削られてない歯の場合)には、
ブリッジのために歯を削ることが必要です。
できる限り歯は削らない方がいいです。
歯を削ることを避けたい場合には、
ブリッジは不適当と言えます。
また欠損部の奥に歯が残っていないとブリッジ自体ができません。

次に義歯(入れ歯)です。
入れ歯をご使用されることに問題を感じられない場合には、
義歯は良い方法です。
ブリッジのように歯を削らないでよいですし、
治療自体もっとも簡単です。
もっとも短期間での治療となります。
しかし、ご自身の歯のようにはしっかりとは噛めません。
ご自身の歯で噛むよりは圧倒的に噛む力は劣ります。
また取り外し式です。
また義歯自体に違和感を感じられる方も多くいらっしゃいます。

次にインプラント治療です。
インプラントはブリッジのように歯を削ることはありませんし、
義歯のように取り外し式でもありません。
義歯のような違和感もありません。
しかし、治療期間は長くなりますし、
治療費も高額になります。
しかし、噛むことは義歯(入れ歯)と比較すると圧倒的に有利です。

次に自家歯牙移植です。
この治療法は上記の3つの治療法とは大きく違い、
移植するための歯がないといけません。
一般的に移植する歯として利用するのは親知らずです。
しかし、親知らずであればなんでもできるのかというとそうではありません。
親知らずが斜めに埋まっているような状態では不可能となる可能性が高いです。
また、移植する歯の形等によっても可能どうかが大きく分かれますので、
実際に自家歯牙移植を行える方は非常に少ないです。

本日はテーマにもありますように奥歯が2歯欠損している場合の
インプラント治療について紹介します。

1症例目は、下顎左側奥歯が2歯欠損しているケースです。

ブリッジはできませんので、
義歯 もしくは インプラント治療が選択されます。

患者様はインプラント治療をご希望されました。
以下が手術直後です。

以下は被せ物をつけた後です。

治療としては非常に簡単なケースですし、もっともよくある状態です。

次の症例は、下顎左側の奥歯が1歯欠損している患者様です。
問題となったのは、現在一番奥歯になる歯です。
この歯は歯根破折していました。

歯根破折は、
多くの場合神経のない歯で起こります。
神経のない歯は非常に脆く、通常の噛む力でも折れることが高頻度で起こります。
折れている場合には基本的に保存が難しく、
抜歯となる場合が多いです。
この患者様の下顎左側の奥歯は抜歯が必要でした。

抜歯すると下顎左側奥歯は、2歯欠損となります。
患者様には、治療方針として、
1. 義歯(入れ歯)
2. インプラント治療
の選択肢のお話をさせていただき、
インプラント治療を選択されました。
以下は手術直後です。

そして以下は、被せ物装着後です。

この症例も治療としては非常に簡単なケースです。

次の症例は上顎の左側奥歯が2歯欠損している状態です。

治療方法は、義歯、インプラント以外にもブリッジも選択肢にはあります。
しかし、一番奥歯が神経がない歯であり、
ブリッジとした場合、
2歯欠損分に加わる負担を支えなければならず
先ほどの症例のように折れる可能性があります。
またブリッジを行うためには、
2歯欠損手前の歯を削ることも必要です。
欠損部手前の歯は削られていない、虫歯にもなっていない健康な歯です。
患者様は、義歯、ブリッジではなく、
インプラント治療をご希望されました。
以下は手術直後です。

以下は被せ物を装着した後です。

このように奥歯が欠損している場合、
インプラント治療は非常に有効な治療法と言えます。

次回もまた新しいテーマで症例を報告します。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2017年11月30日

歯が1本もない場合にはインプラントはどうするのか? インプラントブリッジ と アタッチメント義歯

2017年11月30日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

本日のテーマは、
歯が1本のない場合にはインプラントはどうするのか? 何本もインプラントが必要になるのか? インプラントブリッジ と アタッチメント義歯
という話です。

早速症例をみていただいて方が分かりやすいと思います。

この方は上顎に1本も歯がない方です。
上顎は総入れ歯(総義歯)をされています。

下顎には2本の歯が残っており、
部分入れ歯となっています。

今回患者さんがご希望されているのは、下顎です。
下顎の残っている2歯がグラグラしてきて義歯が安定していなく、
噛めないというのが患者様の主訴です。

また、下顎の義歯はなれず、違和感が非常に強いということです。

義歯のなれには個人差が非常に大きく、
小さい義歯でも口に入れると非常に違和感を強く感じられ、
ご使用ができない方も多くいらっしゃいます。

これが総義歯(総入れ歯)となるともっとその傾向が強くなります。

総入れ歯では、口の中に入れておくことができないくらい
強い違和感があったり、
気持ち悪くなる方も多くいらっしゃいます。

このような方には、インプラント治療は非常に有効な治療法です。

先ほどの患者様は、
上顎の義歯は多少の違和感あるが、まだご使用できる状態です。

しかし、下顎の義歯は非常に違和感を感じられ、
2本の歯で義歯を固定はしているが、
今後この残っている2歯がなくなった場合に
本当に総入れ歯が使用できるのかを不安に思っていられます。

現実的には現在の下顎の義歯でさえ、
違和感がかなり強いですから。

そのため、下顎はインプラント治療をご希望されて来院されました。

歯が全て欠損している場合、
14歯が欠損ということになります。

この場合、何本のインプラントが必要なのでしょうか?

噛み合わせに問題がなく、
比較的長いインプラントが埋入できれば6本のインプラントでブリッジとすることが多いです。

特に今回のケースの場合、
上顎が総入れ歯ですので、噛む力の負担は下顎にはさほど強くかからないことが考えられます。

そのため、今回の症例では6本のインプラントでブリッジを行いました。

以下が治療後です。

インプラントによるブリッジは完全固定式であり、
元の歯の状態とほとんど同じような感覚であり、
噛むことにも天然歯とほとんど変わりはありません。

そのため、インプラントブリッジをされた方は、
今までの歯がなかった状態と比較すると
圧倒的に噛めるようになり、
見た目(審美性)も格段に改善されるため、
大変喜ばれます。

歯があった頃に戻るわけですから

しかし、このインプラントブリッジにも欠点があります。

それは治療費です。

インプラントの使用本数も多くなりますが、
埋め込んだインプラントの上に被せ物をする必要性があります。
当然ですが…

欠損の状態にもよりますが、
今回のように全ての歯が欠損していた場合には、
14歯が欠損していることになります。

14歯全てに対して治療しようとすれば
14歯分のセラミック等の被せ物が必要になるわけです。
(セラミック以外にも被せ物の素材はあります)

そこで治療費を大きく削減するためのインプラント治療の方法が以下です。

以下はアタッチメント義歯と言います。
早速みていきましょう。

上顎が1本もない状態であり、義歯をご使用されています。
総義歯です。

下顎の右側の奥歯は現在インプラント治療中です。

総義歯をご使用されている方はお分かりだと思いますが、
義歯には上顎の部分にプラスチックがつき
上顎は義歯で覆われます。

以下が総義歯です。

この部分が口蓋です。

この口蓋部分に違和感を感じられる方が多いです。

アタッチメント義歯とは、
ブリッジとは違い、完全固定式になるわけではありません。

今回のような上顎に1歯もない総入れ歯のような場合、
2本〜4本のインプラントを埋入し、
義歯の安定のために使用します。

義歯にはなりますが、先ほどみた総入れ歯とは大きく違い、
義歯の安定が得られれば、
口蓋を取り除くことが可能です。
以下の部分です。

この口蓋部分がなくなるだけで
義歯の違和感は格段に改善されます。

今回の患者様の場合、3本のインプラントを埋入し、
口蓋を無くした義歯を装着しました。

インプラントと義歯はアタッチメントという器具で固定されますので
義歯が落ちてくることは格段に少なくなります。
以下が治療後です。

インプラントブリッジの方が完全固定式ですから
ご自身の歯と同じようになりますが、
インプラントを利用したアタッチメント義歯は
費用を格段に抑えることができ、義歯の安定性と快適性を向上させることができるのです。

本日は同じ無歯顎であり、総義歯を使用されていた患者様に対して
違う方法でインプラント治療を行なったケースを紹介しました。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2017年10月26日

本日のインプラント症例

2017年10月26日(木曜日)です。

本日もインプラントの症例を見ていきましょう!

今日は3症例アップします。
全てのケースに共通していることは歯根破折です。

歯根破折とは、
神経のない歯が折れたり、亀裂が入ったりしている状態のことです。

神経のない歯は脆く、
通常の噛む力でも折れることが高頻度で起こります。

よく神経のない歯を以下のように例えます。

神経のある歯は、生きた木です。
緑の葉っぱが生い茂ったり、
花が咲いている木です。

それに対して神経のない歯は、枯れた木です。

神経を取った歯は、歯の中に血液が通っていないため、
枯れた木と同じような状態なのです。

神経のない歯は脆いのです。

それでは症例をみてみましょう。
下顎左側一番奥歯が歯根破折していました。

抜歯しか方法がなく、
抜歯後は、患者様はインプラント治療をご希望されました。

以下は抜歯後です。

インプラント治療後です。

インプラント治療としてはさほど難しいケースではありません。

次の症例です。
上顎の前歯部です。

患者様はだいぶ前に前歯をぶつけて グラグラになってしまったそうです。
その時に神経を取り除き、差し歯を行なったとのことでした。
最近になり、歯がグラグラし始めてきたため治療をご希望されて来院されました。

診査の結果、3歯に問題がありました。
1歯は歯の根が吸収している外部吸収という状態でした。
2歯は歯根破折です。

保存することはできませんでしたので抜歯となりました。
抜歯後に患者様はインプラント治療をご希望されました。

以下は抜歯後です。

以下がインプラント治療後です。

次の症例をみてみましょう。
下顎の左側奥歯が欠損していました。

欠損部にはインプラント治療をご希望されていました。
ここで問題となるのは、上顎前歯部です。

赤丸(●印)が歯根破折していたのです。
下顎左側の奥歯が欠損していたことで、前歯に負担が加わったのも歯根破折した原因の一つかもしれません。
上顎前歯部は保存ができない状態でした。

上顎前歯部を抜歯後に下顎の奥歯にインプラント治療を先に行いました。

上顎前歯部は3歯抜歯予定ですが、
抜歯後に歯がないままとはいかないため、1歯は残して仮歯の土台としてインプラント治療期間中使用することにしました。
以下が治療あとです。

神経のない歯って本当に問題が起こりやすいのです。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2017年10月5日

インプラント症例

2017年10月 5日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

本日もインプラント手術を行なったケースをご紹介します。

初診時に下顎右側の奥歯が3歯分欠損していました。

通常3歯欠損ですから3歯分の歯を作成します。

インプラント治療の場合、3本のインプラントが必要ということではなく、
通常3歯欠損の場合には、
2本のインプラントを埋入し、
3歯分の被せ物を作成するインプラントブリッジとすることが多いです。

しかし、骨の吸収状態が悪く、
短いインプラントしか埋入できなかったり、
噛み合わせの問題があった場合には、
インプラントの本数を増やして
3本のインプラントとすることもあります。

しかし、インプラントの使用本数が多ければ
それだけ治療費もかかってしまいますので
通常は2本のインプラントでブリッジとすることが多いです。

今回のケースでは、3歯分の歯は作成しない治療計画となりました。

具体的には
2本のインプラントを埋入し、
2歯分の被せ物を作成する方法です。

つまり一番奥歯には、何も行わないという計画です。

患者様は、一番奥までは治療を希望されなかったことと
義歯がご使用できないため、
インプラントとなれば一番奥まで歯がなかったとしても
今まで以上には確実に噛めるようになるので
費用負担を軽減するためにも
一番奥までは治療をご希望されませんでした。

こうしたことは比較的よくあります。

どこまで治療を行うのかは患者様のご希望です。

以下がインプラント手術が終わった直後です。

今から約2ヶ月を経過すると
インプラントと骨がくっつきますので
型をとることになります。

本日は時間がなく、1症例のみの報告になりました。

次回はできる限り多くの症例をアップしたいと思います。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

2017年10月1日

インプラント手術報告

2017年10月 1日(日曜日)です。

いつも木曜日にアップしていますが、本日は日曜日アップです。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

ここ最近行なったインプラント手術報告です。

術前(手術前) と 術後(手術直後)のレントゲンを見ましょう!

最初の症例です。
上顎右側奥歯を抜歯した後のインプラント治療です。

骨吸収が大きかったので結構大変な治療でした。
長いインプラントを埋入するため、人工骨を入れ、ソケットリフト法を併用しました。
また骨吸収が大きい部位についても人工骨を使用し、骨の増大治療であるGBR法を行い、
2本のストローマンインプラントを埋入しました。

次の症例も同様に上顎右側奥歯です。
このケースはかなり骨吸収が大きいです。
通常上顎の奥歯に長期的に安定するためのインプラントの長さは10ミリ以上です。
できれば12ミリの長さのインプラントを埋入したいとことです。
この症例は骨の高さが少ない部位では3ミリ以下です。
非常に難易度の高い症例と言えます。
以下が手術前です。

先ほどの症例と同じに
ソケットリフト法 と
GBR法を
併用してインプラントを埋入しました。
それでも十分な長さのインプラントとは言えません。

骨吸収が大きくなるとインプラント治療は難易度が高くなります。
難易度の高いインプラント手術は治療時間もかかり、治療後の腫れや痛みが起こる確率が高くなります。
また、短いインプラントの場合、将来的なリスクも高くなりますので、
どうしても治療を行なっても治らない場合には、骨吸収が起こる前に抜歯された方が良いでしょう。

次の症例は簡単なケースでした。

治療が簡単であると手術時間も非常に短いです。
麻酔時間を除けば5分程度で手術は完了です。

このような症例は腫れる確率は非常に低く、治療後の痛みも起こる可能性は低いです。
手術時間も短く患者様にとっても苦痛の少ない治療といえます。

次は下顎左側奥から3番目の歯です。

この歯は神経のない歯です。
神経のない歯は非常に脆く、
亀裂が入ったり、折れたりする確率が高いです。
今回も歯が折れてしまったことで抜歯となってしまいました。
今回のようなケースの場合、抜歯後にどのような治療を行うかということになります。
治療方法には3つあります。
1つは、義歯(入れ歯)です。
2つ目は、インプラント治療です。
3つ目は、ブリッジです。
義歯は取り外し式のため、ご使用を敬遠される方が多いです。
ブリッジは欠損部の両側の歯を削り3歯分のつながった被せ物を行う治療です。
そのため、歯を削ることが必要になります。
抜歯する歯の前後の歯は削られていない健康な歯ですので、
歯を削ることはけして良いことではありませんので
削らないで済むことができればその方がいいです。
それぞれの利点、欠点を患者様に説明させていただき、
患者様はインプラント治療を選択されました。
以下は手術直後です。

骨とインプラントがしっかりとくっつく(結合)するまで約2〜3ヶ月待ちます。

次の症例です。
この方は、重度の歯周病です。
歯周病が進行して保存が難しい歯は抜歯となりました。
抜歯後に欠損部にインプラント治療をご希望されたため、
先日インプラントの埋め込み手術を行いました。

歯周病患者様にインプラント治療を行うことは可能です。
しかし、重要なのは、インプラント治療前に歯周病を徹底して治すことです。
歯周病を治さないでインプラント治療を行うことはありえません。
インプラントは虫歯にはなりませんが、
歯周病のような状態になることはあります。
インプラントが歯周病細菌に感染する状態を
インプラント周囲炎と言います。
インプラント周囲炎は、インプラント治療後のトラブルで最も多い問題です。
インプラント治療前に歯周病をしっかりと治すこと
歯周病が再発しないように歯磨きが十分に行えること
治療後にメインテナンスに受診すること
が大切なことなのです。
以下のレントゲンは
下顎左側奥歯に1本のインプラントと
上顎右側奥歯に2本のインプラント手術を行なった後です。

特に難しかったのは
上顎右側のインプラント部です。
一番奥の部分では、非常に骨の高さが少なく、
治療には、ソケットリフト法やGBR法を併用してインプラントを埋入しました。
このように骨が吸収してしまい
インプラント治療が困難な状態なってしまった原因として
歯周病を放置したことです。
歯周病は歯周病細菌による感染症です。
感染が進行すると歯を支えている骨が吸収してしまいます。
そのうち歯はグラグラとしてきます。
歯がグラグラするということは骨が相当溶けているのです。

そのため、歯周病の場合には、早期に徹底して治療を行うことが必要です。
私自身歯周病の専門医ですので、
歯周病治療を最も得意としています。

しかし全ての歯周病を治せるわけでありません。
あまりにも進行した歯周病の場合には、治すことはできず、
抜歯となることもあります。

ここで問題なのは、
歯周病の治療をせず、
抜歯もしない場合です。

歯周病はどんどんと進行してしまいます。
結果的に骨はどんどんと吸収してしまいます。

早めの対応が重要なのです。

他にもインプラント手術は多くありましたが、
また報告します。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP