最新インプラント症例ブログ

カテゴリー: インプラントの記事一覧
2008年1月3日

謹賀新年:審美的にインプラント治療は行えるのか?:その3

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

今年最初のブログになります。
今日は、新年ですので、インプラント情報の話の前に
昨年(2007)の当医院の状況 と 今年の当医院(抱負)について話したいと思います。
(今日は、ちょっと長いブログになります)

東京(杉山歯科医院)から大船(大船駅北口歯科インプラントセンター)に移転して2年になります。
早いものです。
移転したばかりでしたので、病院が混むまで時間がかかるかと思いましたが、
私が考えている以上にインプラント治療を希望される患者様は多く、
昨年1年間で、466本のインプラントを埋入しました。
(1日に約2本ペースでのインプラント埋入になります。
1日に何件ものインプラント手術があった日もありましたが、
ほぼ、毎日インプラント手術をしていた感じはします)

あらかじめドクターの人数を6名と増やしておいて よかったです。
東京では5名の歯科医師(1名は矯正専門医)が勤務していました。

1年に500本近いインプラントの埋入件数となると
2〜3名の歯科医師ですと、診療がバタバタになってしまいます。
インプラント手術自体は、
院長である私がほとんど行いますが、
当然、他の治療もあるわけです。

歯周病の治療であったり、虫歯の治療、入れ歯やインプラントの型を取ったり、被せ物を装着等もあります。
時間が必要(時間がかかる)になることの一つとして『診査』と『治療計画の説明』があります。
この診査と治療計画の説明にはかなりの時間を必要とします。

十分なカウンセリングを行うためには2時間以上必要なこともあります。
そのため、私自身が全てを行うのは時間的に難しいことになります。
私自身はインプラントの手術等をメインに行いますので、
1日に診察できる患者様の数には限界があります。
適切な診療を行うためには、
1日5〜10人が限界かと思います。
(1人の患者様の1時間の診療時間として8時間の診療ですと…)

そのため、移転とともに新たに常勤になった『真鍋先生』がフル回転で活躍してくれました。
真鍋先生は当院で最も若い先生(卒業後5年になります)ですが、
患者様の話を聞く姿勢や優しい話し方は好評で、
当医院の大戦力になりました。

また、麻酔科医『北浜先生』も東京の時より引き続き勤務していますので、
静脈内鎮静法等の麻酔と全身管理については信頼をおいてまかせています。
麻酔専門医がいることはインプラント手術において非常に大きなポイントになります。

また、義歯や噛み合わせを専門としている『渡辺先生』も現在の
『補綴専門医』に加えて 日本歯周病学会 『歯周病専門医』の1次試験を昨年末に受けました。
今年は2次試験を受け、合格すれば、ゴールデンウィーク頃には結果が分かるでしょう。
結果はまた、ブログや 認定医賞のところで報告させていただきます。

また、『山科先生』も東京の時から常勤として継続8年の勤務になり、院内のことをほとんど理解しています。

『島崎先生』も 元 口腔外科医として一般歯科医とは違った面から診療をサポーロしてくれます。

もちろん、歯科医師だけでなく、受付や歯科衛生士のみなさんにも大変お世話になりました。
歯科衛生士2人については昨年 『日本歯周病学会の歯周病認定衛生士』の試験に合格し、日本では、数少ない『歯周病の専門歯科衛生士』になりました。

こうしたスタッフに恵まれたこともあり、昨年は忙しい日々でした。

全てのスタッフに感謝しなければなりません。

最初に書きました昨年(2007)の466本というインプラントの埋入本数は現在の当医院の状況を考えると適度な治療数であると考えられます。
あまり多すぎ(忙しすぎても)ても、質の低下につながります。
今年も、無理をせず、マイペースで診療していきたいと思います。

よく、インプラントの経験数(年間埋入本数)を歯科医院を選択する一つの基準になさっている方もいらっしゃいますが、
同じ経験度(年間インプラント埋入本数)でも、歯科医院に勤務する歯科医師の数やスタッフの数等により1人の歯科医師が実際に行っているインプラント経験やそれ以外の時間の取り方にも差があるかと思います。
また、インプラント治療後のメインテナンスの問題もあります。
現在インプラントを行う歯科医院を考えられている方は、
歯科医院を選択される場合には、ホームページで見つけた1カ所の歯科医院にするのではなく、いくつかの歯科医院でカウンセリングされ、十分検討された上でお決めになることが大切です。
セカンドオピニオンも大切です)

また、今年は新しいインプラントの種類(インプラント・メーカー)を導入する予定です。
より、審美性を重視したインプラントです。
この話はまた、次回のテーマの時にお話したいと思います。

話が長くなってしまいましたね。
そろそろ今日の本題に入りたいと思います。


今日のテーマは審美的にインプラント治療は行えるのか?:その3:難症例で起る審美障害を図で解説です。

以下では、難症例に起る問題点とその対処法について図で解説していきたいと思います。
*以下は前歯部のインプラントにおいてよく起る話ではなく、骨の吸収が高度に起っているような難症例に対する話です。

sukima
画像をクリックすると拡大されます。
拡大された画像は別ウインドウで表示されますので、その画像を見ながら下記の説明をご覧下さい。










図①
  骨がしっかりあると歯と歯の間の骨もしっかり残っています。
それに伴い、歯肉もしっかりと存在し、歯と歯の間を埋めています
図②
  しかし、歯周病や歯根破折、抜歯後時間が経ってしまうと骨は吸収してし
  まいます。
図③
  骨や歯肉が吸収(痩せて)した状態であるとインプラント後に、歯と歯の
  間に隙間(すきま)
が若干できることがあります。
  また、骨の吸収状態によっては歯(被せ物)自体が長くなってしまうこと
  があります。
  これは、細菌感染や欠損状態が長いことにより骨が吸収してしまったため
  で、インプラント治療を希望される患者様の多くで起っていることです。
  奥歯であれば、審美的にも見える範囲ではないので、さほど問題にはなら
  ないことが多いのですが、前歯部では審美性を損なう可能性があります。
  現実的には、治療後に歯と歯の間に隙間が多少ある程度や
  歯が多少長くなる程度であれば、
  唇で隠れ、見えないために問題となることはさほどありませんが、
  笑うと歯肉まで見えるような方は審美的問題を生じる可能性があります。
  こうした場合には以下のような対処法が必要です。

図④
  インプラント治療前に GBR法を行い、骨の増大を十分行う。
歯肉の厚みを増やす(歯肉結合組織移植)。
ということが必要です。
しかし、術前の状態が悪いとこの治療を行っても完璧ではありません。

図⑤
  次に歯と歯の間に開いてしまった隙間を埋めるため、歯(被せ物)を若干
横に大きくする方法


図⑥
  長くなってしまった歯(被せ物)は長い部分のみ歯肉の色にし、目立たな
  くさせる方法

があります。
どちらにせよ、骨の吸収が大きかったり、歯肉薄い場合には、歯と歯の隙間ができたり、歯(被せ物)が長く見えるといったことが起こる可能性があります。


今日はこれで終了です。
次回のブログは1/7(月曜日)になります。
次回のテーマは審美的にインプラント治療は行えるのか?:その4:歯肉が薄い場合に起る問題です。

また、今年からはインプラント最新情報とともに、インプラント手術情報も書いていきたいと思います。
どのような症例であったのか?
どのようなインプラント手術を行ったのか?
手術のポイントは?
等をインプラント情報と共に書いていきます。

今年もよろしくお願い致します。

診療は1/5(土曜日)9:30から開始致します。


ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年12月13日

インプラント動画ブログ

以前にも紹介しましたインプラントの動画です。

今回はいくつかの動画をまとめてみました。

次回のブログ(12/17:月曜日)は歯科最新情報をお届けします。

それでは動画をご覧下さい。

静脈内鎮静法によるインプラント手術の実際:2分18秒
インプラント治療はチームアプローチです。メインドクター、麻酔科医、第一アシスタント、弟二アシスタント、介助ドクター等によ り手術は行われます。
この動画では、静脈内鎮静法による麻酔を行ったインプラント手術を見ていただきます。







インプラント手術の実際:5分11秒
いろいろなホームページを見ていられる方はインプラント治療に対する知識はだいぶあるかと思います。
しかし、『インプラント治療は実際にどのようにするの?』
と思われている方も多くいらっしゃるかと思います。
インプラント治療の手順を模型を使用して、実際に見ていただきます。







インプラント骨再生治療(GBR法)の実際:6分28秒
インプラントを行うにあたり、インプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、そのままの状態でインプラントを行うと成 功率は非常に低くなります。適切な状態で植立してこそインプラントの長期安定が望めるのです。
GBR 法とはインプラントを行うにあたり、骨の幅や高さがない時に、骨を再生させる方法です。







インプラントの型取りの実際:4分30秒
模型を使用し、実際にインプラントの型とっていきます。
I.T.I(ストローマン)インプラントの場合、型をとる方法はいくつもあり、今回は最もシンプルな『ソリッドヘッドによるスナ ップオン法』
について解説したいと思います。
まず、ビデオを見る前に型を取る(印象)手順を解説します。

1 ヒーリングキャプ(金属の丸い蓋)を外し、内部を消毒します。
  1回法インプラントの場合、手術直後からこの蓋が口腔内に見えます。
2 インプラント本体に土台(アバットメント)を装着します。
3 インプラントの型を取るための装置を土台に取り付けます。
  この器具はインプラントの土台の位置を再現するためです。
4 この取り付けた器具ごと型を取ります。
  インプラントの型(印象)は2回行います。
5 1回目の型は歯列の大まかな型になります。
  約1分で硬化します。
6 次に2回目の型(精密印象)になります。
  硬化時間は約4分です。
7 歯列から型を外し、石膏(せっこう)を注入します。
  これにより歯型の模型が完成します。







インプラント治療(骨吸収のメカニズム):4分51秒
この動画は、抜歯後に顎の骨がどのように吸収していくのかを解説します。
そして、骨が吸収してしまった場合、インプラントが困難になります。







インプラント手術器具の説明:1分2秒
インプラント手術に使用する基本的な器具を解説します。
GBR法、ソケットリフト法、サイナスリフト法等の治療に使用する器具については他で解説します。






大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。

2007年12月10日

新しい虫歯治療:歯を削らずらない虫歯治療(カリソルブ):その3

今日は削らない最新の虫歯治療『カリソルブ』の最終回です。

カリソルブの治療費 および 私個人の考え方

現在カリソルブは保険適用外の治療法です。
治療費は歯科医院により違いますが、
1歯 5000〜10.000円程度でしょう。
(上記の費用はカリソルブによる虫歯除去からレジン充填まで全てを含みます)

私個人の考え方としては、C1C2程度の小さな虫歯であれば、
カリソルブを使用しなくても、通常のタービン(ドリル)を使用し、
削っても“あっという間”です。
タービン(ドリル)を使用すれば、保険も適応されます。
(保険であれば、1000〜1500円程度です)

私が、1998年頃に海外で虫歯を溶かす新しい薬『カリソルブ』が発売されたことを知った時、
『これはすごい!』
『虫歯治療は大きく変わるかもしれない!』
と思いました。
しかし、カリソルブの本当の能力や適応症を知ると
『まあ、そんなものか』
と思いました。
前回のブログで書いたようにC1、C2程度の小さな虫歯であれば 、
『保険が使用できる今までの治療の方がいいかも…』と思っています。

また、虫歯の程度をC1、C2と確実に診断できるかということも問題の一つだと思います。
明らかにC1、C2と診断できる範囲の虫歯であればいいのですが、
『C2? 場合によってもう少し進行しているかも? C3に近い?』
という“グレーゾーン”の場合には難しいでしょう。
C2だと思ってカリソルブを使用していたが、思ったより虫歯が深かった場合、
『カリソルブでは無理』と判断したとします。
その場合、その時点から麻酔を行い、タービン(ドリル)で削り出します。
このようなことが起る可能性は十分ありうると考えられます。
診断の難しさもこの治療にはあると思います。

ただし、歯科恐怖症であったり、麻酔を使用できない方であったり、
寝たきりの等で適応症が合えば、カリソルブの真価が発揮されます。
また、カリソルブが開発された基本的な考え方の一つとして
『虫歯以外の歯をできるかぎり削らないで治療ができないか?』
という考えは非常にすばらしいことだと思います。

カリソルブは魔法の薬ではありませんが、適応症が守れば、良い『虫歯治療薬』となるでしょう。

最後は個人的な意見でしたが…

次回のブログは12月13日(木曜日)になります。


ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。


2007年11月9日

インプラント治療の『リスク(危険度)』『禁忌症』『デメリット』その23

この長いシリーズ(インプラント治療の『リスク(危険度)』『禁忌症』『デメリット』その23)も今日が最後です。

トラブル3:セラミック や ハイブリッドセラミックが欠けてしまう


これも、『昨日のセラミックが取れてしまう…』と同様に治療後に起る可能性があることです。

インプラント治療後にわりとよく起るトラブルの一つです。
私の臨床経験の中でもおおよそ2〜3%の方に起ります。
この セラミック や ハイブリッドセラミック が欠けてしまう原因としては先程の『被せもの脱落』と同じことです。
つまり、インプラントには歯根膜がないため、噛んだ力を分散させることができず、セラミック や ハイブリッドセラミックに負担がかかり、欠けてしまうのです。

もし、欠けてしまった場合の対応ですが、少し欠けたのみであれば、その部分を研磨し、丸めるのみです。
ある程度欠けてしまた場合には、修理用のセラミックがありますので、それで、修復します。
大きく欠けてしまった場合には、新しく再製します。

また、再製や修復とともに考えなければならないのが、『原因の究明』です。
例え、欠けた部分を修正しても噛み合わせ や 歯ぎしり が改善されなければ、再度欠けてしまうことが考えられます。
そのため、噛み合わせのチェックやマウスピースを必ず使用することが大切です。
毎日の食事や場歯ぎしりやくいしばりにも対応しなければ、なりませんので、セラミック等には非常に負担がかかります
セラミックの素材は大雑把に言いますと『お茶碗』と同じような『瀬戸物(せともの)』です。
このような素材に毎日負荷をかけていれば、割れてきたりする可能性があるのがわかるかと思います。
もちろん歯科で使用する『セラミック』は『お茶碗』とは違いますが、割れるリスクは0%にならないのです。

また、割れたりした場合、被せ物を強い接着剤でつけていると外すのが困難になってしまいます。
そのため、ネジで固定する方法や仮の接着剤でつけることが有効です。
取り外すことができれば、修理も簡単に行えます。

また、インプラントの被せ物の素材を セラミック や ハイブリッドセラミック にせず、金属製の被せ物にする方法があります。
金属ですが、噛み合わせの長期安定からすると最も優れている材質です。
長期的にはセラミックやハイブリッドセラミックと同様に若干は磨り減りますが、かけたりすることはありません。
インプラントの被せ物としては一番お勧めです。
しかし、欠点として金属製ですので見た目に問題があります。
最も奥歯であればよいかと思いますが、少し手前になると見えてしまいます。
そのため多くの患者さんは金属を避ける傾向にありますが、医療サイドからすると安全性の高い金属がいいと思います。

明日から新しいテーマになります。

以下はインプラントとは関係がないお知らせです。

この前  mixi(ミクシィ) というものがはやっている ということで、
『それはなんぞや?』
と思い、早速ネットで検索してみました。
mixi(ミクシィ)はソーシャルネットワーキングサービス(SNS)……
ということが分かり、それでは見てみよう!
と思ったところ、mixi(ミクシィ)は、招待がなければ、会員になることもそのブログも見ることもできないようです。

つまり、会員制クラブみたいなホームページで、さらに紹介がないと入ることもできないそうです。

うーん困った。

そこで調べていくうちに
裏技があり、Yahoo!オークション等で売買されているようです。

しかし、こうしたことは本来、mixi(ミクシィ)が望まない方法らしいです。

そこで私もルールを守り、正規ルートで、どなたかからの招待を待ちたいと思います。
(何事もマナー や ルールを守ることは必要だ!)

このブログを見て、紹介してもいいよ!
という方がいらっしゃれば メール(info@sugiyama-dental.com)して下さい。
よろしくお願い致します。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年11月8日

インプラント治療の『リスク(危険度)』『禁忌症』『デメリット』その22

インプラント治療の『リスク(危険度)』『禁忌症』『デメリット』もすでに22回目になりました。
このシリーズは今日は明日で終了します。

トラブル2:被せ物の脱落(セラミック等が取れてしまう)

最終的にセラミック等の被せ物をインプラントに装着した後、被せ物が取れてしまうことがあります。
実は、こうしたことは わりと起る確立が高いことなのです。
数パーセントの方にこうしたことが起ると言われています。
私の臨床の中でも約2〜3%の方に起っていると思います。

この理由として、インプラントと天然歯との違いがあります。
天然歯の周りには『歯根膜』と呼ばれる非常に薄い膜が存在します。
これは噛んだ時に歯を傷つけないように『クッション』のような働きをします。
つまり、歯は噛むと動くのです。
それに対して、インプラントには歯根膜は存在しません。
そのため、歯を噛んでも動かないのです。

この歯が動くということは非常に大切なことです。
歯やインプラントに過度な力が加わった場合、動くことにより過剰な力を逃がす働きがあります。
もし、動かないインプラントに過剰な力が加わった場合、その力は、そのまま被せ物(セラミック等)に加わります。
この力が、被せ物(セラミック等)にとって負担となり、脱落(取れてしまう)するのです。
こうしたことは 噛み合わせが強い方 や 歯ぎしり やくいしばり が強い方に起ります。

インプラントは歯根膜がないという特性から脱落を100%なくす(防ぐ)ことは難しいことです。
そのため、噛み合わせが強い方 や 歯ぎしり やくいしばり が強い方は定期的に噛み合せをチェックしたり、歯ぎしり防止策(ナイトガードと言われるマウスピースの作製)が必要になります。
それでも、100%防ぐことはできませんので、その点はご理解をいただきたいと思います。

明日は『トラブル3:セラミック や ハイブリッドセラミックが欠けてしまう』です。

このシリーズの最後です。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。

2007年11月7日

インプラント治療の『リスク(危険度)』『禁忌症』『デメリット』その21

このシリーズもそろそろ終わりに近づいてきました。
次回の『トラブル2:セラミック』を何回かに分けて解説し、終了になります。

今日は昨日の続きで、トラブル1:インプラントの脱落になります。

埋入したインプラントが数ヶ月、数年後の長期間に脱落する

インプラントは虫歯になることは絶対にありませんが、歯周病のような状になることがあります。
インプラントが歯周病のような状態になることを 『インプラント周囲炎』と言います。

インプラント周囲炎とは、インプラントが歯周病と同じような症状になることです。

インプラント治療後に歯ブラシが不十分になると汚れは歯肉とインプラントの境目から内部に侵入していきます。
この汚れは歯周病細菌と同様の細菌です。
(天然歯に見られる歯周病細菌とインプラント周囲に見られる細菌が同じであることは こちらを御覧下さい。)
そして初期の段階ではインプラント周囲の歯肉が腫れて行きます。
その後インプラントを支えている歯槽骨を吸収してしまいます。
最終的にはインプラントはダメになり、撤去することになります。
人工物であるインプラントには神経が通っていません。
そのため初期の段階では多くの場合、自覚症状がありません。
そのため、かなり状態が進行しなければ気付かないのが特徴です。     
 だからと言って特別な歯ブラシの仕方があるわけではありません。    
 天然歯と同様なブラッシングを行っていただきます。
きちんとしたブラッシングができれば、インプラント周囲炎になることはありません。     

インプラント周囲炎についての続きおよび詳細は こちらを、
インプラント周囲炎になってしまった場合の対処法は こちらをご覧下さい。
また、インプラント周囲炎にならないための予防方法は こちらをご覧下さい。
インプラント治療後のメインテナンスは こちらをご覧になって下さい。


ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。

2007年11月6日

インプラント治療の『リスク(危険度)』『禁忌症』『デメリット』その20

さて今日もトラブル1:インプラントの脱落についてです。

埋入したインプラントが数日から数週間以内に脱落する原因 その4:初期固定が悪い
初期固定とは、インプラントを埋入する際、骨との安定のことです。
簡単に言えば、手術時にインプラントと骨がどれだけしっかりしているかということです。
インプラントの太さ(直径)はI.T.Iインプラント(ストローマンインプラント)では約4ミリです。
そこで、インプラントと骨とが安定するために手術の際には骨に3.5ミリの穴を開けます。
インプラントの太さ(直径)より、小さくです。(狭く)
小さい骨の穴に太いインプラントを入れるわけですから、ガタガタせず、しっかりと安定するのです。
このことを『初期固定が良好』と言います。
しかし、術者(歯科医師)の技術力不足等により、この穴を開ける際に、ブレが起ると穴が予定以上に大きくあいてしまうことがあります。
もし、骨にあけた穴が4ミリ以上だった場合、インプラントは安定せず、骨の穴の中でガタガタと動いてしまいます。
このことを『初期固定不良』と言います。
これはインプラントの成功率を大きく左右する原因の一つです。
『初期固定』が悪い場合には、大きくあいてしまった穴よりさらに太いインプラントに変更したり、穴の隙間に自家骨や人工骨を入れ、安定させたりします。

また、こうしたことは術者の技術的なこと以外でも、骨の硬さにより起るこがあります。
つまり、骨が柔らかい場合、初期固定が不良になることがあります。
骨の硬さは下顎よりも圧倒的に上顎で起ります。
上顎の骨は柔らかいのです。
さらに、初期固定が不良な原因として、始めから骨の幅が少なかった場合です。
元々、歯周病等で骨が吸収しており、骨幅が約4ミリ以下であった場合、無理矢理インプラントをするとインプラントの一部は骨からはみ出してしまい、安定しません。
これは、術前の診査不足です。
あらかじめ、骨幅が少ない(吸収している)と診断された場合には、骨を増大させる治療法(GBR法)をインプラント埋入前に行ったり、インプラントと同時に行ったりすることが必要です。
術前の診断不足はインプラントの予後を大きく左右します。

明日は『埋入したインプラントが数ヶ月、数年後の長期間に脱落する』
になります。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年11月5日

インプラント治療の『リスク(危険度)』『禁忌症』『デメリット』その19

一昨日、昨日は学会で仙台に行っていたため、ブログは休みでした。
今日は『トラブル1:インプラントの脱落(インプラントが取れる、抜け落ちる):その2』になります。

埋入したインプラントが数日から数週間以内に脱落する原因 その2:外傷

インプラント埋入後、骨と結合するまでの期間、食べ物や義歯が当たらないように極力安静にします。
その安静期間は骨の状態にもよりますが、上顎で約3ヶ月、下顎で約2ヶ月です。
この期間にインプラントに無理な力がかかったり、舌や指でインプラントを触れた場合、
インプラントに負荷がかかります。
その結果、インプラントは骨と結合せず、ダメ(脱落します)になります。

また、一番問題となるのは義歯の使用です。
義歯を使用している場合、インプラント治療後にはインプラントと義歯が当たらないように義歯の内面を削除します。
そのため、インプラント手術後にも一応、義歯の使用は可能ですが、食事や外出以外では安全のため、極力義歯の使用は控えていただきます。
無理な義歯の使用によりインプラントに負担をかけてしまうことがあります。
また、歯肉の腫れが起ることもあり、義歯が入づらいこともあります。
その状態で無理に義歯を使用すると結果的にインプラントにも負荷(無理な力)がかかり、
インプラントがダメになることがあります。

埋入したインプラントが数日から数週間以内に脱落する原因 その3:骨のオーバーヒート

次に、インプラントを埋入する時に骨の穴を掘る器具(ドリル)の不適切な使用や注水不足による加熱( 骨のオーバーヒート)が考えられます。
ドリルの不適切な使用とは、切れ味が悪くなった器具を使い続けていたり、推奨されている回転数以上で使用したり、過度な力でドリルを骨に押しつけたりした場合のことです。

また、骨が硬い場合にも起こります。
硬い骨は血液の循環が悪いため、治癒不全を起こし、脱落します。
このような場合は再度インプラントの埋入が必要になります。
骨の硬さについては こちらを御覧になって下さい。

防止策としてはいつも良く切れる器具を使用したり、何回もドリルを使い回さないこと、ドリルで骨に穴をあける際には無理な力を加えない、十分な注水で治療を行うことが大切です。


明日は『埋入したインプラントが数日から数週間以内に脱落する原因 その4:初期固定が悪い』になります。


ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。

2007年11月3日

インプラント治療の『リスク(危険度)』『禁忌症』『デメリット』その18

今、朝5:00です。
これから、学会に行ってきます。

先程、間違って昨日のブログを消してしまいました。
まだ、見ていない方は申し訳ありませんが、
『インプラントのリスク(危険度)』としてこのブログシリーズをまとめましたので、そちらを参考にして下さい。
すみません。

さて、今日からインプラントのトラブルについてです。
トラブル1:インプラントの脱落(インプラントが取れる、抜け落ちる)

インプラントが脱落する原因と時期にはいくつか考えられることがあります。

埋入したインプラントが数日から数週間以内に脱落する原因:感染

まず、感染が考えられます。
どこから感染したのかということですが、
インプラントを行う場所です。
手術室でない場所で行ったり、不衛生な場所だったりした場合、感染する感染する可能性があります。
インプラント手術を行う場所は衛生管理された手術室が良いでしょう。

次に、手術器具が汚染されていたりした場合です。
しかし、この可能性はほとんどないと思って下さい。
インプラント手術を行っている歯科医院では、使用する器具が汚染されているということはまずないと思われます(もちろん、いろいろな歯科医院がありますので、絶対ということはありませんが…)。

次に、術者の衛生面です。
術者の手術着やマスク、防止、手術用グローブ等です。
髪の毛や顔に付着した汚れも注意が必要です。
患者様の口腔内に術者の顔を近づけて手術を行うわけですから…

次に、患者様の口腔内が歯周病であった場合です。
インプラント治療前には確実に歯周病を治しておく必要性があります。
歯周病の状態でインプラントを行うと歯周病細菌はインプラントにも感染します。
インプラント治療前の徹底した歯周病治療は必須です。

これが、この中で最も重要なことと言ってもいいでしょう!
歯周病とインプラントの関係は こちらをご覧下さい。

次に手術直前の口腔内の消毒不足です。
手術直前には口腔内を消毒する必要性があります。
口腔内は唾棄もあり、完全に滅菌することは無理ですが、術前に極力清掃することは非常に大切なことです。
当医院ではインプラント手術当日はまず抗菌作用のある薬(クロルヘキシジンジェル)を歯ブラシにつけご自身でブラッシングしていただいてから治療室に入っていただきます。
そして、手術室ではクロルヘキシジン洗口剤で口をゆすいでもらいます。
さらに麻酔の際にクロルヘキシジンの綿にて粘膜や歯を拭い、消毒を行います。

次に唾液等による汚染です。
手術中に唾液が手術部位に触れたり、インプラント本体に唾液が触れた場合、汚染されます。
また、口腔粘膜に触れても問題が起ります。
これは、他の感染リスクより起る確立が高いものです。
防止策として、アシスタントの能力があります。
手術する歯科医師は手術に集中していますので、アシスタントが唾液の排除を行うことになります。
また、手術自体を手早く行うことです。
これは無理して早く行うということではなく、きちんとしたトレーニング(切開の確実性や縫合の素早さ等)と術前のデータをきちんと頭にいれ、治療前にイメージトレーニングをすることが有効です。
的確に手術を早く行うことは感染のリスクを減らすだけでなく、術後の腫れも少なくします。

次に抗生剤の術前の服用です。
いくら手術環境を整えても100%無菌であるとこは無理なことです。
そのため抗生剤の服用は重要になってきます。
一般的に抜歯を行うと治療後に抗生剤の処方があり、抜歯後に患者さんは服用することになります。
しかし、本来は抜歯後に服用するのは遅いことになります。
抜歯後に抗生剤を服用して効果があるのは術後の感染予防です。
抜歯時の感染予防にはなりません。
抜歯前に抗生剤を服用する必要性があります。
しかし、日本の保険制度では抜歯前の抗生剤投与は認められていません。
そのため通常は抜歯後に処方されることになります。
インプラントにおいては保険診療ではないため術前に処方することがほとんどです。(場合により治療後に服用することもあります)
インプラント治療中の感染予防に対して効果がある抗生剤の処方方法は治療の1時間以上前です。
そうするとインプラント治療中の感染予防対策になります。
しかし、現実的には手術の1時間前にいらしていただくのは大変ですので、当医院では前日から服用していただいています。
抗生剤の術前服用に対しては以下のようになっています。
米国外科医協会の術後感染委員会(Olson 1984, Peterson 1990)によると口腔内の手術において手術前に抗生剤を服用することは70%以上の術後感染減少率になるとしています。
また手術前に抗生剤を服用するとその量も少なくすることができます。

次に、手術後の口腔清掃状況です。
インプラント手術部位は十分歯ブラシができません。
そのため、抗菌作用のある消毒薬で毎食後に口洗していただきます。
これが、十分でないと感染してしまう可能性があります。
また、手術後約10日しますと抜糸になります。
1回法インプラントの場合、手術後にインプラントの蓋が口腔内に見えます。
さまざまな状況にもよりますが、この蓋に汚れが付着しないように手術後の専用歯ブラシにて丁寧にブラッシング(かるく汚れをとる)していただきます。
手術後の清掃管理も大切なのです。

明日はブログは休みです。
11/5(月)から再開します。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年11月1日

インプラント治療の『リスク(危険度)』『禁忌症』『デメリット』その16

昨日の続きになります。

問題のある出血とは?(血管損傷の原因)

治療終了時には出血はほとんど無かったが、自宅に帰ってから出血があったり、内部で出血が溜まったりしてくるケースが報告されています(Krenkel&Holzner 1986 他)。
この原因として、血管の損傷が考えられます。
血管損傷の部位で一番考えられるのは、『オトガイ下動脈』と『舌下動脈』です。
下顎の比較的前の方に手術を行う場合に起る偶発症です。

具体的な例として、下の前歯にインプラントを行う際には通常、歯肉を剥離します。
その剥離の時に動脈を傷つけてしまうことが考えられます。
また逆に、切開しないで、インプラント埋入すると、骨の厚みが分からず、インプラントの方向を誤ってしまい、血管を損傷させてしまうことが考えられます。
ただし、その際に、大きく血管を損傷することは一般的に考えにくく、手術時には出血が少ないため、そのまま治療が終了してしまい、帰宅後に、損傷した血管から出血が起こり、血液が舌の下やのどの周りに溜まり、その結果、気管を圧迫して窒息を引き起こしてしまうことが考えられます。
この事例は実際に報告されています。

次に下顎の奥歯(具体的には奥から3番目と4番目の部分)を治療する際に起ることがあります。
この部分の骨の厚みは他の部位とは違い、骨頂(上の部分)と先端方向では骨の厚みが大きく異なることあります。
分かりやい例で説明しますと、インプラントを埋入する際に歯肉を剥離したら、骨の厚みが7ミリ程度あったとします。
インプラントの直径は約4ミリですので、7ミリは十分問題がないことになります。
そう思った歯科医師はドリルでインプラントを埋入する穴を開けます。
しかし、実際には先端部分では骨の厚みは3ミリしかありませんでした。
そのため、インプラントを埋入した先端部分で骨からドリルが飛び出してしまいました。
飛び出したドリルはその下にある血管を損傷してしまう可能性があります。
このようにインプラント手術における出血(血管損傷)は下顎で起ることが多いのです。

このような話をすると『インプラントは怖い!危険!』と思われるかもしれませんが、そんなに心配することではありません。
通常このようなことが起ることはほとんどありません。
ただし、インプラントは外科処置ですので、100%安全ということはありません。
これはインプラントに限らず、どのような医療行為でもリスクはあり得ることです。
この前、私は大腸カメラ検査を行いました。(ちょっと吐き気と下痢があったので…)その時に注意事項のプリントはもらいました。
そこにはこんなことが書いてありました。『大腸カメラのリスクとして腸内部の損傷による出血が考えられます。また、この検査により死亡事例が報告されていますが、非常に稀なことであり…もし、このようなことが起った場合には適切な処置を行います…』 
私は医療人ですから、どのような医療行為に対してもリスクはあることは当然分かっていますから特にびっくりすることはありませんでしたが、始めてこのような文章を見られる患者様の中にはびっくりし、検査を中止される方もいらっしゃるかと思います。
また、医療におけるリスクとして薬の服用があります。
例えば、痛み止めを服用しただけでも死亡したという事例はあります。
もちろん死亡まではなくても、気分が悪くなったりすることもあります。
これはどのような薬でも必ずあり得ることです。
100%安全な薬というものはありないことです。
話が長くなってしまいましたが、この項はあくまでもリスクとしての話であり、インプラントが危険ということではありません。
次の項ではそのような血管損傷が起らないための対策についてお話したいと思います。

血管損傷を起こさないために

血管損傷は術前にきちんと診査を行うことで防ぐことができます。
その方法として治療前に歯型を取り、骨の形態を把握したり、CT撮影により骨形態を立体的に把握することが必要です。
次に無理のない手術計画を立てることです。
次に丁寧な手術を心がけることです。
無理矢理歯肉を剥離するようなことをすると先程書きました、下顎前歯部では問題を起こす可能性があります。

また先程、下顎の奥歯(具体的には奥から3番目と4番目の部分)を治療する際に骨の厚みの差で問題が起ることを書きました。
このことは下顎の内側で起ることです。
そのため、同部にインプラントを埋入する際はドリルを若干傾けて骨に穴を開けます。
つまり、ドリルで穴を開ける際に先端方向の骨の厚みが薄くなっていると考え、ドリルの先端を血管がない 外側に向ける(若干傾ける)ことです。
十分な診査および手術中の注意を行えば、さほど心配はいりません。

明日は『リスク(危険度)3:術後の腫れ(顔面にアザが表れる)』についてです。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP