最新インプラント症例ブログ

カテゴリー: インプラントの記事一覧
2006年5月21日

昨日と今日のインプラント:ソケットリフト

昨日はソケットリフト法と言われる治療を行いました。
ソケットリフト法は上顎に対して行う治療であり、インプラントを埋入するための骨の高さがない場合に行う治療法です。
(詳細は特殊な治療法を参考にして下さい。)
10年程度前には上顎にインプラントを埋入するための骨の高さがない場合には治療はできないかできたとしても非常に難しい治療となっていました。
しかし、ここ数年このソケットリフト法という治療が確立されてきてからは非常にらくになりました。医療の進歩はすこいのもです。

また今日は下顎にインプラントの埋入がありました。
骨が少し硬い状態でした。
今日はインプラント手術における骨の硬さについてお話します。

インプラントを行う際には骨の硬さがインプラントの治癒を大きく左右します。
上顎の骨は多くの場合軟らかいことが多く、インプラントの安定には適しているとは言えません。しかし、軟らかい骨の方が血液の循環が良いことが多く、治りとしては良いということになります。
一方下顎は骨の質としては硬く、インプラント埋入直後の安定は良いのですが、硬い骨は血液の循環が悪いことがあり、治癒としては良くない場合があります。
しかし、硬いといってもその差はあり、非常に硬い骨でなければ得に問題は起りません。
当医院で2004年度は400本以上のインプラントがありましたが、治癒がよくないであろうという非常に硬い骨は2〜3ケース程度です。このように血液循環が良くない(出血が少ないということ)場合には埋入時に出血を多くさせてインプラント周囲に血液が行き渡るようにします。
そうすることにより対応します。
次に上顎の軟らかい骨についてです。
インプラントを埋入する際にはドリルのようなものでインプラントのホール(穴)を開けていきます。
当医院で使用しているI.T.Iインプラントは通常直径4.1mmというものを使用します。直径4.1mmのインプラントを埋入するためにはドリルによるホール(穴)は直径3.5mmまで開けます。
3.5mmのホール(穴)に4.1mmのインプラントを埋入するためタイト(きつく)に埋入されるため安定します。
しかし、現実にはドリルでホール(穴)を形成する時に若干のブレがあると形成したホール(穴)は予定より大きくなることがあります。
得に上顎のように柔らかい骨の場合にはそのような傾向があります。
そのため軟らかい骨の場合にはドリルで形成する時に、3.5mmよりさらに小さい大きさまでしか形成せず、そのホール(穴)に4.1mmのインプラントのねじ込むように埋入します。
またもっと安定させるためにはドリルはほとんど使用せず、キリのようなものを使用し、骨の中央部にそのキリを刺し、上からたたいて穴を押し広げるようにします。
そしてインプラントを先程と同様にねじ込むように埋入します。
インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年5月21日

今日のインプラント

今日は上顎に1歯しか残存していない症例に対しに4本のインプラント埋入を行いました。
今後骨と結合した後、インプラントと義歯をつなぐアタッチメントという金具を装着します。
これにより義歯とインプラントは強固に固定されますので、義歯が落ちてくるということはありません。また固定が強いため義歯を非常に小さくできるという利点があります。義歯の口蓋の部分を取除くことができ、通常の義歯とははるかに小さくできますので、違和感はかなりなくなるかと思いま
す。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年5月13日

メインテナンスについて

インプラントや歯周病の治療が終了した後メインテナンスという段階に入ります。
歯周病の項目にメインテナンスの必要性については詳しく書いてありますが、ここでは簡単にお話します。
インプラント自体は虫歯になることはありませんが、歯周病のような状態になることはあります。
ブラッシングがうまくいかないとインプラント周囲に汚れがたまり、周囲の歯肉が腫れてきます。
その汚れはだんだんとインプラントと歯肉の隙間に侵入し、インプラントを支えている骨を溶かしていきます。このような状態をインプラント周囲炎と言います。
インプラント周囲炎になると歯肉は腫れ、さらに膿みのようなものが出てきます。しかし、そうとう進行しないかぎりインプラント自体がぐらぐらすることはありません。
そのため気付いた時には手の施しようがない状態になっていることがあります。
また天然歯が歯周病になった時のように治療を行うことは困難であり、インプラント周囲炎が進行した場合にはインプラントを撤去しなければならないことが多くあります。
そのため定期的にインプラントに問題が起っていないかどうかを観察していく必要性があります。
歯肉の状態を観察するには3〜6ヶ月程度の間隔が良いかと思います。
次にインプラントにとって重要なことは噛み合わせです。
天然歯には歯根膜というものがあり、(詳細はインプラントと天然歯の違いを参照)噛むと若干、横に動いたり、沈みこみます。簡単に言うと、噛む力を分散させるためのクッションのような働きをします。
これに反してインプラントには歯根膜のようなクッションがまったくありません。
このようなことからインプラントの被せ物を装着する時には歯根膜の分だけインプラントの高さを低く調整します。もしインプラントと天然歯を同じ高さに調整すると噛んだ時に天然歯のみが沈みこみ、インプラントは沈みこまない(動かない)ためインプラントのみに噛む力がかかってしまいます。
そのためにインプラントの被せ物の調整は若干低くするのです。
もちろん被せ物を装着した当初は問題ありませんが、5年、10年と毎日噛んでいるうちに歯は磨り減ります。天然歯と金属の被せ物、セラミックのような被せ物、全て硬さが違います。そのため磨り減り方(量)も違います。また右で良く噛む人、左で良く噛む人、噛む力が強い人、歯軋りをする人、さまざまな人がいます。そのため磨り減り方(量)も違ってきます。
最初に調整した噛み合わせがずっと変化しないということはありません。
そのため定期的に噛み合わせのチェックがした方が良いでしょう。
それ以外のこととして、もともと歯周病ではない人がインプラントをした場合と歯周病(中程度の歯周病以上)があって治療後にインプラントをした方とではその後のメインテナンスも違ってきます。
このことも『歯周病患者さんにインプラントは可能か?』という項目に詳細は記載してありますが、ここでは簡単に解説します。
歯周病の患者さんであってもインプラントを行うことに問題はありません。ただし、歯周病をしっかり治療する必要性があります。
歯周病の治療を行い、その後インプラント治療を行い、十分なブラッシングと定期検査による管理をしっかり行えばインプラントももちろん歯周病であった天然歯も十分もっていきます。
しかし、さまざまな研究データによると初診時重度の歯周病であった場合、歯周病の治療後、きちんとしたブラッシングと定期検査を行っていても7〜8年経過するとインプラントの失敗率は初診時歯周病でなかった患者さんと比較すると高くなるということがわかっています。
つまり初診時重度の歯周病であった患者さんはどんなにきちんと歯周病の治療を行い、定期検査を行っても歯周病ではない患者さんと比較すればリスクは高いということです。
メインテナンスの間隔は患者さんそれぞれにより異なります。
そのため歯周病であった患者さんは将来的に問題が起る可能性が高いため1〜3ヶ月程度の間隔でメインテナンスを行うことをお勧めします。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年5月2日

インプラントブログの開始

だいぶ休んでいましたブログを本日から開始していきたいと思います。
インプラントの新しい情報だけでなく、次回からは実際の症例をみていただき、
(レントゲン写真です)解説をしていきたいと思います。
日々どのようなインプラント手術をしているのかをみていただきたいと思います。
レントゲン写真をみれば骨の状況等を実際に見ながら解説ができ以前のインプラント日記よりよりわかりやすい報告になるかと思います。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年1月12日

しばらくぶりの日記です:抜歯即時インプラント

昨年の体調不良がまだ引きずっており、日記がおろそかになっています。

今日は抜歯即時インプラントについての話しです。

患者さんにとって治療期間が短く、麻酔の回数や手術の回数が少ないことは非常に良いことです。
インプラントにおいても治療回数を少なくするために抜歯即時インプラントという方法があります。
その名のとうり天然歯を抜歯してすぐその場所にインプラントを埋入する治療法です。

上顎の前歯部は審美的に非常に重要な部位なので、適応基準さえ問題なければ抜歯即時インプラントは非常に有効な治療です。
というのは抜歯を行うと時間の経過とともに、歯を支えていた骨は吸収を始めます。
2ヶ月程度すると頬側の骨は薄い場合には1/3程度吸収してしまいます。そのため抜歯後歯肉が安定してからインプラントを行おうとするとインプラントを埋入するための骨の幅や高さは減少してしまい、適切にインプラントが埋入できなくなる場合があります。
もし骨が減少した状態でインプラントを行う場合にはインプラントと同時に骨を増大する方法(GBR法:インプラントの特殊な治療を参考にして下さい)やあらかじめGBR法を行ってからインプラントを埋入することになります。
通常のインプラントを行うよりも若干大変な治療になりますし、あらかじめGBR法を行うことになれば治療の期間も長くかかります。
そのため条件さえ合えば、抜歯即時インプラントを行えば、抜歯と同時にインプラント埋入ができるばかりか、骨の吸収を起こす期間もなくなります。
大変有効な治療法です。
しかし、この方法は非常に診断が難しい治療法です。
インプラントをきちんと埋入するためには、埋入したインプラントの周囲に骨がきちんと残っている(インプラントの周囲が骨で囲まれていることが必要)ことが重要です。
抜歯をした場合、抜歯した穴とインプラントの直径がぴったりと適合することはまずありえません。
通常は抜歯した穴よりもインプラントの直径の方が狭いためインプラントの周囲には隙間が若干あきます。
この隙間が小さければ小さい程良いということになります。
抜歯したこの隙間が小さく、周囲の骨の吸収がなければ抜歯即時インプラントは可能です。
しかし、抜歯した穴がインプラントの直径よりもあまりに大きかったり、周囲骨の吸収があまりにも大きい場合には抜歯即時 インプラントはできません。
無理をして行うと骨の裏打ちがないため歯肉た退縮し、審美性をうしなうばかりか、インプラント自体もダメ(脱落)になってしまいます。

また抜歯部周囲の骨が吸収してしまう原因としてし歯周病が進行していたり、歯の根が割れてしまい、その割れ目から血液や細菌が侵入し繁殖する結果、膿みとなり周囲骨の吸収を起こすことがあげられます。

また歯周病が進行した歯を抜歯し、即時に行うことは危険があるためあまり行いません。
歯周病になっているということは歯の根の周囲の骨が吸収していて、ぐらぐらしているということです。
その骨が吸収してしまう原因が歯周病細菌なのです。
抜歯をしただけでは骨の中には歯周病細菌がある程度は残ってしまいます。
しかし、実際には抜歯した穴を徹底的にきれいにしてからインプラントを埋入するためまず問題が起ることはありませんが、万が一抜歯した穴に歯周病細菌が残った状態でインプラントを埋入するとインプラントにも細菌が感染し、ダメになってしまいます。
また骨が吸収してしまっているということはインプラントを埋入してもその周囲に骨がないため骨を増大する治療法が同時に必要になってきます。
しかし、骨の吸収が著しい場合には骨の増大法(GBR法:詳細はHP参照)とインプラントの埋入を同時に行うことは難しくなってきます。
同じ抜歯即時インプラントであっても抜歯する歯がどのような状態で抜歯に至ったかによりその難易度はことなります。
患者さんにとっては抜歯、インプラント埋入、同時GBR法(骨増大法)を一度に行えば、“楽”ですが、リスクも高くなります。
そのためこうした治療法を選択する場合には術前の診査が非常に重要になってきます。

インプラントの杉山歯科医院
2005年12月1日

昨日のインプラント

昨日は上顎前歯部に2本の埋入手術がありました。

今回はインプラントの被せ物の種類についてお話します。

インプラントの被せ物は大きく分けて
1 セラミック
2 ハイブリッドセラミック
の2種類があります。
それぞれ、利点欠点があります。

セラミックとハイブリッドセラミックの違いですが、素材に違いがあります。セラミックというものは陶材でできており、審美的に非常に優れています。変色する可能性はありません。しかし、非常に硬いため対合歯(噛み合う歯)が天然歯の場合には天然歯が削れてしまう可能性があります。
次にハイブリッドセラミックですが、素材はレジンと言われるプラスティックと陶材とを混ぜて作られています。これはセラミックの欠点である硬さを改善するために新しくできた素材です。天然歯と同等の硬さをもっています。しかし、レジン(プラスティック)が含まれているため変色を若干起こす可能性があります。可能性というのはどれだけお茶やコーヒー等の着色性のあるものを服用するとか、タバコを吸うとか、歯ブラシの程度に左右されますが、若干は変色を起こすかもしれません。また汚れ(食物)等はハイブリッドセラミックの方が付着しやすいです。審美性を考えれば、セラミックの方が良いかと思います。
奥歯であればハイブリッドセラミックも選択の一つかと思います。

インプラントの杉山歯科医院
2005年11月26日

今日のインプラントとインプラント学会

今日、明日はインプラント学会です。
診療は午前中で終了し、午後から学会に参加してきます。
学会で新しい情報がありましたら日記で紹介します。

今日は1件のインプラント手術でした。
上顎前歯部に3本のインプラントの埋入です。
ただし、今後の治療計画としては悩む症例です。
その理由ですが、インプラントは右の前歯に2本埋入し、1本天然歯を介在して左前歯に1本のインプラントがあるからです。
つまりインプラント間に天然歯が存在するということです。
問題はこの天然歯が良い状態であればいいのですが、神経がない歯(神経のない歯は根の先に膿みをもったり、歯自体が割れてしまうことがあり、歯としてはあまり良い状態だからです)だった
り、歯周病のような状態であれば将来的にダメになってしまう可能性が高いからです。
もしインプラント間の天然歯がダメになった場合には再度その場所にインプラントを埋入する必要性があります。
再度治療の期間もかかりますし、治療費も再度かかります。
そこでもし、インプラント間に予知性の低い天然歯があれば無理して残さず、抜歯し、インプラント同士を連結するブリッジとすれば、同じ3本のインプラントで治療が可能になります。
将来性を考えれば、なんとか残せる歯であっても抜歯することも考え方の一つです。
患者さんには単に欠損部位にインプラントを行うだけでなく、周囲の歯のことも考え、将来的に起こりうることをお話します。
そして周囲の天然歯がダメになった場合にどのようなことが必要になってくるかをお話します。
治療計画は一つだけではないので、いくつかの治療計画をたて最終的には患者さんに決めていただきます。
将来性を見据えた治療計画が大切なのです。


インプラントの杉山歯科医院
2005年11月25日

今日のインプラント

今日は午後に2件のインプラント手術がありました。
1件は下顎の奥歯に2本のインプラントでした。
これがものすごく硬い骨で、通常埋入する次回の3〜4倍程度の時間がかかりました。
手もつかれました。
それではこのような硬い骨はインプラントにとって良いのでしょうか?
答えは11月21の日記にも書いてありますが、ある程度硬いくらいであれば特に問題はありません。
しかし、年間に数症例は非常に硬い骨があります。
このような場合には治癒がちょっと心配になりますが、今までで骨が硬くて問題が起ったことはあありません。


インプラントの杉山歯科医院
2005年11月24日

今日のインプラントとインプラントのメインテナンス

今日は1件のインプラント手術がありました。
上顎の前歯部です。
以前から日記でよく書きますが、上顎の前歯部は骨が非常に少なくなっている部位です。
本日も骨の吸収が起っており、単にインプラントをするだけでなく骨の増大手術(GBR法)が必要な症例でした。
骨が吸収してしまった原因は歯根破折です。

歯の根が割れると割れた部分から血液等が入り込み、中で細菌が繁殖してしまいます。細菌が繁殖すると膿みとなり歯の根を支えている骨を吸収させてしまします。
骨が吸収すると抜歯後にインプラントをしようとしても骨がないためインプラントをすることが困難になります。
歯の根が折れたらそのままにしておかないことが大切です。
また破折してしまった原因ですが、これは治療側に問題があるというよりは、神経のない状態になった歯は破折する可能性があるということです。
つまり神経と取った状態は血液の循環もなくなります。
よく患者さんに他の例えでお話をします。
神経のある歯は緑の生茂った木だとします。神経のない歯は枯れた木のような状態です。いきいきとした木は蹴っても折れる可能性が低いですが、枯れた木は蹴ると折れてしまう可能性が高いものです。
血液の通っていない歯は脆く、通常の噛む力でも割れてしまう可能性があります。

また今日はメインテナンスについてお話します。
インプラントは天然の歯と違い虫歯になることはありません。
しかし、歯周病のような状態にはなります。
これはインプラント自体が歯周病になるのではなく、インプラント周囲の歯肉が腫れ、さらに進行してくるとインプラントを支え
ている骨が吸収をしてきます。
ですからインプラントをしたからといって歯ブラシをしなければダメになる可能性もあります。
また歯ブラシは毎日きちんとしているつもりでも100%行うことは難しいことです。
そのため定期的に病院で検査をし、歯石等の除去を行う必要性があります。
またインプラントの被せ物についても注意が必要です。
インプラントの被せ物も天然歯も長い年月の間には個人差はありますが、必ず磨り減ります。
例えば、靴のかかとも人により、内側が減ったり、外側が減ったりします。
口腔内も右で良く噛む人、左で良く噛む人、歯ぎしりが強い人等
さまざまな条件により磨り減り方(磨り減る量)は違いますが、
多少なりとも磨り減ります。
磨り減り方によっては大きく被せ物を修正しなければならないことがでてきます。

インプラントを入れたらなにもしなくても大丈夫ということではなく、良い状態を維持するためには定期管理が必要なのです。

インプラントの杉山歯科医院
2005年11月22日

今日のインプラント:上顎洞炎

a5f61223.gif






今日は上顎に2本のインプラント埋入手術がありました。
インプラントを埋入する前は“上顎洞炎”という状態でした。

上顎洞というのは図のように上顎の奥歯の上に存在する頭の骨の中の空洞のことです。
今日インプラント手術を行った患者さんは初診時にこの上顎洞の中に炎症(膿みをもっていました)がありました。
このように上顎洞に炎症があり、膿みをもつような状態を上顎洞炎と言います。
良い状態ではありません。頭の骨の中に膿みがあるのですから。
上顎洞に膿みがたまった原因の多くは“歯”です。
神経を取った歯は時々歯の根の先に膿みを持つことがあります。
上顎の場合この歯の根が上顎洞に出ていることがあり、根の先の膿みが上顎洞におよび上顎洞炎となることがあります。
今回のケースも歯根の先の膿みが原因でなった上顎洞炎です。
このようなことを“歯性上顎洞炎”といいます。

上顎洞炎が疑われた場合にはインプラントはすぐにはできません。上顎洞炎を治してからになります。

インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP