最新インプラント症例ブログ

カテゴリー: インプラントの記事一覧
2004年9月24日

今日のインプラント:午後の治療

今日の午後はGBR法(骨増大法)がありました。骨増大法も非常に多くなってきています。
歯周病等により抜歯適応の歯を長期間にわたり、放置していたりすると細菌感染が起り、歯の周囲骨は吸収を起こします。その結果、最終的に歯がダメになった時には非常に大変な状態になります。
その状態からインプラント行うことになったとしても骨の増大手術(GBR法)を行わないとできないことがほとんどです。
骨の増大手術(GBR法)を行うということは治療の回数、期間が長くなるばかりか、治療の費用もかかりますし、大変さもあります。
歯がグラグラしてきたり、歯科で歯を保存できないと診断された時には無理な状態で放置せず、きちんとした対処をされた方が将来的には良いことがあります。
治療をする時にはきちんとした診査と計画が必要です。

インプラントの杉山歯科医院

2004年9月23日

カルシウム

カルシウムの続きです。

タイトルは『日本の土地にはカルシウムが少ない!』

 火山列島である日本は火山灰地がベースになているため、土壌に含まれるカルシウムはわずかです。そのために、水はカルシウムの少ない軟水になります。一方欧米では、土壌が主にカルシウムを多く含む石灰質なので、水にもたくさんのカルシウムが溶け込んでいます。日本の飲料水や農作物はどうしても欧米の物に比べカルシウムが少なめになってしまうのです。そのため日本人は日常的にカルシウム不足なのです。
水質に含まれるカルシウムの量(ppm)は日本8.8に対し、ヨーロッパ31.1、北アメリカ21.0です。
インプラントの杉山歯科医院
2004年9月22日

今日のインプラント

今日は下顎に2本のインプラントがありました。
高さには得に問題がありませんでしたが、幅に問題があったため同時に骨の増大手術(GBR法)を行いました。

カルシウムの続きです。
今日のタイトルは『カルシウムはどれくらいの量が必用か?』
カルシウムの必用量は年齢によって異なります。
骨格が形成される時期にある子供は1日に700〜800ミリグラムが必用です。妊婦は1グラム以上とされていますし、成人の1日のカルシウム必要量は体重1kgにつき約10ミリグラムが必用です。つまり体重60kgの人であれば1日600ミリグラム必用ということになります。
またお年を召すほどカルシウムを多く摂取する必要性があります。これは加齢とともに胃腸の消化吸収能力が低下するためです。


インプラントの杉山歯科医院


2004年9月18日

今日のインプラント

今日は2件のインプラントがありました。
下顎に1本のインプラントと上顎は2本の抜歯即時インプラントです。
2本のうち1本は歯肉の切開、剥離を行わず抜歯後そのままインプラントを埋入する方法を行いました。
患者さんには切開もしないので、非常に有益な方法ですが、診断は難しい治療です。術前に骨の幅等を正確に診断しないと治療後トラブルが起ります。
難易度が高い治療法ですが、患者さんにとっても有益なことですので、症例の選択を十分考え行っていきたい治療法です。

インプラントの杉山歯科医院


2004年9月17日

今日のインプラント

今日は上顎の奥歯に2本のインプラントを埋入しました。
骨の高さが不足していたため、ソケットリフト法を行いました。
上顎に骨の高さがない場合に行うソケットリフト法はすでに一般的な治療方になってきています。

カルシウムの続きです。
今回のタイトルは『カルシウムはなぜ必用か?』です。

先日、カルシウムの99%は骨と歯に存在することを話しました。残りの1%は血液中に存在します。このわずかな量のカルシウムが身体全体の細胞活動を支えているのです。そして血液中のカルシウムの濃度は常に一定に保たれています。そのため、カルシウムが不足すると貯蔵庫である骨からカルシウムが溶け出し、血液中のカルシウム濃度を均衡に保とうとします。このカルシウム不足が長引くと骨に影響を及ぼすのです。

インプラントの杉山歯科医院

2004年9月15日

今日(午前中)のインプラント

今日の午前中は上顎に7本のインプラント埋入がありました。
本数が多いため、私以外に茂木先生という方と共同で埋入を行いました。
茂木先生は私が在籍していた神奈川歯科大学の歯周病科で一緒に診療をしていた先輩で、現在は神奈川県の藤沢で開業されています。患者さんからの信頼が非常にある先生で、予約は常にいっぱいです。
簡単なインプラントであれば術者とアシスタントの2人で十分ですが、ある程度時間がかかる治療や難しいケースは数人の先生でチームワークをつくり行うことが必要です。
午後からはまたインプラントがあります。

インプラントの杉山歯科医院

2004年9月11日

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラントの続きです。
前回も説明しましたように抜歯即時インプラントは患者さんにとっては非常に利益のある治療です。
しかし、術者にとっては技術的に(得に前歯部)難しい治療法です。インプラント治療において最も大切なのは診査です。
この診査が誤ると、インプラントの長期安定は望めません。抜歯即時インプラントが難しいと言っても、十分な診査のもとに行えばリスクがあるわけではないので、有効な治療方法であることは間違いありません。

インプラントの杉山歯科医院

2004年9月10日

今日のインプラント

今日はサイナスリフト(上顎洞底挙上術)という手術を行いました。これは上顎においてインプラントを埋入するための骨がまったくない場合に行う治療です。
通常インプラントを行うためには最低8〜10mm程度の骨が存在しないとインプラントは行えません。理想的には12mm程度の高さの骨が存在していれば良いのですが、多くの場合にはそれほどの骨が存在しないことが多いのです。
サイナスリフトは上顎の奥歯において骨の高さがまったくない場合や1〜2mm程度の場合に、高さを増大するために行う手術です。この手術を行うことにより、不可能であった場所でもインプラントは行えます。
手術時間は局所麻酔であれば30〜40分程度です。


インプラントの杉山歯科医院
2004年9月8日

今日のインプラント

今日は2本のインプラントの埋入がありました。
1本は埋入と同時のGBR法(骨増大法)を行いました。

昨日の抜歯即時インプラントの話しの続きです。
歯を抜歯(得に上顎前歯部)すると歯があった周囲の骨は吸収を起こします。上顎前歯部においては抜歯してから1週間程度で吸収を始め、3〜4週で頬側(外側)の骨の1/3が吸収を起こします。そのため、抜歯後時間がたってしまうとインプラントを埋入するのに不利な状態になってしまいます。そうしたことから抜歯した当日にインプラントを行うと骨の吸収を防げるのです。
このような考えのもと抜歯即時インプラントを行っています。
続きはまた次回

インプラントの杉山歯科医院

2004年9月7日

今日のインプラント

抜歯即時インプラントの続きです。
昨日は抜歯を行うとその周囲の骨が吸収を起こし、インプラントを行うのに不利な状態になることを話しました。
抜歯即時インプラントは骨が吸収する前に埋入を行うため、吸収の影響を受けずに行えます。しかし、難しい面もあります。
抜歯した穴とインプラントの直径(幅)がぴったり合わないことが多く、インプラントを埋入後の安定が得られにくいのです。
また抜歯した穴とインプラントの間には隙間ができてしまします。その穴を埋めるべく、GBR法(骨増大法)を行う必要性が出てきます。
つまり、通常のインプラントを行うよりも技術的に難しくなります。
続きはまた明日以降…

今日は下顎に2本のインプラントを埋入する手術がありました。
骨も十分あり、イージーな手術でした。

インプラントの杉山歯科医院

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP