最新インプラント症例ブログ

カテゴリー: インプラントの記事一覧
2004年9月6日

今日のインプラント

今日のインプラントは抜歯即時インプラントでした。
上顎前歯を抜歯し、そのままインプラントを埋入するという治療法です。患者さんにとっては抜歯とインプラントが同時に行えるため、麻酔が1回で良いこと、治療回数が少ない、その結果治療期間の短縮が行えるといった良いことが多い方法ですが、術者からは非常に難しい治療法です。
その利点、欠点はまた明日以降解説します。

インプラントの杉山歯科医院

2004年9月4日

今日のインプラント

ひさびさの日記です。
明日の勉強会(講演)のためのスライド(資料)作りのため、時間がなく、日記を書けませんでした。
本日はインプラントを希望されて来院されら方が非常に多い1日でした。多くの方は上下の両方もしくは片顎のほとんどが歯がない状態で、少数のインプラント埋入ではなく、多くの6〜8本以上のインプラントが必要なケースでした。このような多くのインプラントを埋入する場合には十分な診査が必要です。レントゲンや歯型だけではなく、インプラント埋入後のシュミレーションや、全身状態の把握、噛み合わせ等非常に多くの診査が必要です。しかし、この診査がとても大切なのです。
今日は下顎に3本のインプラント埋入手術がありました。

インプラントの杉山歯科医院
2004年9月1日

今日のインプラント

今日は骨を増大させるGBR法を行いました。
手術部位は上顎の前歯部です。
移植するための骨は上の奥歯(親知らずがあった場所です)から採取してきます。採取する方法ですが、“のみ”のような器具で骨をたたき、採取します。2分程度でこの処置は終了します。
採取した骨を移植します。
そして移植した骨の上にGBR膜というものを置きます。
当医院ではこうしたGBR 法に対し2種類の膜を使用します。
一つは吸収する膜:Tiuuse GuideTM メンブレンで、もう一つは吸収しない膜:
GORE-TEXメンブレンです。
Tiuuse GuideTM メンブレンはコラーゲンからできており、吸収するため後から取り出す必要性がないので 治療の回数が少なくなります。しかし、この膜には適応症が限られており、 大幅に骨を再生させることはできません。
GORE-TEX メンブレンは吸収しないため後から取り出す必要性がありますが、GBR 法の多くはこの膜を使用します。 GORE-TEX メンブレンは1969年に開発されたもので、歯科領域以外でも、人工血管や人工硬膜、 縫合糸等で400万症例に使用されており、医療分野において非常に高い評価を得ている材料です。
どちらの膜を使用するかは適応症があり、その状態によって異なります。

インプラントの杉山歯科医院
2004年8月31日

今日のインプラント

今日は2件のインプラントがありました。
下顎の臼歯部です。
下顎の場合、以前は3ヶ月程度の治癒期間(骨と結合する期間)
がかかりましたが、現在では6〜8週間程度で骨と結合するようになっています。これがSLAインプラントと言われるもので、治癒期間の短縮のために開発されたインプラントです。当医院ではITIインプラントは全てこのインプラントを使用しています。
それでも2ヶ月弱ですので、患者さんにとっては非常に長い期間となります。
インプラントを埋入して当日に仮歯ができる方法もありますが、適応が限られてきます。
多くの場合には、ある程度の骨との結合期間が必要です。

インプラントの杉山歯科医院
2004年8月28日

今日のインプラント

今日は2件のインプラント手術がありました。
1件は上下顎に同時に数本埋入する手術でした。
多数のインプラントを埋入する場合や治療に不安がある方、恐怖心が強い方には笑気麻酔というものを行います。これは鼻から笑気というガスを吸うだけの簡単な治療です。緊張感はなくなり、リラックスした状態で治療を受けることができます。笑気を受けた患者さんの多くが楽だったと言っています。
笑気をご希望の方はインプラント以外でも希望があれば行えます。(保険診療適応です)
また本日は2件ともソケットリフト法(ホームページ『特殊な治療を参照』を行いました。上顎は通常の埋入方法はなかなかありません。それほど骨がない方が多いのです。

インプラントの杉山歯科医院

2004年8月25日

今日のインプラント:サイナスリフト

今日は上顎に6本のインプラントを埋入する手術がありました。
1本はサイナスリフトという特殊な手術を同時に行いました。
(サイナスリフトについてはホームページを参考にして下さい)
一度に6〜8本のインプラントを行う場合には1時間程度の手術時間がかかり、患者さんは少し大変ですが、一度で終了するため、何本かを埋入する場合、ほとんどの方は1回での治療を希望されます。
早く終了させたいと思う方が多いのでしょうね。


インプラントの杉山歯科医院

2004年8月25日

ソケットリフト


前々回のソケットリフトの続きです。
ソケットリフトという治療法が発表されてからまだ数年程度しかたっていませんが、非常に普及してきている方法です。
それは治療法が簡単であり、患者さんの負担も少ないからです。
以前は骨の高さがなく、インプラント埋入が不可能なケースも可能になってきています。
今後もインプラントの新しい治療法は出てくると思います。それによって患者さんの負担も少なくなれば良いのですが…



2004年8月24日

今日のインプラント

今日は上顎前歯部にGBR法を行いました。
上顎の前歯は非常に難しい治療です。単にインプラントを埋入すれば良いということではなく、審美性が問われるからです。
審美性が重要な部位のなかでも上顎の前歯は得に難易度が高い部位です。
ソケットリフトの続きはまた明日解説します。


インプラントの杉山歯科医院
2004年8月23日

インプラントの特殊手術:ソケットリフト法

昨日の続きです。
以前は上顎においてインプラントを埋入するために骨の高さがない場合には上顎洞底挙上術(サイナスリフト法)という手術を行う必要性がありました。(サイナスリフト法についてはホームページ参照)しかし、このサイナスリフト法は有効な方法ではありますが、骨の移植が必要であったり、手術時間が長く、治療後腫れたりするため患者さんにとって必ずしも良い方法とは言えませんでした。(時間がかかり大変な手術ということです)
それに対し、ソケットリフト法は手術時間も非常に短く、外科的反応も少ないため患者さの負担が非常に少なくなったインプラントの補助手術です。
治療方法については明日解説します。


インプラントの杉山歯科医院
2004年8月21日

インプラント手術:GBR法(膜の材質について)

昨日の続きです。
今日はインプラントで骨がない場合に行うGBRの膜材料についてお話します。
昨日話しましたようにGBR膜には吸収する膜と吸収しない膜があります。吸収する膜(当医院での使用しているものはTissue Guideと言う膜です。歯科以外でも医科領域で生体材料として古くから使用されているものです)はコラーゲンからできており、吸収するため後から取り出す必要性がないので、患者さんの負担や治療回数を少なくできます。しかし、この吸収性の膜は適応範囲が限られており、大幅に骨を再生させることはできません。
吸収しない膜(GORE-TEX膜という膜です)は吸収しないため後から取り出す必要性があります。この吸収しない膜は人工血管や縫合糸等で400万症例に使用されています。
どちらの材料も信頼性の高い材料です。
どちらを使用するかは骨の吸収程度や治療法によって変わります。

インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP