最新インプラント症例ブログ

カテゴリー: 大船駅北口歯科インプラントセンターの記事一覧
2007年4月14日

今日の診療:大船駅北口歯科インプラントセンター

cb834320.JPG今日は土曜日です。
1週間のうち最も忙しい日です。
手術は6件あります。
今日のドクターは4人いますが、ほとんどの手術は私(院長)が担当しますので、本日の手術6件中5件は私が行います。

大変は大変ですけれど歯科治療にはもっと大変な治療がいっぱいあります。

私が考える歯科治療で最も大変なとこは『根管治療』です。
『根管治療』?
歯の神経を取り除く治療のことです。
なぜ大変かと言いますと歯の神経は非常に細く、さらに何本もの神経があり、曲がっています。
また奥歯は見にくいので指先の感覚に頼って治療します。
経験もいる治療です。
本当に大変なのですよ。
でも非常に重要な治療です。
時間もかかります。
患者様は長い時間口を開けていなければならないため大変です。
術者も奥歯の見えにくい場所では手も入りにくいため指がつりそうになります。
しかし、この『根管治療を』重要視しない歯科医師がいることも事実です。
手を抜いているのか?
簡単に言えばそうです。
患者様の中には歯の神経を取り除く治療の後、膿みができたことがある方もいらしゃるかもしれません。
この原因として考えられるのは神経を取り除く治療の際に感染したり、神経が完全に取り除けなかったりした場合に起ることです。
他にも理由はありますし、徹底した治療を行っても膿みが溜まる可能性も考えられます。
しかし、多くの場合『根管治療』の不完全さが原因となっていることが多いと思われます。
なぜこのようなことが起きるのでしょう?
治療にかける時間がその一つです。
『根管治療』には非常に多くの時間がかかります。
例えば奥歯の神経の取り除く治療を行ったとすると状態にもよりますが、麻酔時間もいれると最低でも1時間はかかるでしょう。
もちろんこれは徹底して行った場合の時間です。
歯科医師自身の技量にもよります。
神経を取る歯の状態(複雑で難しい歯もあります)にもよります。
また治療の前後の説明を考えるとさらに時間がかかるこことになります。

明日はこの続きです。
日本の歯科医院における『根管治療』の裏事情です。
触れてはいけない話なのかもしれませんが…

話しましょう。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2006年12月14日

技術取得

技術取得

当医院にはインプラントや歯周病の治療を行っているところを勉強したいと思い、見に来る先生がいます。
歯周病は大学時代に勉強しますが、やはり大切なのは教科書ではなく臨床現場です。
歯科大学を卒業し、歯周病を行っている歯科医院や大学病院の歯周病科等に就職すれば別ですが、歯周病治療を積極的に行っていない歯科医院に就職すると歯周病治療を知らないままになってしまいます。
そのためそうした先生は勉強となる歯科医院に見学しながら学んでいきます。
当医院でもそうした受け入れを行っており、一人でも多くの若い先生が学べれば良いと思います。
私自身も大学を卒業した後、大学病院の歯周病科に入局し、先輩の先生に毎日いろいろと教えられ、鍛えられたものです。
そうした知識や技術を次の世代に伝えることも大切なことと考えています。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月12日

現在ホームページをリニューアル中です。

現在ホームページをリニューアル中です。
現在HPの量も日々増え、見にくくなっていますので、インプラント、歯周病を中心にリニューアルしています。
一度に行うのは大変なので少しずつですが、行っています。
インプラントも歯周病も日々新しい情報があり、こうした情報をいかに伝えていくかが、医療のHPとして重要なことと考えています。
そのためどんどん作ってはアップ、作ってはアップしているうちにどんどん見ずらくなってしまいました。
得に見ていただきたい新しい情報はトップページの新着情報に随時記載しますのでそちらを御覧になっていただきたいと思います。
ブログもそうですが、このHPは私(院長杉山)が個人で行っているものでコンピューターもさほど詳しくないものですから悪戦苦闘しながら作製しています。
また私の使用しているPCはApple社製(Mac)ですのでいろいろと不便なこともあります。
ほとんどの人がWindowsですからわからないことがあっても聞く人が少ないもの欠点です。
でもMac大好きです。
もうすでに15年ほどMacを使用しています。PCも10台以上は買い替えており現在は5台のMacとともに日々仕事をしています。
なんどWindowsに浮気をしようと思ったことか…
でも病院のデジタルレントゲンやPCを使用したカルテはWindowsなのです。
そうした器械はWindowsしかないものですから…

今日はずいぶんと違う話にずれてしまいましたが、また日々HPを充実させるようがんばっていきます。

よろしくお願い致します。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月4日

短期集中治療

短期集中治療

歯科治療は時間がかかる治療です。得に遠方から通院されている患者さんにとっては治療回数はできるかぎり少ない方が良いのは当然のことです。
そのためできるかぎり通院回数を少なくするため予定をたて、1回の治療を多くすることによりできるかぎり少ない治療回数で行うことを目標としています。
治療を受けられる患者さんも『1ヶ月1回しか来れない』というようなご希望があれば予約時もしくは初診時に受付けまたは担当歯科医師にお話下さい。
できるかぎりご希望にそうように計画をたてさせていただきます。S

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年11月5日

HP30万件越えました

ひさしぶりの日記です。

忙しく当医院のHPも見ることができていなかったのですが、アクセス件数が30万件を突破しました。
HPを立ち上げたのは2000年ですから6年たったことになります。
時代の流れは早いもので6年前は歯科のHPはまださほど多くなく、あってもその内容はまだまだでした。
しかし、その後2〜3年で歯科医院のHPはどんどんと増え、今では多くの歯科医院でHPをもっている状態になっています。
その内容もだいぶ充実してきており、私が見ても参考になるHPもあります。
当医院のHPもできるかぎり新しい情報を随時掲載していきたいと思います。
またちかじかリニューアルする予定です。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年10月30日

ここのところブログを書けなくてすみません。

ここのところブログを書けなくてすみません。

ここのところ学会や講演会等の資料作製のためブログを書く時間がなくさぼっています。
あと1週間程度はこうしたことに時間を取られてしまうので今週いっぱいはブログを休ませていただきます。
また来週から新しい情報を含め書いていきたいと思います。
よろしくお願い致します。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年10月24日

HPのリニューアル

HPのリニューアル

HPも日々更新していると量も莫大になり、だんだんと見にくくなってきます。
そこで11月の始め頃にリニューアルする予定です。
またリニューアルと同時に新しく歯周病のページを増やす予定です。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年10月21日

専門医

専門医
当医院には義歯(入れ歯)や噛み合わせの専門医や麻酔の専門医がいます。
院長の私は歯周病とインプラントの専門医であるため、義歯の難しい症例はそうした専門の先生に聞いて治療を行うかお任せします。
麻酔の専門医は静脈内鎮静法という麻酔を担当しています。
また歯石を除去したりブラッシング指導をしたり、口腔清掃を行い、メインテナンスを受け持つのは歯科衛生士です。
歯科衛生士はそうしたことを専門に勉強し、経験も豊富ですので、私より知っていることもあり、実際に口腔清掃指導やクリーニングは私よりできます。
それぞれ専門とするところや担当は違います。
全て1人の先生が行うことは難しいことです。チームアプローチが大切になります。
また1人の患者さんに対しても複数の担当医が治療計画をたてることにより、医療的なエラーをなくし、さまざまな面から治療方針を立てられるのです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年10月14日

今日、明日は休診です。

本日(10/14:土曜日)と明日(10/15:日曜日)は横浜で開催される日本国際歯科大会にスタッフともども出席するため休診とさせていただきます。
10/16:月曜日は定休日となりますので次回の診療日は10/17:火曜日となります。
インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年10月8日

トレーニング

トレーニング

今日は診療を早めに終了し、当医院で働いている6名の先生で外科治療のトレーニングをする日です。
ブタの顎骨を使用します。
切開や縫合といった基本的なトレーニングを確認し、いかに早く、正確にできるかを行います。
こうしたトレーニングは時々必要で、安定した治療を行うために非常に大切なことです。
一生懸命学問を得ることも大切ですが、手が動かないことにはダメですから…
特にインプラント治療は正確性も大切ですが、いかに早く行うかということも重要なことです。
インプラントを行う患者さんは始めてのことが多く、どんな感じなんだろう?とか痛みはないのか?等不安なことが多くあります。
治療時間が短いことで患者さんの負担も楽になります。
数本のインプラント治療であればほとんどの患者さんは『こんなに簡単に終わるとは…』という感想をお持ちです。
正確に安全にそして早くできることは大変ではありますが、大切なことなのです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP