最新インプラント症例ブログ

カテゴリー: 歯周病の記事一覧
2004年9月12日

I.T.Iメンバーになりました。

日本には約40種類の使用可能なインプラントが存在します。その中でも歴史も古く、日本および世界でのシェアー率も非常に高く、基礎および臨床研究の面でも世界のトップリーダーであるのが、I.T.Iインプラントです。
そのI.T.Iインプラントにおいて先日インプラントの臨床や研究面で臨床医を引張っている役割として選出されました。非常に名誉あることです。さらにインプラントの臨床力を身に着け頑張っていきたいと思います。またインプラントの最新報告等をこの日記で発表していきたいと思います。

インプラントの杉山歯科医院

2004年8月6日

海外からの患者さん:インプラント集中治療


今日はフランスに住在している日本の方が一時帰国を利用して来院されました。最近こうした一時帰国を利用して来院される方が増えています。小さな治療のみで終了すれば、問題ないのですが、ほとんどの方がいろいろと考えて来院されているので、歯周病やインプラント(とくに骨が非常に存在しない場合が多い)を希望される方がほとんどです。こうした場合には治療にかける時間もないためかなり計画をたてて行わないとうまくいきません。

インプラントの杉山歯科医院

2004年7月23日

診療日記について

2004-07-25
この診療日記はほぼ毎日行われているインプラント治療についてホームページの各項目では書いていないような細かいことや最新の情報を記載しています。
またインプラント治療が毎日どのように行われているのかをリアルタイムでお知らせするためのものです。

インプラントの杉山歯科医院

2004年7月14日

インプラント見学

今日は神奈川歯科大学から山中先生がインプラント手術の見学に来ました。休みの日なのに勉強熱心です。
また来週もインプラントの見学に来るそうです。
お待ちしています。

インプラントの杉山歯科医院

2004年7月12日

一度での多数インプラント埋入

当医院に来院される患者さんの中には非常に遠方からいらっしゃる方もいます。そのため一度に多数のインプラントを埋入したり、左右同時に行ったり、上下同時ということも行います。
今日の患者さんも遠方からでしたので上下同時に行いました。上下同時に行うことにより、通院回数は少なくなります。通院回数の少なさは重要なことであると思っています。

インプラントの杉山歯科医院

2004年7月2日

ホンジュラス共和国

今日、中南米のホンジュラス共和国というところからインプラント治療のために患者さんがいらっしゃいました。ホンジュラスで仕事をしている日本の方です。一時帰国を利用し、インプラントを行うことになりました。今までで最も遠くからいらした患者さんです。遠くからいれしていただいているので、こちらもかなり気合いがはいります。ホンジュラス共和国という国を今回始めて知りました。メキシコのさらに下の方なんですね。インターネットというのはすごいですね。

インプラントの杉山歯科医院
2004年6月30日

抜歯即時インプラントの見学

昨日は相模原市で開業している富田先生が抜歯即時インプラントの見学に来ました。富田先生は非常に勉強家な先生です。寝る暇がないくらい良く勉強しています。もし相模原付近で医院を探している方がいらっしゃればご連絡下さい。
お勧めの歯科医院です。


インプラントの杉山歯科医院
2004年6月22日

インプラントの新しい器械

今日、5年間使用してきたインプラントを形成(骨に穴を開ける器械です)するための器械を新しくしました。
やはり最新式はいいですねー。
インプラントの穴を形成する時の安定がいい。
(ぶれが少なく、トルクが強い)そのため、治療時間が短縮されました。
いやー新しく買ってよかった。(高かったけど…)

インプラントの杉山歯科医院

2004年6月15日

インプラントシンポジウム

6月の4、5、6日に国際フォ−ラムてにI.T.Iインプラントの
シンポジウムが行われました。1500名の歯科医師の参加がありました。こうしたシンポジウムでは海外の歯科医師が最新のインプラント情報等を発表します。基礎的な話もありましたが、現在のインプラントの話題の中心は審美です。インプラントが行われた後どれだけ審美的になるかということです。
最近、当医院でも多くの患者さんが審美性を求めてインプラントを希望されています。現在審美インプラントの特集ページを作製しているところです。楽しみにしていて下さい。

インプラントの杉山歯科医院
2004年5月25日

日本歯周病学会開催される

先週の21、22、23日に鹿児島にて日本歯周病学会が開催されました。学会ではどんなことが発表されているかといますとほとんどが基礎系と言われる臨床とは違う研究です。(難しい…)臨床系の発表ではエムドゲインと言う、骨の再生療法が多くありました。
歯周病等で減少(吸収)した骨を再生させる治療法は15年以上前から臨床で行われていますが、日本ではまだまだ一般的な治療法にはなっていません。健康保険に適応されていないことも一つの原因かと思います。こうした再生療法がもっともっと一般的になれば良いのですが、まだまだ普及しませんね。
ちなみにこの再生療法は私の大学病院時代の研究テーマでした。エムドゲインについてはホームページの中の再生療法を参考にして下さい。


インプラントの杉山歯科医院
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP